チャンピオン・カーニバル初参戦の大谷晋二郎に「ネタ枠」「老けた」と罵詈雑言?!同じく初参戦の佐藤耕平は「イジられた後の大谷さんは結構おっかない」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、都内某所にて全日本プロレスが『2021 Champion Carnival』についての記者会見を行い、出場全10選手が並び立った。

 チャンピオン・カーニバル(以下:CC)は、全日本プロレスで春の風物詩として行われるシングル最強の選手を決めるリーグ戦。
 昨年はコロナ禍による大会自粛により延期となり9月~10月にかけて開催されたが、今年は例年通り“春の風物詩”として復活。今月9日のエディオンアリーナ大阪大会より開幕し、5月3日の後楽園ホール大会で最終戦を迎える。

今年は、諏訪魔、ゼウス、宮原健斗、石川修司、ジェイク・リー、青柳優馬、芦野祥太郎(フリー)、土肥こうじ(フリー)、佐藤耕平(フリー)、大谷晋二郎の10選手が出場。今年は1リーグの総当たり戦形式で実施される。

 初出場の大谷は、「僕はプロレスラーになる前から大のプロレスファンですから!歴史のあるCCに出場できること、本当に嬉しく思います!」と喜びのコメント。さらに、CCの歴史をそらですらすら語り「どうですか、詳しいでしょ?(笑)めちゃくちゃCC大好きですからね、僕!」と終始笑顔。

 しかし、CC初戦で大谷と対戦する青柳は「大谷晋二郎のCC参戦が発表されたとき『マジかよ』って思いましたね、正直。『あぁ、全日本プロレスもついにCCにネタ枠を呼んだんだなぁ』と思って。まあ、初戦がネタ枠なんで、1本はもらったかなって感じなんで、ありがたいですね」と大谷を“ネタ枠”呼ばわり。
 さらに宮原も「(大谷と)僕は10年前くらいにタッグマッチで闘って会ったことあると思うんですけどね、だいぶ老けましたね。そのへんビックリしてますね」と挑発した。

 これを受けた大谷は笑顔を崩さず、メチャメチャ気持ちが楽になったと言うか。僕はこの全日本プロレスのそうそうたるメンバーの中で、ちょっと浮いてますよね。『CCを大谷が盛り上げてくれ!』って意味で選抜されたと思ってたのよ。今聞いたら、“ネタ枠”みたいなんで、すごい気持ちが楽でリングに上がれるなと思いましたね。楽しみたいと思います!」と返した。

 今年のCCには昨年7月にZERO1を退団しフリーとなった佐藤耕平も参戦しており、「大谷さんと同じでまさかこんなに早いタイミングで試合をするとは思ってなかった」と感想を漏らす。そして、大谷がイジられていたことについて「こうやってイジられたあとの大谷さんって結構おっかないんで、気をつけます……」と小声で語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る