赤井沙希に激似の沙希様が11カ月ぶりに東京女子のリングに降臨!汐凛セナを一蹴し「11・20新宿で私とパートナーXのカードを組みなさい」と宣言

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 “浪速のロッキー”赤井英和の娘である赤井沙希と、同一人物かと思えるほどよく似ている沙希様が14日に開催された東京女子プロレスの東京・新木場1stRING大会で、同団体のリングに11カ月ぶりに降臨し、20日の東京・新宿FACE大会に新たなパートナーXを連れて参戦すると一方的に宣言した。

 沙希様はフランス・パリ在住で、昨年11月まで「NEO美威獅鬼軍」を率いて、滝川あずさ(引退=アズサ・クリスティ)、ハイパーミサヲ(操)らを次々に洗脳して同団体のリングを席巻していた。だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日仏間の往来が困難になったためか、来日が途絶えていた。今年7月30日、DDT・新宿大会での「NEO美威獅鬼軍新メンバー公開オーディション」で姿を見せたことがあったが、東京女子で試合をするのは、昨年12月27日、東京・板橋グリーンホール大会での「沙希様フランス帰国記念試合」以来となった。

 11カ月ぶりの参戦となった沙希様は、新木場大会のセミファイナルでキャリア10カ月の汐凛(しおり)セナと対戦。沙希様はビッグブーツ、サッカーボールキックなどで攻め立てると、汐凛も逆エビ固め、ドロップキック、エルボー連打などで必死の攻めを見せた。しかし、汐凛のがんばりもここまで。沙希様はビッグブーツ、ミドルキック、PKから三角絞めで絞め上げてギブアップを奪い完勝。

 沙希様は「皆さん、ごきげんよう。お久しぶりね。皆さんが刺激を求めて、お腹空かせていると思って、また戻ってさしあげたのよ。私が来たからには、私の美しさで、皆さまのお腹が満たされるんじゃなくって。このリングに久しぶりに立って、少しだけ気分がいいの」とマイク。そして、甲田哲也代表に向かって、「私を次の新宿FACE(11月20日)に出しなさい。私がカードを決めるわ。私とパートナーXとのタッグで“お試愛”を組みなさい。じゃあ、皆さま新宿でお待ちしてますわ」と要求。

 果たして、沙希様が連れてくる新パートナーXは誰なのか? これまでも滝川やミサヲを洗脳した実績があるだけに、大いに気になるところだ。

 また、この日の新木場大会からレギュラー参戦となった角田奈穗は第1試合で原宿ぽむと組み、中島翔子、鈴芽組と激突し、河津落としからハワイアン・スマッシャーを決めて3カウントを奪い、白星発進。「自分の力で勝って、存在感を示したかったけど不完全燃焼。中島(翔子)さんの隣に立ってみたい。横にいたら、もっと成長して吸収できるんじゃないか」(角田)

 なお、17年からフリーの立場でレギュラー参戦してきた瑞希が14日付で所属選手となったことが発表された。瑞希は「一番は東京女子のベルトを獲る。(坂崎)ユカさんを超える。マジラビ(マジカルシュガーラビッツ)でもっと上に行きたいし、個人としてももっと上に行きたい。外に出ることがあれば、東京女子の名を広められるようがんばりたい」と意欲。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る