【試合詳細】11・7 スターダム新木場大会 林下詩美&上谷沙弥vs里歩&ゴキゲンです☆ 刀羅ナツコ&鹿島沙希vs朱里&ひめか ジュリア&舞華vsビー・プレストリー&小波

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『第10回GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ戦~』
日程:2020年11月7日(土)
開始:12:30
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:140人(札止め/コロナ対策限定人数)

▼STARS vs 大江戸隊 姉妹対決 シングルマッチ 15分1本勝負
[STARS]○羽南
4分20秒 飛びつき腕ひしぎ十字固め
[大江戸隊]●吏南

▼STARS 3WAYバトル 15分1本勝負
[STARS]○スターライト・キッド
6分4秒 キッちゃんボム
[STARS]●飯田沙耶
※もう一人は[STARS]ルアカ

▼STARS vs QUEEN's QUEST  6人タッグマッチ
[STARS]岩谷麻優/中野たむ/○白川未奈(フリー)
11分26秒 インプラントDDT→片エビ固め
[Queens Quest]渡辺桃/AZM/●妃南

▼GODDESS OF STARDOM  タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[Queens Quest/Aphrodite]○林下詩美/上谷沙弥【1勝2敗1分=3点】
8分43秒 里歩の地獄突き誤爆→ジャーマンスープレックスホールド
[Color Me Pop]里歩(AEW)/●ゴキゲンです☆【2勝2敗=4点】

▼GODDESS OF STARDOM タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[大江戸隊/Devil Duo]刀羅ナツコ/●鹿島沙希【1勝3敗=2点】
10分45秒 アルゼンチン・バックブリーカー
[Donna Del Mondo/Grab the Top]朱里/○ひめか【3勝1敗=6点】

▼GODDESS OF STARDOM タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo/Crazy Bloom]ジュリア/●舞華【2勝2敗=4点】
15分45秒 クイーンズ・ランディング
[大江戸隊/Black Widows]○ビー・プレストリー/小波【3勝1分=7点】

タッグリーグ決勝進出に小波&ビーが王手!ジュリア&舞華・岩谷&キッドが同点で最終戦へ!詩美が里歩に浮気し上谷激怒!?

第1試合

 吏南が羽南の握手を払い、ガットショットから丸め込むが2。
 吏南が低空ドロップキックからコーナーに振って串刺しドロップキックからヘアーホイップ。コーナーで顔面を踏み潰していくがこれはレフェリーが注意。
 吏南は羽南を正面ロープにくくると、セコンドのナツコとともに顔面を踏みつけていく。これを離すと吏南が背中にドロップキックからフォールも2。

 吏南はロープに飛ぶが、羽南が追走してドロップキックも、避けた吏南がストンピング連発。さらにボディスラムで叩きつけてフォールも2。
 吏南はロープに飛ぶが、羽南がカウンターの払い腰からドロップキックを叩き込みフォールも、2で吏南が丸め込むが2。

 羽南が「なんで大江戸隊入ったんだよ!」とエルボー。吏南は「お前が嫌いだからだよ!」とエルボーを返すと、羽南は「私もだよ!」と返しエルボー合戦。羽南がエルボー連打も、吏南はビンタで返し、ラリアットを避けて払い腰。吏南は大外刈りからフォールも2。

 吏南はロープに振ろうとするが、羽南が引き込んでノーザンライトスープレックスホールドからのブロックバスターホールドも2。
 羽南はエルボーも、吏南は巻き込んでスクールボーイも2。
 吏南はケンカキックからキャプチュードで投げ捨てフォールも2。

 吏南はロープに飛ぶが、羽南は引き込み腕ひしぎで捕らえギブアップを奪った。

第2試合

 手4つはキッドvs飯田&ルアカの2vs1に。これを切り返したキッドだったが、飯田とルアカがそれぞれリストを捻りキッドをロープに振るとダブルのショルダータックルで倒す。
 飯田とルアカがショルダータックルのぶつかり合い。これはルアカが制して倒すと、飯田をボディスラムからフォールも2。

 ルアカはロープに飛んでケンカキックも、飯田がスクールボーイも、キッドが後ろから飯田にスクールボーイ。ルアカがキッドにスクールボーイも飯田がルアカにスクールボーイ。これをキッドがカット。

 キッドが飯田をキャメルクラッチも、ルアカがキッドにキャメルクラッチ。飯田が抜けて正面ロープに飛ぶとキッドにドロップキックを叩き込む。
 飯田とルアカはキッドをコーナーに振り串刺し攻撃を狙うが、キッドはルアカを避けて飯田にエルボーから二人まとめてコルバタで投げ捨てると、その場飛びムーンサルトを投下し二人まとめてフォールも2。

 キッドがルアカにエルボー、ルアカは飯田にエルボー、飯田はキッドに強烈なチョップのトライアングルを2週すると、キッドは「逆周り!」と要求。
 飯田のチョップを受けたルアカが飯田にエルボーを叩き込み、キッドとルアカが交互に飯田にエルボー。飯田はルアカをロープに振り、キッドをダブルチョップで倒しルアカもダブルチョップでなぎ倒す。

 飯田はロープに飛ぶとスライディングエルボーをキッドに叩き込みフォールも2。
 飯田はキッドを投げようとするが、耐えたキッドがクリストを狙うが、振り回して逃れた飯田がルアカのクロスボディアタックを避けてキッドに叩き込ませると、飯田はコーナーに登りキッドにミサイルキックからフォールもルアカがカット。

 飯田がロープに飛ぶが、ルアカがビッグブーツで迎撃し、キッドにフィッシャーマンを狙うがキッドが首固めも、ルアカが強引にぶっこ抜きフィッシャーマンスープレックスホールドも飯田がカット。

 ルアカがエルボー連打からロープに飛んでビッグブーツ。避けた飯田とルアカがキッドのクロスボディアタックを二人でキャッチ。
 キッドと飯田がバックの取り合いになり、ルアカがハイキックも二人とも避ける。ルアカが飯田の背中にビッグブーツもキッドがルアカにバッククラッカー。さらに飯田にキッチャンボムを叩き込み3カウント。

第3試合

 先発はAZMと岩谷。両者走り込むが、岩谷がガットショットからロープに振るも、お互いかわしあい岩谷がアームホイップもAZMが丸め込むが切り返し合戦から両者睨み合う。すかさず岩谷がサッカーボールキックからスターズが出てきて連携攻撃。さらにトリプルサンドイッチドロップキックから岩谷がボディスラム。フォールも2。
 岩谷はストンピングから白川にタッチ。

 白川はエルボーからロープに振るが、避けたAZMがドロップキックからコーナーに叩きつける。AZMが渡辺にタッチ。

 渡辺はボディを蹴りつけ顔面に足裏を押し付けていくと、首投げからサッカーボールキック。フォールも2。
 渡辺はストンピングからコーナーに叩きつけて妃南にタッチ。

 妃南はボディスラムで叩きつけてキャメルクラッチ。渡辺が出てきて白川の胸にサッカーボールキック連発からPK。妃南がフォールも2。
 妃南はAZMにタッチ。

 AZMはコーナーに振って串刺しドロップキックからフォールも2。
 AZMはロープに飛ぶが、白川は追走してフライングクロスチョップからロメロスペシャル。さらにたむが妃南に、岩谷が渡辺にパロスペシャル。
 白川はたむにタッチ。

 AZMはボディを蹴りつけると、渡辺とともにロープに振ろうとするが、たむは渡辺にソバットからAZMにショルダータックル。さらに渡辺にRKOから妃南にDDT。AZMにWWニーを投下しフォールも2。たむは岩谷にタッチ。

 岩谷はストンピング連打からコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、AZMは足を伸ばしてカットし、ヘッドシザースホイップで岩谷の顔面をコーナーに叩きつけ渡辺にタッチ。

 渡辺は串刺しドロップキックから串刺し低空ドロップキック。渡辺は裏投げからフォールも2。
 エルボーの打ち合いから岩谷がエルボー連打。さらにソバットからロープに飛ぶが、渡辺がハイキックで迎撃しPK。フォールも2。
 渡辺は投げようとするがたむがカット。両軍出てくると、STARASがブレーンバスターでまとめて投げ捨てる。
 渡辺に白川がバックブロー、岩谷がトラースキック、たむがハイキックから、3人で「チャンスー!」と叫んでトリプルトラースキック。岩谷がバズソーキックからフォールも2。妃南がカット。
 それぞれリングに出てきてスイッチしていくと、岩谷が白川にタッチ。渡辺も妃南にタッチ。

 白川と妃南はエルボー合戦。妃南が腰投げから大外刈り2連発からフォールも2。
 白川がロープに振ってルーテーズプレスからフォールも2。
 白川はジャベで捕らえるが妃南はロープに足を伸ばしブレイク。
 白川はコーナーに上るが、渡辺がハイキックを叩き込み一本背負いでリングに投げ捨てると、AZMがダイビングフットスタンプから渡辺が蒼魔刀。妃南が腰投げからフォールもたむがカット。
 QQがそれぞれスターズをコーナーに振るが、スターズはそれぞれブーメランクロスボディアタックから低空ドロップキックを顔面に叩き込み迎撃。
 白川が妃南を投げようとするが、妃南が足を刈って倒し外道クラッチも2。
 妃南はロープに飛ぶが、白川はバックブローで迎撃し、インプラントDDTからフォールし3カウント。

第4試合

 先発はゴキゲンです☆と上谷。四方にアピールするゴキゲンです☆を上谷は座って待ち、ゴキゲンです☆のアピールに背中を向けて無視。
 手4つを狙うが、上谷の上げた手にゴキゲンです☆が届かず里歩にタッチ。
 里歩も届かずゴキゲンです☆にタッチ。
 里歩はゴキゲンです☆の腕を引っ張って伸ばすが、やはりゴキゲンです☆は届かず里歩にタッチ。

 ゴキゲンです☆は里歩を肩車するが、詩美が里歩をお姫様抱っこで降ろす。上谷と詩美がそれぞれ中央に振るが、里歩とゴキゲンです☆は腕を組んでスキップ。カットに来た上谷と詩美を同士討ちさせると、詩美と腕を組んで一緒にスキップして回るが、上谷がドロップキックでカット。
 上谷はゴキゲンです☆にボディスラムからフォールも2。
 上谷は鎌固め。これを離すとストンピングから詩美にタッチ。

 詩美はガットショットからボディスラムで叩きつけフォールも2。
 詩美は首投げから低空ドロップキックを叩き込みフォールも2。
 詩美はフロントネックで捕らえ上谷にタッチ。

 上谷はボディスラムを狙うが、耐えたゴキゲンです☆が手を掴んでロープ渡り式アームホイップ。ゴキゲンです☆は里歩にタッチ。

 里歩はコルバタで投げ捨て619からコーナーに登りダイビングクロスボディアタック。フォールも2。
 里歩は投げようとするが、耐えた上谷がロープに飛ぶも、里歩が追走ニーからロープに振っていくが、上谷はニールキックで迎撃し詩美にタッチ。

 詩美はショルダータックル連発で倒していきフォールも2。
 詩美はアルゼンチンも、暴れて逃れた里歩がエルボー連打。里歩はロープに飛ぶが、詩美はカウンターのバックフリップ。詩美はコーナーに登るがゴキゲンです☆が足を掴んで動きを止め、里歩がデッドリードライブ。
 里歩はコーナーに登るとダイビングフットスタンプからフォールも2。
 里歩はゴキゲンです☆にタッチ。

 ゴキゲンです☆はセントーンからブレーンバスターを狙うが、詩美が逆にブレーンバスターからコーナに振って、上谷がビッグブーツから詩美がサイドバスター。さらに上谷がその場飛びムーンサルトダブルニーから詩美がエルボードロップを投下しフォールも2。
 詩美が投げようとするが、ゴキゲンです☆はロープを掴みブレイク。
 詩美がロープに飛ぶが、ゴキゲンです☆がカニばさみから里歩が619。これを詩美がキャッチするが、ゴキゲンです☆は里歩ごと突き飛ばして倒すとフォールも2。
 里歩とゴキゲンです☆は詩美をロープに振って、ダブルラリアットを避けて詩美と組体操の扇。里歩がカニばさみで倒してゴキゲンです☆が丸め込むも上谷がカット。
 ゴキゲンです☆がロープに飛ぶが、詩美がラリアットで迎撃しフォールも2。
 詩美は投げようとするが、ゴキゲンです☆がバックを取り返し、バックの取り合いから里歩が地獄突き。これがゴキゲンです☆に誤爆し、詩美がゴキゲンです☆をジャーマンスープレックスホールドで叩きつけ3カウント。

<試合後コメント>
林下詩美&上谷沙弥
詩美「タッグリーグ、4試合目にしてようやく勝ち点2点。Aphroditeが取りました。今回の試合は、相手に里歩さんがいるから、ゴキゲンになっちゃった♪」
上谷「……なんか、さっきから里歩さんに浮気してませんか?最近、タッグ調子悪いのに、なんで調子悪いのにそうやって浮気しようとするんですか?」
詩美「里歩さんも好きだけど、タッグパートナーは上谷だから」
上谷「タッグパートナー“は”?」
詩美「こっち(右)に上谷、こっち(左)に里歩さん、いてほしい。でもAphroditeは上谷とだけだから」
上谷「(満面の笑みで)そうですよね!!」
詩美「そう!だからあと1試合も頑張ろう」
上谷「そう頑張りましょう!!頑張ります!!」
詩美「頑張ろ。行こ行こ」

第5試合

 先発はナツコとひめか。ロックアップからナツコがヘッドロックで絞り上げ、ひめかがボディブローで逃れてショルダータックルのぶつかり合い。ナツコは足の甲を踏みつけてショルダータックルも、ひめかは受けきりショルダータックルで吹っ飛ばす。
 ひめかがロープに飛ぶが、鹿島が場外から足を掴んで引きずり落とし場外乱闘へ。
 リングに戻り、ナツコがひめかにヘアーホイップから顔面ウォッシュ。
 ナツコは鹿島にタッチ。

 鹿島はボディスラムを狙うが、耐えたひめかがロープに飛んだ鹿島をショルダータックルで倒し、ロープに飛ぶがエプロンからナツコが羽交い締めにして鹿島がドロップキック。
 鹿島とナツコはロープに振って、ナツコがガットショットから鹿島がフェイスバスター。ナツコがセントーンから鹿島がダブルフットスタンプを投下しフォールも朱里がカット。鹿島はナツコにタッチ。

 ナツコはコーナーに振って串刺し攻撃も、避けたひめかが串刺しボディスプラッシュからショルダータックルで吹っ飛ばす。ひめかは朱里にタッチ。

 朱里はミドルキック連発も、鹿島がエルボーで襲撃。鹿島とナツコは朱里をロープに振るが、朱里は交互にミドルキックを叩き込んで鹿島を迎撃し、ナツコにロックボトムから腕ひしぎ、ナツコはロープに足を伸ばしブレイク。
 朱里は蹴りつけてコーナーに押し込むと、串刺しニーから再度串刺し攻撃を狙うが、ナツコが追走串刺しボディスプラッシュからキャノンボール。さらにバックフリップで叩きつけて鹿島にタッチ。

 鹿島はビッグブーツも、朱里はボディに膝蹴り。鹿島のビッグブーツに朱里がローキック連打。鹿島はビンタからダブルアームフェイスバスターで叩きつけフォールも2。
 鹿島はロープに飛ぶが、朱里が追走ニーからサッカーボールキック。さらにPKからフォールも2。朱里はひめかにタッチ。

 ひめかはショルダータックルから逆エビ固めも鹿島はロープを掴みブレイク。
 ひめかは背中にランニングニーから朱里がエプロンから鹿島の顔面を蹴り飛ばし、ひめかがフォールも2。
 ひめかは担ぐが着地した鹿島にガットショット。コーナーに振って串刺し攻撃も、鹿島が避けてナツコが串刺しラリアット。鹿島が串刺しバックエルボーからナツコがエルボースマッシュ。鹿島がダイビングフットスタンプからフォールも2。
 鹿島がラリアットを避けてクリスト。ひめかはそのままコーナーに下がって潰すと、串刺し攻撃を狙うが鹿島が足を伸ばしてカットから、セカンドコーナーに登り飛びつきアームホイップ。鹿島はランニングケンカキックからフォールも2。
 鹿島は投げようとするが、ひめかがショートレンジラリアットでなぎ倒し、朱里とともにサンドイッチランニングニー。さらにひめかがランニングニーを叩き込みフォールもナツコがカット。
 ひめかはアルゼンチンで担ぎ上げてJPコースター。フォールも2。
 ひめかはパワーボムを狙うが、ナツコがラリアットでカットし、鹿島が起死回生も2。
 鹿島が十字固めも2。
 朱里がナツコをハイキックで蹴散らし鹿島にランニングニー。ひめかはアルゼンチンで担いで絞り上げると鹿島がギブアップした。

第6試合

 先発は小波とジュリア。小波がリングを周り距離を見合い、片足タックルからグラウンドの攻防へ。これはジュリアが一度距離を取り睨み合うと舞華にタッチ。小波もビーにタッチ。

 舞華がガットショットからジュリアとともにロープに振るとダブルのビッグブーツからダブルのバックドロップ。続けてダブルのエルボードロップから舞華がボディスラムで叩きつけフォールも2。
 舞華はロープに飛ぶが、小波が場外から足を掴んで引きずり落とし場外乱闘へ。
 リングに戻ると、ビーは投げようとするが、耐えた舞華がボディスラムを狙うも、着地したビーがガットショットからネックブリーカードロップ。フォールも2。
 ビーがコーナーに叩きつけ小波にタッチ。

 小波は首投げからサッカーボールキック。フォールもジュリアがカット。
 小波はコーナーに叩きつけてビーとともに顔面を踏みつけビーにタッチ。

 ビーは首投げからスリーパー。舞華はロープに足を伸ばしブレイク。
 舞華ががコーナーに振って走り込むが、ビーは足を伸ばしてカットすると背中にフットスタンプ。踏みつけフォールも、これをレフェリーがチョークとみなしブレイク。
 ビーはフロントネックで捕らえ小波にタッチ。

 小波はローキックから座り込む舞華の胸にサッカーボールキック連発。首投げからスリーパーで捕らえるが舞華はロープに足を伸ばしブレイク。
 小波はビーにタッチ。

 ビーはチンロックから胸へのエルボー連打。ビーはロープに飛ぶが舞華はカウンターの風車式バックブリーカーからジュリアにタッチ。

 ジュリアはビッグブーツで蹴散らすが、小波がボディブローからエルボー連打。だがジュリアが小波にビッグブーツからビーをアームホイップで投げ捨てシャイニングドロップキック。カットに来た小波をDDTで突き刺し、ビーにフェイスバスターからストンピング。
 ジュリアはレッドインクから背中を踏み潰すと、ロープに振って走り込むが、ビーが足を伸ばしてカット。舞華も避けるとジュリアを突き飛ばして同士討ちさせ、ジュリアにハイキックから小波にタッチ。

 小波はハイキックからスライディングレッグラリアート。続けてフィッシャーマンスープレックスホールドも2。
 ジュリアがエルボーからロープに振るが、小波がカニバサミクラッチからアキレス腱固め。お互いアキレス腱固めで絞り上げていき、小波がヒールホールドもジュリアはロープを掴みブレイク。
 ジュリアはグラウンドに持ち込もうとするが、逃れた小波にスクールボーイから低空ドロップキック。すぐに立ち上がった小波がハイキックから投げ捨てジャーマン。ジュリアは立ち上がり、小波のハイキックをガードしみちのくドライバーから舞華にタッチ。小波もビーにタッチ。

 ビーのラリアットを避けた舞華がエルボー連打から首投げで倒し腰投げから巴投げ。さらに大外刈りで叩きつけてフォールも2。
 舞華がコーナーに振って串刺しラリアットもビーが避けて小波が串刺しニー。ビーが串刺しラリアットから小波がハイキック。ビーがビッグブーツから小波とサンドイッチ延髄斬り。ビーがノーザンライトスープレックスホールドもジュリアがカット。
 ビーが舞華を、小波がジュリアをロープに振るが、ジュリアと舞華はそれぞれビッグブーツで迎撃し、ビーに合体バックドロップから舞華がビーをコーナ上に登らせ雪崩式ブレーンバスター。さらにブレーンバスターで叩きつけてフォールも小波がカット。
 舞華は担ぐがビーが切り返してDDTからトラースキック。さらにバズソーキックからフォールもジュリアがカット。
 小波がジュリアをハイキックで排除し、ビーが舞華にVトリガー。ビーはクイーンズ・ランディングを狙うが、耐えた舞華にチーキーナンドスキックからクイーンズ・ランディングで叩きつけて3カウント。

ビー「ヘーイ、DDM大丈夫?ゲンキデスカ?ジュリア、ショッパイ。私が思うに舞華はモットショッパイ。(ジュリアが近づくが)バッドバッドバッド、エブリバーディ、ワタナベモモ、イチバンショッパイ!」
小波「ジュリア、ジュリア、ジュリアジュリア、ジューリア!」
ビー「なーに?」
小波「この、タッグトーナメント、そしてその、(ベルトを見て)そこ、それ、その、白いベルト、全て奪います。ジュリア、ジ・エンド!」

<試合後コメント>
ビー・プレストリー&小波
ビー「暑い。冬になろうとしてるのにホント暑いね。あと1つ勝てば優勝?DDMの2人はワンダー、フューチャーのチャンピオンだけど、ここにはこのSWAチャンピオンがいる。問題なく勝った」
小波「ジュリア、今日対戦して分かったことが1つ。ちょっとだけ、レスリングが出来る。それだけ。そのちょっとだけのレスリングじゃ、私には到底かなわない。当日、ジュリアがどんな手を使って試合を運んでくるのか、すごくゾクゾクします。すごく楽しみになりました。しかし今のままのジュリアじゃ“女寝業師”を倒すことは不可能。私の関節技から逃げることは不可能でしょう。どんだけ逃げても、どれだけ逃げようとしても、私は必ずジュリアを絞め落とします。ジュリア、THE END!」
ビー「ショッパ~イ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る