【プロレスラーが畜産業を応援!】大阪府和泉市議会議員のスペル・デルフィンが千葉県名産『しあわせ絆牛』を絶賛!「自粛から開放されたプロレスの応援をよろしくお願いします!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 プロレスラーが新型コロナウイルスに苦しむ畜産業を食べて応援!

 現在、畜産業界は新型コロナウイルスの影響で外食産業が停滞し、インバウンド需要の低下などもあって消費が非常に落ち込んでいるという現状がある。
 今年4月に緊急事態宣言が発令される前から食肉の相場は下がり始め、全国的に解除された今でも相場はじわじわと下がり続けている。第一次産業では消費が落ち込んでもすぐに生産量を減らすことが難しいという側面がありつつも、生産者としては牛に愛情を持っているからこそ、精魂込めて育ててきた牛肉を広く消費者に届けたいという切実な思いがある。

 そんな状況の中、東日本産直ビーフ研究会会長の岩渕一晃さんが「牛肉を通じて皆さんと一緒に世の中を盛り上げていきたい。みんなが食卓でお肉を食べて笑顔になって欲しい」という思いから立ち上がった。
 岩渕さんは、思うように試合ができず、自宅などでトレーニングに励むプロレスラーの体作りに貢献するため、そしてお肉を食べて元気になってファンに素晴らしい試合を届けてほしいという思いから、国内男子プロバスケットボールリーグ『Bリーグ』のチェアマン就任が決まり、酪農発祥の地・千葉県でブランド牛『しあわせ絆島田牛』を手掛ける島田慎二さんの協力を得てプロアスリートたちにしあわせ絆牛を贈呈。
 プロレス界には愛媛プロレス代表のキューティーエリー・ザ・エヒメが仲介し、全国各地の団体に所属するプロレスラーたちにしあわせ絆牛が届けられた。

 今回は、ジャパニーズ・ルチャの立役者の1人でありユニバーサル・プロレスリングやみちのくプロレスで活躍し、現在は出身地である大阪府・和泉市で市議会議員を務めるスペル・デルフィンがしあわせ絆牛の魅力をレポート。
 大阪プロレス、沖縄プロレス、海鮮プロレスとローカルインディープロレス団体を数多く創設し、全国各地を回って美味しいものを食べてきたデルフィンがしあわせ絆牛を絶賛!

――新型コロナでの自粛期間はどのようにすごしていましたか
「自粛中は、何十年か振りに『24』を見ています。しかも最終シリーズの逆から!やはり面白過ぎる!」

――しあわせ絆牛はどのように食べましたか?
「開封したら、ステーキが!!よし!昨夜も食べた世界一好きなリベラの味を再現だ!」

――お味はいかがでしたか
「流石にリベラ風にはならなかったが、素材が良いので、リベラ以上の味になりました!やはり味は素材!」

――徐々に規制も解除され、ようやくプロレスの大会が開けるようになってきました。プロレスを楽しみに待っているファンへのメッセージをお願いします!
「そろそろ自粛から開放されプロレスなどのスポーツが再開。無観客試合から始まりますが応援お願いします!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×