破局した中野たむとなつぽいが記者会見で涙の言い争い!「ホントに大好きだったのに。本気で信頼してた私が馬鹿みたい!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、都内某所にてスターダムが4月4日に横浜武道館で行う『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』についての記者会見を実施し、旧縁ある中野たむとなつぽいが舌戦を展開した。

 たむとなつぽい(当時:万喜なつみ)は互いにアクトレスガールズとしてBeginningに所属していた過去があり、仲睦まじい様子を見せていたものの、たむが2017年にBeginningを退団した際にはなつぽいがたむを厳しく批判。その後、なつぽいも2018年に退団するが2人のリング上での接点はなく、それぞれの道で戦ってきた。
 そして、紆余曲折の末に2人はともにスターダムの所属選手となり、互いを意識するかのような発言はしていたもののリング上での目立った接点はないままになっていた。

 なつぽいは今月3日の日本武道館大会でAZMからハイスピード王座を奪取。そして中野たむ同日のメインでジュリアとの髪切りマッチを制して悲願のワンダー・オブ・スターダム王座(白いベルト)を戴冠。その後、3WAYマッチでたむから直接勝利を収めたなつぽいが白いベルトへの挑戦を表明していた。

 この日の会見に登場したなつぽいは、2人で撮ったアクトレス時代の写真を持ち込み、「たむちゃん。ねえ、見て?ウチらって、こんなに仲良かったんだよね?たむちゃんってさ、鈍感っていうかさ、他人に興味ないでしょ。いっつも自分のことばっかり!そうやって欲しいもの手にしてきたんだもんね?私にはそれが出来なかった。たむちゃんのこと、本気で信頼してた私が馬鹿みたい!たむちゃんのこと、ホントに大好きだったんだけどね?今じゃ、たむのこと見てると1つ1つが鼻につくし、なんかムカつく!アンタだけには他の誰より負けたくねえんだよ!」と涙を流しながら次々に写真を引き裂いていく。

 たむは引き裂かれた写真を一枚一枚眺めてからマイクを取り「あたしが自分のことばっかりで?欲しい物を手に入れてきた?欲しいものは自分の力で手に入れる。なにがなんでもなりたい自分になる。それがプロレスラーでしょ!なっちゃんはさ、それが出来ないからいっつも人の目を気にして、ご機嫌伺って、ホントはそのドロッドロに汚い嫉妬深さをひた隠しにしてきたんだよね?ビジネス仲良しはそっちの方だったんじゃないの?あたしは、この白いベルトの聖なる王者として、あなたのずっとずっと先に行く。バラ色のチャンピオンロードを築くよ。そうだ、私のブシロード、すなわちタムロードを見せてあげる。あたしが全部捨てて、死にものぐるいで掴んだこのベルト、取りに来いよ!」と語り、さらに写真をビリビリに破いていく。

 これを受けたなつぽいは「ホントはこのベルト(ハイスピード王座)もかけて二冠戦やってもいいなって思ったけど、たむちゃんはロースピードだから。今回はその白いベルトで全部教えてやるよ。覚悟しとけよ」とたむを睨みつけながら去っていった。

『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』
日程:2021年4月4日(日)
開始:17:00
会場:神奈川県・横浜武道館

▼ワンダー・オブ・スターダム選手権試合
【王者/COSMIC ANGELS】中野たむ
vs
【挑戦者/Donna Del Mondo】なつぽい
※王者・中野たむは初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る