ザ・クレイジーSKBインタビュー[第2回]旗揚げから1年でディファ出禁!それでも10年以上続いた666が解散の危機!?

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

暗黒プロレス組織666が、大変な事態になっている! 666ファンの中には「微笑ましい光景」なんて思っている人もいるかもしれないが、10年以上も団体をやっていればいろいろと問題が出て来るのは事実だ。
そこで滅多にプロレスメディアに登場しない“バカ社長”ことザ・クレイジーSKBを直撃! 666は大丈夫なのか、どうなっていくのかについて聞いたのはもちろんだが、気付けば666も旗揚げしてから10年以上が経ち、所属選手も結構な人数の団体となった。しかし団体の性質上(主にバカ社長の試合)、なかなか666が使える会場がなかったり、数々の苦労があったという。
そんな666にとって大きなターニングポイントになりそうな6団体が一斉に旗揚げ戦を行う2.28新木場大会『666 vol.62』を翌日に控え、バカ社長の666への思いを今一度確かめると共に、今回はバカ社長以上にメディアに登場することがない、彼岸花毒美666代表と怨霊にも同席いただいた。バカ社長について、そして666という団体について語り尽くす! なお、たまたま近くにいた山田太郎も時々登場している。
【取材・文/佐瀬順一】

ーー暗黒プロレス組織666が旗揚げから1年が経った頃、社長の中でビッグマッチを大きな会場でやりたいという思いはあったんですか?

ザ・クレイジーSKB(以下社長)みんなの中で。あとバトルスフィア自体がなくなってしまって……

彼岸花毒美(以下毒美)そうそう。(2005年から埼玉県の)越谷市に移転したんだけど、そこは会場も小さくなってしまって別冊666くらいしか出来なくて。それで会場がなかったので……。コンサートとかもそうですけど、演出面について会場側とは事前に打ち合わせするんです。で、ディファ側とも「演出はこういう感じで」っていう打ち合わせをして、OKをもらっていたんですけどね。

社長 試合でエキサイトするあまりに暴走しちゃった感じですね。あんな別の建物(隣接するプロレスリング・ノアの事務所)に入り込むなんてことは誰も想像していなかった(苦笑)。

ーー予定調和をぶっ飛ばせって感じですね(笑)。

毒美 私はその瞬間、すべてが終わったと思いましたよ……。借金を●●●●背負うのかなって。保険に入っておけばよかったなとか、いろいろ考えましたよ。

社長 ハハハハハ。●●●を●●●したり、ガチの●●●●●でイスの●●●●を●●●●したり、ステージから●●●●を投げたりしましたからねー。そりゃ使えなくなりますよね。でもそのあと、サブゥーエイド(2005年4月17日「WE LOVE SABU」)で出たんですよ。

毒美 サブゥーが闘病中で日本で坂井澄江選手がエイド興行をやるってことになって、「666にも出てほしい」って言われて。でも「出られるの?」みたいな話になったんですけど、シレッと出られたんですよ(笑)。

社長 (ディファの管理人が)気付いてなかったのかな?(笑)

ディファ出禁という伝説を作ったものの……

ーーでも「ディファ出禁!」みたいな話が広まって、666がより注目されるようになったというか、ある意味武勇伝というか……

社長 次の日の東スポだっけ? 結構大きく載ったんで、それで広まった部分はあると思うけど、より悪く言われるようにもなった(苦笑)。

毒美 その記事を読んで、当初はOKだった大阪の会場が「貸せない」みたいな話になったりもしましたね。

社長 記念すべき初の大阪大会で予定していた会場が使えなくなって、さて困ったと……。で、バトルスフィアみたいに「これとこれはやりません。ここまでしかやりません」みたいな話し合いをして、どうにか使えることになったんですけど、お客さんは東スポの記事を見て、ああいうのが見たくて会場に来るわけじゃないですか。

ーーあー、観客のハードルはグッとあがったのに、会場からの規制はさらに厳しくなると……

社長 そうそう。仕方なく大阪大会はシフトチェンジしたものをやったんですけど、それが悪過ぎてさらにひんしゅくを買うというね(苦笑)。「もう大阪、来んじゃねぇ!」って……

毒美 100リットルのローションの海を(中略)


ーーせっかくいい話になってきたのですが、このタイミングで宮本選手がまさかの暗黒プロレス組織からの脱会宣言。しかも忍選手や小仲=ペールワン選手、YANAGAWA選手、さらにいまシレッと横にいる山田選手まで(笑)脱会して自ら新団体を旗揚げすると言い出し、団体解散の危機に陥っちゃったわけですが……

社長 ホントですよ! まぁ会見では「もう解散だ」って言いましたけど、さっきも言った通り自分と怨霊選手がいる限りは666なんで。でも「666を守る」っていうのは自分の性に合わないんで。あいつらに合わせて新団体の涅槃プロレスを旗揚げして、あいつらの団体を片っ端から潰すことにしただけだから。

ーーあ、なるほど。そういうことなんですね。同じ土俵に敢えて立つというか……

社長 だって、そもそもあいつらだって、「やりたいことがあるんで辞めます」とか言うんだったら、自分たちで勝手に興行やればいいのに、何だかんだ言って結局は666の興行内で旗揚げ戦をやるとか言って。甘えてるんですよ!

毒美 結局最後まで生き残れるのか? やり通せるのかってことですよ。でもやっぱり最初に裏切るのは宮本だと思いましたね!

■「つづきが読みたい!」と思ったらバトル・ニュースPREMIUMへ!


ザ・クレイジーSKBザ・クレイジーSKB

日本一危険なインディーズ・レーベル「殺害塩化ビニール」の社長であり、暗黒プロレス組織666の社長。通称「バカ社長」。QP-CRAZY、猛毒、恐悪狂人団、ハイテクノロジー・スーサイド 、怪奇!!動物アジテーターのボーカル。殺(KILL)のノイズギタリスト。
2003年12月13日に怨霊と666を旗揚げし、同大会でプロレスラーデビュー。現在、バカ社長の試合は様々な事情により、バトル・ニュースでもニコプロでも報じることが出来ないので、バカ社長の試合が見たければチケットを買って会場まで行くしかない。

殺害塩化ビニール
暗黒プロレス組織666

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る