マスク美人のアイドルがクロちゃんを蹴りつけ電流爆破を勝手に決定!キレたクロちゃんが「松竹本社で電流爆破やってやるからな!東銀座火の海にしてやるぜ!歌舞伎、電流爆破!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、富士通スタジアム川崎にて8月21日に開催される『WRESTLE PETER PAN 2021』に関する会見が行われ、安田大サーカス・クロちゃんの電流爆破参戦が決定した。

 クロちゃんは2019年にプロレスデビュー。ヒザ舐め攻撃を得意とし、数々の女子レスラーのヒザを舐めて業界を震撼させてきた。そのクロちゃんを、昨年夏に大仁田厚がとしまえん路上プロレスにて電流爆破。
 さらにクリスマスにスカイツリーにて再戦すると、今度はクロちゃんが大仁田を電流爆破し勝利する。
 このまま勝ち逃げを要求していたクロちゃんだったが、所属している松竹芸能マネージャーの紀井英顕さんがこの日の会見に登場すると「死ぬこと以外弊社のNGはございません」とDDTプロレスとの出場合意書にサインしようとしてしまう。

 これにキレたクロちゃんが「イカれてんな!マネージャーに書かせるなんてめちゃくちゃだからね!俺の身体!」と阻止しようとするも、同じ事務所のスーパー・ササダンゴ・マシンが「可愛い女の子がクロちゃんに会いたがっている」となだめ、アップアップガールズ(プロレス)でアイドル活動を行っている東京女子プロレスの乃蒼ヒカリを呼び込む。
 はじめこそ「めっちゃ可愛いじゃん!こんな子いたの!?」とテンションが上がるクロちゃんだったが、ヒカリがマスクを外すと「そこそこじゃないか・・・ブサイクじゃないけど・・・もっかいマスクつけてもらっていい?」とテンションだだ下がり。だがマスク美人であることは認め「手とり足とり腰とり教えてあげるね」といやらしい手つきで近づいていく。
 これにビンタで返したヒカリは「アイドルだからってナメてんじゃねーぞ!お前も覚悟を決めろよ!」とケツキックからボディブロー。崩れ落ちるクロちゃんをヒカリが踏みつけているうちにマネージャーが合意書にサインし、クロちゃんの電流爆破参戦が正式決定した。

 当日はクロちゃん&スーパー・ササダンゴ・マシン&乃蒼ヒカリ&黒田哲広vs大仁田厚&高木三四郎&伊藤麻希&彰人による電流爆破8人タッグマッチで行われる事となり、これにクロちゃんは「大仁田なんかじゃなくて僕は女子プロレスハンターだから、最近プロレスデビューしたSKE48の荒井優希ちゃんのカカト落としを足ナメFinallyで返してあげる」と拒否をし続けていくが、淡々と会見が進むと覚悟を決めて「やるってなったならしょうがない三度目の正直!これでしっかり引退させる!大仁田の人工関節をしっかりヒザ舐めで溶かして二度と歩けない身体にしてやるよ!お前がリベンジさせて欲しいと言ってるなら、お前は電流爆破の利権を賭けろ!歌舞伎座、松竹本社で電流爆破やってやるからな!東銀座火の海にしてやるぜ!歌舞伎、電流爆破!」と見得を切った。

 電流爆破の商標権は株式会社大仁田屋が持っており、超花火、爆破甲子園、FMW-Eなどが現在爆破系の大会を行っている。この権利を巡っては色々な問題が噴出しており、今回のこの試合にクロちゃんが勝利すると、DDTプロレス&松竹芸能に権利が一本化され、長く続いてきた様々な因縁に終止符が打たれそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る