愛は逢いよりいでて 2.28新宿大会 リング☆ドリームで美少女化されてきたDDTが、その集大成としてコラボ興行を開催!

  • -
    Google+でシェア
  • 2
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

リングドリーム主催DDTプロレス興行「愛は逢いよりいでて」
日時:2015年2月28日(土)
開場:18:00 開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE
観衆:600人(超満員札止め)

▼第1試合 Hangame協賛試合 30分1本勝負
坂口征夫/●松永智充
9分49秒 高角度ダブルアーム式DDT→片エビ固め
○石井慧介/高尾蒼馬

▼第2試合 東京女子プロレス提供試合 30分1本勝負
○山下実優/坂崎ユカ
8分47秒 クラッシュ・ラビットヒート→片エビ固め
中島翔子/●えーりん

▼第3試合 株式会社ミクシィ協賛試合 30分1本勝負
○男色ディーノ/ヨシヒコ
10分12秒 男色ドライバー→漢固め
マサ高梨/●DJニラ

▼第4試合 niconico協賛試合 ロイヤルランブル 30分1本勝負
○清水愛⑦
9分36秒 ダブルフォール
●平田一喜① ●彰人⑨

【退場順】○内は入場順
●佐々木大輔②(5分15秒 OTR)のの子③○
●のの子(5分17秒 OTR)ヤス・ウラノ⑤○
●宮武俊⑥(7分10秒 OTR)MIKAMI⑧○
●遠藤哲哉④●MIKAMI(7分28秒 同体OTR)
●ヤス・ウラノ(7分46秒 OTR)平田一喜○

▼第5試合 株式会社ディー・エヌ・エー協賛試合 30分1本勝負
○竹下幸之介/紫雷イオ
13分26秒 ジャーマンスープレックス・ホールド
●大石真翔/木村響子

▼第6試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
高木三四郎 with シンギナツキ/○飯伏幸太/KUDO
16分55秒 シットダウン・ラストライド→エビ固め
HARASHIMA/入江茂弘 with でいしろう/●アントーニオ本多

20年以上の歴史を誇るリング☆ドリームがDDTとコラボ興行を開催!
2万5千人以上の来場者を集め大成功!このコラボは新しいステップへ

オープニング

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_オープニングまずはDDTの鶴見亜門GMと原作者のでいしろうが登場。
プロレス初観戦の方へルールの説明。紙テープや動画撮影に関しての説明を終えると、でいしろうより「リングドリームはほんとに皆さんに助けられたコンテンツですから、ここで皆さんへの恩返しを、そして僕らの自己満足でこの大会をやらせていただきます。プロレス初心者の方も多いと思いますが、DDTの皆さんだったら初心者のかたへも最適だと思ってます。多分見てもらえればわかります」と挨拶し、そのままでいしろうがオープニングコールを行いDDT×リング☆ドリーム興業はスタートした。

第1試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第1試合先発は坂口と石井。バックの取り合いから石井がグラウンドに押しこむも、坂口は両手刈りで倒し関節を取りに行くがロープ際でこれはブレイク。石井がロープに押し込むがクリーンブレイク。これで両者タッチ。

松永と高尾はチョップの応酬から、松永が髪を掴んで倒し「松・永・智充!」とコールを受けるムーブ。ハイスピードな攻防となり高尾がドロップキックで倒すとコーナーで松永の顔面を踏みつけていく。松永は立ち上がると高尾の乳首をつねり坂口にタッチ。

松永が高尾を場外に落とし、坂口がエプロンを走りこんで場外の高尾にサッカーボールキック。そのまま坂口は場外に降りニーリフトから高尾をリングに戻しフォールも2。
坂口は羽折り固めからスリーパーの体勢へ。高尾が立ち上がろうとすると坂口はニーリフト2連発からストンピング。坂口は高尾の顔面を松永の膝に叩きつけ松永にタッチ。

松永は「ブサイクな面しやがってよ」と叫ぶと高尾の顔面にツバを吹きかけた自分の手をこすりつけると「松・永・智充」ポーズ。松永は「盛り上がれよ!どうせ無料なんだろ!盛り上がらねーと金とるぞ!」と客を煽ると、高尾にボディスラムからフォールも2。松永は坂口にタッチ。

坂口は高尾に膝からフロントネックロック。高尾はなんとかロープに足を伸ばしブレイク。
坂口は改めて膝からフロントネックロック。高尾がそのままブレーンバスターで投げようとするが、一度は坂口はこらえたものの高尾はしっかり投げ捨て石井にタッチ。

石井はコーナーの松永を落とすと坂口にチョップ。坂口のミドルキックと石井のチョップの打ち合い。石井は「野茂英雄!」と叫んで野球式チョップを放つが、これを坂口は飛びつき腕ひしぎからスリーパーへ。これを抜けた石井がロープに飛ばしドロップキックを放つも、ロープを掴み逃れた坂口がサッカーボールキック。これを石井が避けバックを取ると投げようとするが、坂口がバックエルボーで抜け、そこを石井が顔面に膝蹴りから改めて坂口を持ち上げてボディに膝蹴りを叩き込みロープに飛ぶ。坂口はそれをミドルキックで迎撃するが石井もすぐさま顔面に飛び蹴り。坂口はその反動でロープに飛ぶが、すぐに石井に走りこんでミドルキック。両者ダウンしタッチ。

高尾は松永のラリアットを避けトーラスキック。松永がアックスボンバーで返し、両者アックスボンバーの相打ち。松永は「リンドリボンバー!」と叫びアックスボンバーで高尾を倒すとフォール。これは2。

コーナーに走りこんだ松永を足を伸ばしカットし、その背中を踏みつけて飛び越えた高尾が顔面にドロップキックを叩き込み石井にタッチ。

高尾が松永にバッククラッカーからそこへ石井がセントーン2連発。さらにランニングニーを叩きこみフォールも坂口がカット。

石井はフィッシャーマンバスターで松永を叩きつけフォールも2。石井がダブルアームで投げようとするとこれをこらえた松永が「リンドリバスター」と叫んで投げようとするが、これを抜けた石井が延髄斬り。松永は再度「リンドリボンバー」と叫んでアックスボンバーを叩き込もうとするが、石井はこれを延髄斬りで迎撃し高角度ダブルアーム式DDTからフォールし3カウントを奪った。
2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第1試合勝者勝利した石井にはHangameのハンゲ太郎より勝利者賞としてハンゲームクッションが贈られた。

第2試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第2試合先発は中島と山下。手首の取り合いからヘッドロックでグラウンドに中島が押しこむも、カニバサミで抜けだした山下が距離を取る。
バックの取り合いから山下がヘッドロック。中島がヘッドロックで返すも、ロープに飛んだ中島がコーナーに山下を走らせるが、両者ロープに飛ばし合い、これは山下がミドルキックで中島を迎撃。中島は山下の顎を持つと顎を集中攻撃。中島はえーりんにタッチ。

えーりんは3方からのどドロップキックを叩き込みフォールも2。えーりんはフロントネックで山下を捕まえそのまま中島にタッチ。

中島は山下をコーナーに振ろうとするが、逆に山下がコーナーに振り串刺し攻撃。これをエプロンに避けた中島が山下のラリアットを避けリングに戻ると逆片エビ固め。
ギブアップしないと見るや、山下をひっくり返し左足に向かってヘッドバッド連発。ロープに飛んでヘッドバッドを落とそうとするが、これは山下が回転して避け坂崎にタッチ。

坂崎はスイング式のアームホイップから中島の腕を捻り山下にタッチ。山下はひねられた腕にキックを放つと、スナップメイヤーからスリーパー。さらに回転させてキャメルクラッチに移行するが、中島はその指を噛んで抜けだすも、山下は容赦無いサッカーボールキックを中島に叩き込み坂崎にタッチ。

坂崎は中島にダイヤル固め。これを返されると坂崎は山下にタッチ。山下はボディブローからコンビネーションキックを叩き込みフォールも2。
山下は中島をロープに飛ばすが、中島はスランディングで避けるとロープ際で山下を転ばせそこへヘッドバッドを投下。中島はえーりんにタッチ。

えーりんは串刺しドロップキックから逆コーナーに走らせて再度串刺しドロップキック。えーりんコールを客にお願いしたえーりんは山下にラリアットを放つが、山下はボディブローからミドルキック。これをキャッチしたえーりんがエルボーを足に落としてから水餃子固め。これをえーりんがクロスアーム式キャメルクラッチに移行したところで坂崎がカットする。えーりんは改めて焼き餃子からフォール。返した山下に向かってロープに飛ぶが、これを場外の坂崎が足を取りこけさせると、山下がえーりんを羽交い締めにしてそこへ坂崎がスワンダイブ式ウィッチリングインからほうき攻撃。だがこれが誤爆しそこへ中島が山下にネックブリーカードロップからえーりんが山下にランニング飛びつきラリアット。フォールも2。
えーりんは揚餃子固めを狙うが、山下はニーリフトからスピンキック。さらにブラジリアンキックからクラッシュ・ラビット・ヒートを叩き込み3カウントを奪った。

第3試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第3試合まず女色ディーノが会場に女子が少ないということで試合をボイコット。その代わりに男色ディーノが試合に出場することに。

先発はディーノと高梨。声援合戦からなぜかじっくりとした攻防へ。やっと組むと高梨が手首を極めていくが、ディーノは逆に高梨の手を取ると自分の股間にあてがい、倒れた高梨をバックから掘っていく。これはたまらず高梨がロープへ。両者タッチ。

ロープにもたれかかるヨシヒコにニラはヘッドロック。ヨシヒコはニラをロープに飛ばすと、延髄斬りで迎撃。腕を振り上げたところで高梨が入ってきてヨシヒコを高角度のボディスラムでリングに叩きつける。吉井このリングシューズが脱げるが、それをニラが投げ捨てそれにレフェリーが気を取られている隙にニラはヨシヒコを傘で刺していき高梨にタッチ。
高梨は倒れるヨシヒコの顔面を踏みつけていくが、ブーイングを浴びると逆片エビ固め。ヨシヒコはなんとか張ってロープを掴む。
ニラはヨシヒコの頭を掴みエプロンに降りると、ヨシヒコに場外ブレーンバスター。場外に叩きつけられたヨシヒコをニラはリングに戻すとすぐさま高梨がフォールも2。
高梨はヨシヒコをコーナーに押し込み串刺し攻撃を狙うが、ヨシヒコは足を伸ばしカットするとコーナーに登りダイビングクロスボディアタック。そのままフォールするも2で返され、ヨシヒコはディーノにタッチ。

ディーノは独特なボディアタックから高梨にナイトメア。これをニラが助けに入りナックルを入れるが、そのままディーノは尻を高梨の顔面に落としていく。ディーノはヨシヒコにタッチ。

ヨシヒコは高梨に輪廻転生からフォールも2。ディーノが出てきてニラにファイト一発から男色ドライバーを狙うが、ニラはロケットパンチで逃れると高梨のトラースキックとニラの低空延髄斬りの同時攻撃。
高梨はヨシヒコをニラに投げつけると、空中にでニラがキャッチしパイルドライバー。さらにニラはヨシヒコを空中に投げ再度パイルドライバー。二人がかりでヨシヒコをフォールするもこれはヨシヒコがキックアウト。

ニラと高梨はダブルのブレーンバスターを狙うが、ヨシヒコは二人まとめて逆にブレーンバスターで投げ捨て、そのまま場外に落ちた二人にヨシヒコはコーナーに飛び乗り六次元殺法プランチャ。
ヨシヒコはニラを場外に入れると、そのニラへディーノがリップロック。さらにファイト一発からヨシヒコが大回転のコルバタでディーノのパンツにニラを叩き込み、ディーノが真・男色ドライバーで3カウントを奪った。
2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第3試合勝者試合後、株式会社ミクシィから勝利者賞が贈られたが、贈呈に来たミクシィのお兄さんはディーノから熱いリップロックの洗礼を受けた。

第4試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第4試合①まずは平田がニコニコお兄さんとともに入場し二人でダンスを披露。続いて佐々木が入場し試合が開始。
ハイスピードな攻防から平田がドロップキックで倒す。平田はガットショットからロープに飛ぶも、佐々木がドロップキックで迎撃したところで第3選手入場。ここでのの子が登場し、試合を無視してファンに媚びる。佐々木と平田は中央でエルボー合戦。のの子は巨乳アピールを行うが、平田と佐々木がなぜかその巨乳が気になりエルボー合戦が中断する。そこへ第4入場者の遠藤が入場。のの子は佐々木と平田にKカップアタックを見舞っていたが、そののの子を遠藤は蹴散らすと、佐々木にドロップキックを叩き込む。そこへ平田が背後からハンマーを落としコーナーに振るが、遠藤がそのままエプロンに出て走りこんできた平田に蹴りを見舞うとスワンダイブ式のダブルチョップでフォールも2。
遠藤はムーンサルトフットスタンプを投下するが、平田が避けてコルバタで投げ捨てる。ここで第5入場者のヤス・ウラノが入場。

ヤスは平田と遠藤の背中にチョップを落とすと、のの子と睨み合いガットショットからラリアット。のの子はそれを避けヤスに手ぶらツイスト。ヤスを離すと続けて佐々木にも手ぶらツイスト。続いて平田にも手ぶらツイストをしたところで遠藤がドロップキックを叩き込み、遠藤に佐々木がコルバタから走りこむが、遠藤がショルダースルーで佐々木をエプロンに落とす。そこへ第6入場者の宮武が入場。

宮武はヤスにショルダータックルから平田にボディスラム。続いて遠藤をスパインバスターでリングに叩きつけると、のの子と目が合い巨乳には攻撃できないと苦悩。のの子は宮武にKカップアタックからエプロンの佐々木にもKカップアタック。これで佐々木は場外に落ちOTRで失格。そののの子を背後からヤスが担ぎ上げ場外に投げ捨てのの子もOTRで失格。ここで第7入場者の清水愛が入場。

平田が清水の髪を掴み、ブレーンバスターを狙うが逆に清水がブレーンバスターで投げ捨てる。そこをヤスが清水を掴みコーナーに振って走りこむが、清水は足を伸ばしカットするとヤスにトリープフリューゲル。その勢いで場外に落ちたヤスに、清水はセカンドロープの間からエプロンに出てコーナーに登ると場外ダイビングクロスボディアタック。ここで第8入場者のMIKAMIが入場。

遠藤と宮武がエルボー合戦からショルダータックルの打ち合い。遠藤が打ち勝ったところへMIKAMIがスワンダイブ式チョップを打ち込み、倒れた遠藤に向け宮武にデュランダルを投下。MIKAMIは宮武の顔面を踏みつけロープ際にハーフダウンにするとミッキーブーメラン。さらにスワントーンボムを叩き込み、弱った宮武を場外に投げ捨て宮武はOTRで失格。ここで第9入場者の彰人が入場。

遠藤がMIKAMIを投げようとするがMIKAMIは着地。そのMIKAMIがウラカン・ラナを仕掛けたところで、遠藤はそれをキャッチしパワーボムを狙う。だがそのままMIKAMIが暴れてロープ際まで行くと、遠藤を巻き込んで場外に落下。これで遠藤とMIKAMIはOTR。

ヤスに平田がエルボー連打からロープに飛んで走りこむと、平田はアームホイップでヤスを場外に落としOTR。

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第4試合②平田は場外の清水愛をリングに入れると、彰人に結託して清水に攻撃しようと要求。だが彰人はその平田の背中にチョップを落とすと、清水とダブル攻撃を狙うが、これを避けた平田が彰人を突き飛ばし清水に誤爆させる。
平田は彰人に延髄斬りからスライディングキックを放つが、これを彰人が避けたもののその先に清水が居て、清水の顔面にドロップキックが炸裂する自体に。彰人は清水に謝るも、その隙に平田がスクールボーイで彰人を丸め込みフォールも2。続いて飛びつき前方回転エビ固めを仕掛けるも2。さらにバックを取っていくが、彰人はそれを抜け平田の両足を掴むとスープレックス。
彰人は平田をコーナーに座らせるとキン肉大移動を狙うが、平田が着地し逆さ抑えこみを狙う。お互い逆さ抑えこみを狙い腕が絡んだところで、清水愛が足をすくいハーフダウンになった所を二人まとめて丸め込みダブルフォール。漁夫の利を得て清水愛が勝利した。
勝利した清水愛にはniconicoよりニコニコ超会議ご招待がプレゼントされた。

第5試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第5試合①試合開始前、出場する4選手に株式会社ディー・エヌ・エーより『Yahoo! Mobage』の公式見習いガイドであるヤバミちゃんがデザインされたヤバミちゃんTシャツが贈呈された。
先発はイオと木村。木村は竹下を要求するが、イオがこれを止め中央で力比べを要求も、木村はそれを受けるか観客に聞く。これで木村コールが起き力比べへ。木村がイオを押しつぶし、ブリッジになったイオの上に乗り膝を入れていく。それに耐えたイオが巻き込んで木村を立たせると、組付き式のアームホイップで投げドロップキックを放つがこれは木村が避けストンピング。木村はヘアーホイップで2連続でイオを投げ、3回めを狙うがこれはイオが着地し木村を丸め込むもすぐに木村はキックアウトし距離を取る。両者タッチ。

竹下と大石となり、大石がガットショットからヘッドロック。これを竹下が押して逃れようとするが大石が髪を掴む。これを強烈なチョップを竹下が放ち、大石をリフトアップしアティテュード・アジャストメント。
大石は竹下の顔面をかきむしりコーナーに叩きつけると木村にタッチ。
木村は竹下をロープにもたれさせると、大石とともに顔面に攻撃していく。改めて逆方向のロープに竹下をもたれさせほっぺたをつねっていく。木村は大石にタッチ。

大石と木村はダブル攻撃から大石がストンピング。フライングメイヤーからフィストドロップ。竹下の強烈なエルボーに大石がナックル。これに竹下はグーで攻撃しようとするもチョップを叩き込み竹下はタッチしようとするが、大石はその足を掴んで逃さない。木村も出てきてトレイン攻撃を狙うが、竹下は先に走ってきた大石を避けて木村にゼロ戦キック。大石にもドロップキックを叩き込みイオにタッチ。

イオは大石に側転エルボーからフェースクラッシャー。フォールも2。大石はイオの顔面につば攻撃。これに怒ったイオは大石に619。大石はそのまま木村にタッチ。

木村はイオの顔面につば攻撃からエプロンのイオをぶっこ抜きブレーンバスターを狙う。イオはそれをロープの反動をつけジャンプして逃れると走りこむが、それを木村はキャッチしボディスラム。フォールも2。

イオは掌底アッパーカット二連発からミドルキック。木村はこれをキャッチしその足へエルボードロップからブレーンバスターを狙うが、イオは胴締めフロントネックへ。木村はそのまま立ち上がりそのイオをブレーンバスターで叩きつける。

木村はケンカキック連発からロープに飛ぶが、イオはウラカン・ラナで丸め込みフォールも2。イオは竹下にタッチ。

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第5試合②竹下はバックドロップを狙うが、木村はそれをエルボーでこらえる。だが竹下は強引にブルーサンダーを叩き込みフォールも2。竹下と木村はエルボー合戦。竹下がロープに飛ぶが木村は追走してビッグブーツ。今度は木村がロープに飛ぶが竹下が追走ビッグブーツ。竹下はブレーンバスターで投げようとするが、そこを木村が卍固め。イオがカットに出てくるが大石がイオにコブラツイスト。これを離すと木村は大石にタッチ。

大石はダブルチョップで竹下を倒しフォールも2。大石はエルボーからローリングエルボーを狙うが、竹下がガットショットでカットしヘッドバッド。ロープに飛んでラリアットをはなつが、これを避けた大石がバックを取るも、竹下がバックをとって投げようとするが、それを大石がヨーロピアンクラッチで丸め込むも2。そのままサムソンクラッチに移行しフォールもイオがカット。

木村と大石が二人でブレーンバスターで竹下を投げようとするが、耐えた竹下の膝を蹴ってハーフダウン状態にするとサンドイッチドロップキック。さらにダブルのハンマーを狙うが、これを竹下が避けたところでイオがスワンダイブ式のミサイルキックを放ち大石と木村を蹴散らす。イオが大石を立たせようとするが、木村が背後からハンマーを落とし、ダブルの攻撃を狙うが、イオがこれを側転でカットし二人まとめてドロップキック。
リングで横たわる二人めがけて、イオは竹下の肩に飛び乗り肩車状態から竹下が補助してのセントーン。うつむく木村をイオは阿吽で場外に叩きだしそこへ場外ケブラーダ。
リング上では竹下がユルゲンラリアットからぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪った。

第6試合

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第6試合①2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第6試合②アントンは美少女化されたモンスターアーミー時代のコスチュームで入場。入江茂弘は、自信の美少女化イラストを描いた原作者のでいしろうをお姫様抱っこし入場。高木三四郎は美少女化された高木大社長のコスプレをしたシンギナツキとともに入場しダブルでファイヤー!

先発は飯伏とHARASHIMA。ゆっくりとした展開から飯伏が蹴りを放つとお互いキックの打ち合いと避けあい。飯伏がソバットから走りこむも、これをカニバサミで倒したHARASHIMAがギロチンドロップを投下。これを避けた飯伏がミドルキックを放つもHARASHIMAはこれを避け距離を取ると両者タッチ。

アントンと高木となり、高木はルチャを要求。アントンは「ノールチャ」と拒否すると高木はアメリカンスタイルを要求。組み合ってのパワーファイトから高木はアントンを突き飛ばすと「ウォリアー」と叫ぶ。アントンはパワーでは負けるとわかるとルチャを要求。
高木とアントンはロープを使ってのハイスピードっぽい攻防から高木がクロスチョップ。そして619を狙うがこれを避けたアントンとルチャっぽい攻防をし両者タッチ。

入江はKUDOにヘッドロックからショルダータックルで倒すと、KUDOは立ち上がり額をこすりつけてからショルダータックル。受けきった入江にKUDOが走れと要求すると、素直にロープに飛んだ入江をカニバサミで倒し顔面へドロップキック。立ち上がった入江を投げようとするが、こらえた入江にKUDOはロープに飛んで走りこむが、入江が横のロープに飛んでKUDOをタックルで吹っ飛ばす。ロープ際でKUDOにエルボーを連打した入江はアントンにタッチ。

アントンはスナップメイヤーから顔面を踏みつけていき、フェイスロックからHARASHIMAにタッチ。

HARASHIMAは串刺しビッグブーツからコーナーでのニードロップ連打。さらに踏みつけていくがこれは反則カウント。HARASHIMAは改めてKUDOの顔面を踏みつけてから入江にタッチ。

入江はコーナーでショルダータックル連打からヘッドバッド。続いてブレーンバスターで投げフォールも2。入江はヘッドロックもKUDOはロープに足を伸ばし、これで入江はアントンにタッチ。

アントンはボディスラムからフィストドロップを投下しフォールも2。アントンとKUDOはナックルの打ち合いからロープに飛んだアントンへKUDOがニー。さらにロープに振って帰ってきたところをミドルキックで迎撃しKUDOは飯伏にタッチ。

飯伏はスワンダイブでリングイン。これをアントンがガットショットで迎撃するが、飯伏はドロップキックでアントンを場外に落とす。そこへ飛ぼうとするが、HARASHIMAと入江が出てきてカット。だが二人まとめてオーバーヘッドキックで場外に落とすと、そこへ向け飯伏がバミューダトライアングルを狙う。だがアントンがエプロンに登りカットし場外戦へ。

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_第6試合③アントンは飯伏を椅子に叩きつけていくが、飯伏はアントンを逆にリングに叩きつけさらに客席に叩きこむと、新宿FACEの客席にある机からケブラーダを発射。
飯伏は笑顔でお客さんとハイタッチをするとアントンをリングに投げ入れる。だがアントンはガットショットからネックブリーカードロップ。そこへKUDOがダイビングダブルニーアタックをアントンへ叩き込み、そのKUDOへHARASHIMAがライダーキック。さらにそのHARASHIMAへ高木がドラゴンリングインをするも当然HARASHIMAは迎撃しロープに振るが、これを高木が逆にロープに振りドロップキックを叩き込む。その高木へ入江がガットショットからコーナーに振ろうとするが、逆に高木がコーナーに振り串刺しバックエルボーからリバーススプラッシュを投下しフォールも2。

入江が高木をコーナーに振り串刺しボディスプラッシュ。さらに逆コーナーに振って勢いをつけたボディスプラッシュからボディスラム。そこへテディベアを投下しフォールも2。
入江はコーナーに登るが、これを高木はエプロンに落としぶっこ抜き雪崩式ブレーンバスター。これで両者タッチ。

KUDOIがHARASHIMAをコーナーに振り8×4からダイビングニーを狙うが、HARASHIMAが正面に登り雪崩式ブレーンバスターを狙う。これをKUDOがナックルで落とすがHARASHIMAは助走をつけて下から二弾蹴りを叩き込むと雪崩式ブレーンバスター。フォールも2。

HARASHIMAは投げ用とするが、着地したKUDOがミドルキック。お互い蹴り合いになり、KUDOがコンビネーションキックを放ったところでHARASHIMAが水面蹴りで倒し、ハーフダウンのKUDOに延髄斬りを叩き込んだHARASHIMAはアントンにタッチ。

アントンはバイオニックエルボーを狙うが、KUDOがガットショットから延髄斬りでカットし飯伏にタッチ。

飯伏はスピンキックからアントンをロープに振るが、ルーテーズプレスからナックル連打。さらにアームドロップを投下し、そこへHARASHIMAと入江も出てきてトレイン攻撃から入江がブラックホールスラム、HARASHIMAがスワンダイブボディプレス、アントンがニードロップと続けてフォールも2。
アントンが改めてバイオニックエルボーを叩き込みコーナーに登るとダイビングフィストドロップを投下。これを飯伏が足を伸ばして迎撃し、コーナーにもたれかかったアントンへKUDOが8×4。さらに高木がコーナーにアントンを吊るしそこへKUDOがコーナーに登ると断崖式のニードロップ。倒れるアントンを高木がスピコリドライバーで叩きつけ、飯伏がその場飛びムーンサルトニードロップ。フォールもHARASHIMAがカット。飯伏はシットダウン・ラストライドで叩きつけ3カウントを奪った。

エンディング

2015-2-28リンドリ×DDT愛は逢いよりいでて_エンディング試合後高木がマイクを持つと「勝ちました! リング☆ドリームとDDTのコラボどうでしたか? リング☆ドリームさんの、プロレスラー、女体化計画が始まったこのコラボ、一時はDDTの選手全員が女体化するという一大事になりましたが、見事にこうやって盛り上がりましたよ! リング☆ドリームのプロデューサーの松田さん、どうですか? あなたが居なければ、僕らは女体化せずにすんだんだ」と松田プロデューサー(以下、松田P)をリングに呼び付ける。
リングに上った松田Pに高木は「このやろう! よくも俺たちを女体化にしてくれて! ありがとう」とすごい剣幕で感謝を述べる。そして高木は松田Pにマイクを渡すと、松田Pは「まずは先にお礼だけ言わせてください。この企画を立ち上げた時に、やってみろよと背中を押してくださった株式会社サクセスの皆さん、ありがとうございます。そして各プラットフォームの皆さん、皆さんの一人がかけても成立しなかった企画です。本当にありがとうございます。この企画お礼言わなきゃいけない人いっぱいいまして、抜けていましたらまた直接ありがとうと言わせていただきますので、特にユーザー代表ではないんですけど、今回リング☆ドリームのユーザーの皆さんにプロレスを見る機会を作っていただいた、高木大社長本当にありがとうございました。プロレスっていいですね! もちろんリンドリも良いですけど、理屈じゃないです。本当に良いものだなって思いました! DDTの会場でまたお会いしましょう。そしてまたリング☆ドリームの会場で、会場?ゲームでお会いできたらと思っております」と挨拶をした。
これを聞いた高木は「見てください! この盛り上がりを! すごいっすね松田さん! リング☆ドリーム最高ですよ! 松田さん、これ、一回で終わらしちゃっていいんですか?僕らは、僕らはいつでも心の準備は出来てますんで、どうですかね?」と問うと客席からは「もう一回!」コールが起きる。
松田Pは観客を一瞥すると「一回で終わるわけないじゃないですか!」と声をあげるが「ただ、会社の承認が必要でございます!」と付け加えると、客席で見ていた株式会社サクセスの吉成社長が手でOKのポーズを描く。
これを見た高木と松田Pは「またやりましょう!」と第二回コラボ興行開催を宣言しリング☆ドリームとDDTのコラボ興行は超満員かつ、ニコニコ生放送の来場者も2万5千人を超えた大成功で幕を閉じた。

<試合後コメント>
高木三四郎&松田プロデューサー
高木「先程もリング上で申しました通り、リング☆ドリームさんというゲームとDDTのコラボだったんですけど、ほんとに事の発端は松田さんが会社に来て頂いて、プロレスラーを女体化したんですと言われた時にはひっくり返りそうになりましたね。うちもたいがいおかしな事を考えるんだけど、やっぱゲーム業界はもっともっとおかしな事考える人いっぱいいるんだなと思いましてね、あのほんとにビックリしたんですけど、それがほんとご縁でね、こういうコラボさせていただいて、ほんと今日こういう形で一つのイベントというか興行で実を結ぶことができて、これが本当にね、コラボレーションなのかなと思いました。リング上でも言ったとおり、またもし機会があるのであれば、またね、何かやれればなと思ってますので、その時はよろしくお願い致します」
松田P「うちの会社は、先ほどリングの上で二回目とありましたけど、やると言ったらすぐやれという会社ですので、もしかしたらすぐになっちゃうかもしれませんけど、そこはあの、今回を超えるようなものを提供する準備でもうちょっと時間かけていいものを作っていこうかなと思います。今回のコラボで僕が感じたのは、色々一緒に手を取り合ってものを作ってきたんですけど、プロレス業界もゲーム業界も、変わらない一つの信念の中でものを作ってるんだなと勉強させていただきました。それはお客さんをどうやったら感動させるのかだとか、お客さんをどうやったら興奮させるのか、楽しいと思ってくれるのかというのを命がけで考えている集団なんだなというところに気づけたのが今回の興行で勉強と感動をさせていただいた部分です。ですので、今回一回という事で終わらせずに、何回も色々な形で行っていければと思っております。今回は本当にありがとうございました」

吉成社長&松田プロデューサー&でいしろう
――まずこの興行を終えて率直にいかがでしょうか?
松田P「最高でした!プロレスもゲームも最高だと思ってたんですけど、本当に作りて側の僕らが、改めて最高だなと思える興行でした」
――原作者のでいしろうさんは、自身が描いた入江選手の美少女化Tシャツを着て、本人と入場するという今までにない経験をされたと思うんですが
でいしろう「この歳になってお姫様抱っこされるなんて思ってませんでした(笑)最初の挨拶で初めての人でもDDTなら大丈夫だって言いましたけど、これはニコ生二万人以上見ていただいたんで、これもう成功ですよね。これで失敗と言われたら僕らじゃどうしようもないという。今日は最高でした」
――吉成社長、最後客席からの「もう一回」という声にOKサインを出しておりましたが
吉成社長「いやー、もうOKするしかないでしょう(笑)いやー、楽しかった!」
でいしろう「社長自身もお強いんでね。柔道6段持ってる」
――DDTプロレスは実際生でご覧になるのは初めてだったと思いますがいかがでした?
吉成社長「楽しかったですね想像以上に」
――今までご存知だったプロレス団体とは違いましたか?
吉成社長「初体験なんですけどね、これ程とは思わなかったですね。まあ、本当にもっともっと大勢の人に楽しんでもらいたいですね。まあ本当はゲームを楽しんでもらわなきゃいけないんだけど(笑)」
でいしろう「そこは細く長く行きましょう」
吉成社長「ゲームを楽しんでもらって、本当のプロレスも楽しんでもらえれば言うことないですね」
――本日日本全国からこれだけのユーザーがリアルイベントに集まるソーシャルゲームというのは他にないと思いますが、改めてリング☆ドリームというゲームをどうお考えでしょう?
吉成社長「おそらく、ゲームでこんなイベントが出来たっていうのはゲーム史上初めてじゃないかと思うんですけど、またこういう風なことがゲームと絡めてできる事をもっともっと企画したいですね。本当に上手く絡められた企画だったと思います。他にも色んなゲームうちはやってるんで、これからもチャレンジします」
――その言葉を受けて、松田Pいかがでしょうか?
松田P「そうですね、今回の興行というのは本当に多くの方々のご協力がありました。4つのプラットフォームの皆様が共に手を取り合って、この企画を支えてくれたっていうのも作っている中の部分のお話ですけど本当に心から嬉しくて感謝したい気持ちでいっぱいでしたね。あとDDTさんと僕たちはゲーム業界で彼らはプロレス業界で、やはり中々アナログな部分とデジタルな部分で、なんでしょうね、連絡が遅かったりだとか中々意思疎通ができないという所から始まったコラボレーションだったので、それが今回のこの興行の時に皆が本当に健康的なお付き合いっていうんですかね?背筋伸ばしてこの興行を本当に作りあげれたっていうのが本当に感謝ですし、観客の皆さんの熱い声援がですね、この興行が成功だったんだって思わせていただいたので本当に最高でした」
――原作者のでいしろうさんはリング☆ドリームを20年続けてリアル興行に辿り着いたと思うんですが、今後のリング☆ドリームをどのようにお考えでしょう?
でいしろう「今年で22年目になるんですけどね、もうここまで来ると欲が出てきますので、僕はワガママを社長と松田さんに言って、ちょっとおねだりしようかなと思ってます。僕はゲームの方は血を吐くまで続けていきますんで、それ以外の所をね」
松田P「こちらこそ。先生あってのリング☆ドリームですので」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る