大江戸隊が木村花さんの創設したユニットメンバーを次々吸収!「次は岩谷麻優かスターライト・キッドが大江戸隊になる」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、神奈川県・横浜武道館にてスターダム『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』が開催され、大江戸隊がSTARSからさらにメンバーを強奪した。

 この日の第4試合では、“スターダムのアイコン”こと岩谷麻優が率いる正規軍的ユニットのSTARSと、刀羅ナツコ率いる悪の大江戸隊の全面対抗戦が実施。
 その立ち位置故に以前より相容れぬ両軍はいがみ合ってきたが、ここ1年あまりで鹿島沙希、吏南、琉悪夏とSTARSから大江戸隊への寝返りが相次いだこともあり、両軍は全面戦争へと突入。その決着戦として行われたこの日の試合では最後に敗れた選手が敵方のユニットに加入するという条件が付けられていた。

 岩谷麻優&スターライト・キッド&飯田沙耶&羽南&ゴキゲンです☆vs刀羅ナツコ&鹿島沙希&小波&琉悪夏&吏南の5vs5のイリミネーションマッチで行われたこの試合では、試合序盤からSTARSが5人での立体的な同時攻撃を見せるなど鉄壁のコンビネーションで圧倒していくが、琉悪夏がフューチャー・オブ・スターダム王者(若手王座)の飯田から冷凍庫爆弾で3カウントを奪い、大江戸隊が数的有利を取ると流れが変わる。
 琉悪夏、羽南、吏南と若手選手から脱落していき、ナツコがキッドを道連れにOTRして岩谷に照準を定める戦法に出る。
 岩谷はゴキゲンとのコンビネーションで小波を失格させることに成功するが、岩谷も鹿島の起死回生の前に沈む。ナツコのイス攻撃が鹿島に誤爆したことで生じた最大のチャンスを見逃さずゴキゲンが必殺の後方回転エビ固めを狙うが、鹿島は根性で耐え、返す刀で電光石火の起死回生。これで最後の3カウントを奪い、ゴキゲンの大江戸隊入りが決定した。

 ナツコは、「デース!嫌デース!」と泣き叫んでSTARSの面々にすがりつくゴキゲンを無理矢理引っ剥がすと、「お前もよ、ずっとゴキゲンだとなんかムカつくんだわ。だから今日からお前は……フキゲンさんだ!」と“フキゲンです★”に強制改名させて高笑い。

 しかし、これでもまだ満足していないというナツコは5月29日に予定されている大田区総合体育館大会でもSTARSとのユニットメンバー争奪戦を提案。STARSの面々は「ゴキゲンさんを返して欲しいなら、やるよね?(笑)」というナツコの挑発を受け入れざるを得ず、苦虫を噛み潰したような顔でこれを承諾。

 満足げな笑みを浮かべたナツコは「予告しておこう!次は岩谷麻優か、スターライト・キッド。お前らが大江戸隊になる番だ。残りのSTARSとしての時間、思いっ切り楽しんで過ごせよ?」と吐き捨て、泣き叫ぶゴキゲンを引きずって去っていった。

 小波、吏南、琉悪夏、そして“DEATH山さん。”改め“ゴキゲンです☆”改め“フキゲンです★”と、木村花さんの創ったTOKYO CYBER SQUADの元メンバーたちを次々と吸収して勢力を拡大する大江戸隊。
 スターダム正規軍のツートップとも言える岩谷、キッドが大江戸隊入りとなれば団体史上に残る大変革となり、スターダムに危機が生じている。STARSはゴキゲンを取り戻すことが出来るのか、大江戸隊が最強最大の戦力を手にすることになるのか、その答えは5月29日の大田区総合体育館で出ることになりそうだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る