「弱い。練習してこい」「このままだと弱いものイジメになる」挑戦者・鈴木秀樹がW-1王者KAIを酷評

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

先日行われたプロレスリングZERO1vs.WRESTLE-1の全面対抗戦「KASSEN2」の綱引きマッチにおいて、WRESTLE-1の4月1日東京・後楽園ホール大会にてタイトルマッチが決定しているW-1王者・KAIと挑戦者・鈴木秀樹のシングルマッチが実現した。
試合は両者リングアウトという結果だったが実際は王者が挑戦者に絞め落とされ、その明暗ははっきりとしている。果たして現王者・KAIに対して鈴木秀樹は何を思ったのか?

ーーKAI選手が浜口道場にベルト奪取の報告と、鈴木秀樹選手との防衛戦に向け初心に戻り特訓を行いましたが、改めてKAI選手に対しどのように感じていますか?
鈴木「弱い。まぁ練習してこいと。浜口さんが恥ずかしいですからね。あんなもんしかできなかったら。もう一回教わってくるのはいいことだと思いますよ。ただチャンピオンでそれかっていうのがあるので。やっぱり武藤さんから譲ってもらったんだな、と。だから悔しい顔していたんじゃないですか?」

ーー先日のKASSENで結果としては両者リングアウトながらKAI選手を締め落としました。その試合について思う事はありますか?
鈴木「うーん……だから人に背中を見せるからああいう形になっちゃうわけで。闘っている最中にね。別に僕は特別なことしたと思ってないですからね」

ーー4月1日のタイトルマッチに向けて準備していく事など考えていることがあれば教えてください。
鈴木「いや別に、何ですかね? その質問は今の僕には難しいですね。今の状態でこのままやれば自然とこの前と同じ結果になる訳ですから。まぁだから気をつけるのは場外でやりすぎないこと。すぐ場外で落としちゃって、ベルトの移動がどうとかめんどくさいこと言われるのも嫌なので。リングの中で絞め落とすようにしたいと思います。だから特に対策とかはないですね。逆に頑張ってほしいですよね。タイトルマッチ、きっとメインでしょ? 興行のメインなのでそれにふさわしい実力を持っていないと一方的に強い奴の弱いものイジメになっちゃうわけで。そうすると強い方が非難されますからね」

ーー逆にKAI選手に練習をちゃんとしてこい、という事でしょうか?
鈴木「そうですね。ここ何週間じゃ変わんないかもしれないですけど浜口さんのところ行けば実力も変わってくると思うし、少しは強くなれるとは思うので」

王者を「弱い」と酷評し、「このままだと弱いものイジメになる」と不敵な言葉まで何食わぬ顔で言い放つ鈴木秀樹。初防衛戦にして最強の挑戦者と言っても過言ではない。4.1後楽園ホール大会は新王者の真価が問われる……。

【記事提供/WRESTLE-1】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る