なべやかんが世界最小王者となるもダンカンプロレス軍団に怒り!「仲間を使い捨てるのはたけし軍団と同じ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、東京都・新宿FACEにてベストボディジャパンプロレス『BEST BODY MANIA 2020 ~2周年記念大会~』が行われ、なべやかんがダンカンプロレス軍団からBBW無差別級王座を奪還した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 BBJは旗揚げ以降月に1度のペースで大会を開催してきたが、新型コロナウイルス流行の影響を受け、今年2月の新木場1stRING大会を最後に活動自粛。今大会が約半年ぶりの再起動となった。

 現在BBJは元たけしプロレス軍団(TPG)のダンカンが結成したヒールユニット“ダンカンプロレス軍団(DPG)”の侵略を受けており主要王座をDPGが独占。
 当大会のメインイベントでは、DPGのベストボディ・ベイダーが持つBBJの至宝・BBW無差別級王座に元オフィス北野のタレント・なべやかんが挑戦。やかんはパワーリフティングやベンチプレスの大会で数々の優勝経験を引っさげ、BBJ旗揚げとともにプロレスデビューを果たして現在は同団体のエースとして活躍している。

 試合が始まると両者ともに堅実なレスリングテクニックを競い合う展開となるものの、やかんがティヘラやミスティカなどの身軽さを生かした空中殺法で翻弄し、スパインバスターからピープルズエルボーで決着と思われたが、DPGの面々がレフリーを暴行してカウントを止め、やかんを袋叩きに。
 ここで正規軍のセコンド陣もなだれ込む総力戦となり、再び1vs1の場面を得たやかんはベイダーのV.V.V(ダブルアームDDT)を耐え、ミスティカ式スモールパッケージ、外道クラッチと丸め込みで粘った上で胴絞めスリーパーホールドで絞め落として至宝奪還に成功した。

 この日、直々に登場して試合を見守っていたダンカン総帥は、「お前はやる奴だとずっと思ってたよ。それからもう1つ。22日、50歳の誕生日、おめでとう」と素直にやかんを讃え、今月22日に50歳の誕生日を迎えたやかんを笑顔で祝福。
 しかし、敗れたベイダーには「役に立たないものは処分だ。始末しろ!ウチは使い捨てなんだよ!」とDPGの面々をけしかけ、ベイダーを袋叩きに。
 やかんは「それじゃたけし軍団じゃないか!」と叫んで仲間たちとDPGを撃退してベイダーを救出。ベイダーと固く握手を交わして正規軍に迎え入れた。

 やかんは「コロナ禍で仕事がなくなりまして、50歳になってからの初仕事がこのプロレスでした。まさか、50歳になって自分がこういうプロレスやるとは思いませんでした。自分の父親が50のときになにをしていたかと思い出してみると、ちょうど50になったときに明大替え玉事件の記者会見してました。自分が50になったときどうなるのかと思ってたけど、このようなベルトを取ることが出来ました!」と喜びの声を上げ、観衆とともにBBJポーズを決めて大会を締めた。

 バックステージでやかんは「ベイダー自身が最強のチャンピオンだったのに、それにDPGが入ってくるなんて無茶苦茶ですよね。ホント『ダンカン馬鹿野郎!』の世界ですよ。DPGもたけし軍団の遺伝子を継いでますね、アレは!ホントに無茶振りの世界で、信用してると爆発する世界ですからね」とDPGについてしみじみ語る。
 そして「現役男子レスラーの中で僕が一番背が小さいそうです。『僕より下はミゼットレスラーだ』って」とDDTの現無差別級王者・遠藤哲哉から聞いたというエピソードを語り、「僕が世界を獲った最小レスラーですよ(笑)世界最小のチャンピオン!」と笑顔を見せた。

 なお公称ではなべやかんは156cmとなっており、大日本プロレスの佐久田俊行が155cm、レアルルチャリブレのヴァンヴェール・ジャックが15歳なため、実際に世界最小レスラーなのかは不明だ。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×