大仁田厚がジャイアント馬場追善興行に出場し「馬場さんを1から10まで世話したのは俺だ」と豪語!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・後楽園ホールにて『ジャイアント馬場23回忌追善興行』が行われた。

この日の大会ではオープニングで天龍源一郎が登場してファンに挨拶し、ザ・グレート・カブキが追善の舞を披露し天に捧げる毒霧を噴射。さらに欠場となった井上雅央の代打として嵐(高木功)が緊急出場するなど豪華メンバーが勢揃い。
 さらに会場スクリーンで1982年2月4日に東京体育館で行われたジャイアント馬場vsスタン・ハンセンのPWFヘビー級選手権試合の映像が放映され、徳光和夫アナウンサーが生実況を付ける催しが実施され、ハンセンがこの試合を振り返るビデオメッセージが流れるなど会場は大盛りあがり。

 この日の第2試合では、渕正信&大仁田厚&グレート小鹿&越中詩郎vs2代目タイガーマスク&大森隆男&嵐&菊地毅の8人タッグマッチが実施。
 大仁田は師匠である馬場さんへのリスペクトからか握手から始まる正々堂々の闘いを展開するも、タイガーに場外へ蹴り出されると「何がタイガーマスクだコノヤロー!」と場外鉄柵に叩きつけDDO。さらに越中とともに太鼓の乱れ打ちの競演を見せ、試合終盤に全員がリングになだれ込む乱戦となると本領発揮で大暴れ。そのさなかで渕が暴れる菊池を執拗な連続首固めで押さえ込み続け、技ありの3カウントを奪った。

 試合後、大森が「自分なんてまだまだまだ若手かと思うような大先輩ばっかり。でもこうやっていろんな選手が集まって試合ができるってことは、僕はそれを含めての馬場さんのご縁だと思う。全日本プロレスに入って、馬場さんの弟子として試合やったことが本当に自分の財産だと思ってます。生涯爆発ですよね、菊池さん」と菊池と感慨深げに語り合っているところへ大仁田が乱入し、「大森!大森!ホントの弟子は俺だよ!馬場さんのこと1から10まで世話したのは俺だよバカヤロー!」と言うだけ言って去っていく。
 残された大森は「1から10まで馬場さんの世話したのかぁ、大仁田厚が。そんなわけねぇだろ!1から10まで世話してもらったんじゃないのか」と困惑し、菊池も「俺らが入ったとき大仁田さんいないんですよ。たしかにあの人先輩かもしれないけど、俺らとなんも……」と言葉を詰まらせた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る