10連8回目でグレート-O-カーンがオカダ・カズチカの必殺技を無効化!「今宵オカダ・カズチカを支配した」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to POWER STRUGGLE』が行われ、グレート-O-カーンが決戦を前にオカダ・カズチカへエリミネーターを執行した。

 オーカーンの転生前の姿である岡倫之は2012年に全日本レスリング選手権大会フリースタイル120kg級に優勝したアマレスエリートであり、2014年からはブシロードレスリングに所属して活躍。2015年10月にはアマチュア格闘技10種目のタイトル奪取にも成功し、満を持して2017年に新日本プロレスデビュー。その後色々あった結果闇落ちすると、イギリスへ旅立ち“ドミネーター”に転生。2年ほど経った今月16日にウィル・オスプレイの裏切りに合わせるような形で突然日本に現れると、オカダを襲撃しエリミネーター(アイアンクロー・スラム)で執行したことはプロレス界の外に大きな話題を呼んだ。
 この反響を受けてオーカーンは「[観たら]ではない[面白い]だけではない【観てみたい】を余は作らねばならぬ 新たな視聴者層 開拓は余にしか出来ぬ大使命である」と宣言し、オスプレイと共に建国した『THE EMPIRE』の領土拡大に向けVtuberや秋葉原界隈の侵略を積極的に進めている。

 今月7日の大阪大会に控えた因縁のオカダとの決戦に向け、オーカーンとオカダは先月23日から10連前哨戦を戦っており、1~7戦目はすべてオーカーンがオカダのパートナーのヤングライオンからエリミネーターで勝利している。
 この日もオカダ・カズチカ&上村優也vsウィル・オスプレイ&グレート-O-カーンのタッグマッチが行われ、序盤からオーカーンは上村へガットレンチ式フェイスバスターから耳削ぎチョップで痛めつけ、コーナーで上村の頭を玉座代わりにドミネーターポーズ。
 オカダは珍しく感情むき出しでオーカーンにぶつかっていくも、オスプレイがオカダのドロップキックを完封してローリングエルボーで排除。最後はオーカーンがリバースブレーンバスターからのエリミネーターを上村に執行した。
 勝利したオーカーンがオカダを見下ろすと、オカダは怒りのエルボーからマネークリップ。しかしオーカーンはアイアンクローでこれを脱出すると、オスプレイがオカダの顔面へ正確無比なサイレント・ウィスパー。さらにオーカーンがオカダをエリミネーターでKOし、「これがTHE EMPIREの力だ!」と叫んで勝ち誇った。

 試合後、オスプレイは「グレート-O-カーンの威力を見たか?今日は9割あいつの試合だった。あれだけダメージを受けても、最後には勝つ。誰にもあいつも止められない。無敗の男、それがドミネーター、グレート-O-カーンだ。オカダ、どんなに望んでもお前は俺に近づくことさえできない」と帝国の支配者の力を絶賛。

 そして、オーカーンは、前日の試合後にオカダが「オスプレイ戦までの“前菜”だと思ってたけど、君もメインの料理と認めてあげよう。オカダ・カズチカというスパイスが君には足りないね」とコメントしていたことに触れ、「何がメイン料理だスパイスだ!余が、貴様を出汁に使うだけだ。薄味だろうがな!」と吐き捨てて去っていく。そして、その後は自身のツイッターにて「ええ気分じゃ。表を上げよ 領民ども!今宵オカダ・カズチカを支配した」と上機嫌で投稿した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る