コロナ禍を打ち破るべくローカルインンディー団体が協力し5都市にまたがる『プロレスリレー配信』を開催!【後編】

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、ツイキャスプレミア配信にて、4団体が参加し5都市に跨って展開する『プロレスリレー配信』が行われた。

 新型コロナウイルス流行拡大による興行自粛で思うように大会が開催できずにいる間にも各選手たちはファンに向けてYouTubeやツイキャスなどを用いて無観客試合などの配信を実施し、プロレスの歩みを止めること無く活動を続けてきた。
 ビリーケン・キッドも4月から無観客の有料生配信にて『プロレス教習所』を開催しており、この流れが全国各地のローカルインディー団体の選手たちに波及。今回の企画は「ツイキャス配信で全国を繋げよう」という想いから、チームでら(愛知県)、プロレス教習所(大阪)、HEAT-UP(神奈川県)、2AW(千葉県)の4団体+フリーの選手たちが参加。各選手が個別に配信してきたものを一本の番組のようにして1つのアカウント・配信で各地のプロレスが見ることが可能な配信が実現した。

【前編】http://battle-news.com/?p=59870
 配信前半では、配信による新しいプロレス興行の形を追究する“ツイキャス革命戦士”と、それに反目する“非革命戦士”による抗争が展開され、大会オープニングに登場したプロレスライターの須山浩継氏の身体を4つ(上半身・下半身・メガネ・ハンチング帽)にバラバラにして全国4地域に封印してしまったため、各地域の選手たちがこれを取り戻していく姿が配信されるという『キン肉マン』を彷彿とさせるストーリーが展開。神奈川では下半身を、名古屋では上半身を取り戻し、戦いの舞台は3つ目の都市・千葉へと移った。

 千葉では最上九がリング上でのプロレスの試合と配信ブースでのスマブラの試合を交互に行い勝利ポイントが上回った方の勝利という“プロレス×スマブラミックスルール”を提唱。(※プロレスでの勝利は3ポイント、スマブラでの勝利は1ポイント。どちらかがプロレスの試合で勝利した時点で点数が上回っていた方の勝利)
 翔太に東京ばな奈を贈られたことで買収されて非革命戦士となった花見達也が千葉県の某テーマパークの年パスで買収した笹村あやめと共闘して吉田綾斗とのプロレスの試合をドローで終えると、スマブラの試合で花見がガノンドロフで吉田のオリマーを完膚なきまでに叩き潰して勝利。
プロレスの試合はドローが続き、吉田が64時代から使い続けているカービィで花見のメタナイトを葬って一矢報いるものの、花見のワリオが吉田のソニックを破り、さらに花見がデデデ大王で吉田のミュウツーを倒して連勝。
 勢いに乗る花見はそのままリング上での決着を狙うが、試合を前にして笹村が花見を裏切り花見は孤立してしまう。花見は須山氏の魂が封印されたメガネを人質ならぬメガネ質に取るが、吉田はこれを奪い取って場外に叩きつけて破壊し、花見をバックドロップで叩きつけて3カウント。

 須山氏の魂はメガネとともに天に召されてしまったかと思われたが、実は買収されたフリをしていただけだった笹村がスマブラの試合中にメガネをニセモノと入れ替えていたことが判明。千葉の革命戦士たちが3つ目のパーツを取り戻し、舞台は最終決戦の大阪へ。

 舞台が大阪に移ると、チャイエスに洗脳されたビリーが織部のリンパを流している姿が映し出されるが、ここでツイキャス革命戦士のアルティメット・スパイダーJr.が救出に駆けつける。しかし洗脳されたビリーは織部を身を挺してかばい、ビリーとスパイダーのシングルマッチが行われることに。
 織部にそけい部のリンパを流されてパワーアップしたビリーはスパイダーを圧倒し、悪徳レフリーと化した織部のサポートも得て一方的な試合を展開。そしてビリーはスパイダーが着ていたプロレス教習所のTシャツを足蹴にすると、スパイダーは「リレー配信でつながったレスラー・団体、みんなの気持ち!100名以上の革命戦士の気持ちを胸に俺はここでやられるわけにはいかない!」とジョイナスボムで叩きつけるとビリーの洗脳が解け、2人で織部と共闘することとなる。

 しかし、織部はリングの4隅でロープを固定するためのターンバックルを1つ抜き取ってしまい、受け身1つ取っただけでリングが崩壊する危険な状態にしてしまう。ターンバックルでスパイダーを殴りつけた織部がボディスラムで叩きつけるがリングは崩壊せず。織部は困惑するが、なんとビリーがリングの下に潜り込んでジェロニモのごとく一人でリング上のすべてを支えていたことが判明する。そしてここに三原一晃が飛び込んできて織部をラリアットでなぎ倒すアシストを見せ、ジョイナスアローで叩きつけて3カウント。
 プロレスリングチャイエスの旗揚げに失敗した織部だったが、「熱い試合をしてファンを喜ばせたい」というレスラーの意地を叫び、織部の3人駆けが決定。
 織部はスパイダー戦、三原戦、ビリー戦と熱い気持ちをぶつけていくも三連敗を喫する。しかし最後はどこかやり遂げたような晴れやかな表情でビリーと握手を交わして若いし、織部が須山氏の魂が宿ったハンチング帽をネット回線を通して東京へ送る。

 そして配信は最後の舞台である東京へたどり着き、パーツが全て揃って復活した須山氏がオープニングで出来なかった腕立て伏せ100回を達成し、「プロレスリレー配信、レッツ!ジョイナス!」の掛け声で締めた。

 コロナ禍に見舞われたプロレス界は、少しずつ以前のそれとは形を変えつつある。
 会場での有観客試合が開催できなくなった3月頃から各団体が無観客試合配信を始めたり、選手個人の配信活動の輪が広がって行ったりと、インターネットでの情報発信がより活発となっていった。そして、さくらえみが旗揚げした『チョコレートプロレス』はYoutube Liveでの配信を前提とした無観客団体としてYoutubeの投げ銭システム『スーパーチャット』を収入源に活動する形で運営されるなど、時代に適応した新たなプロレス団体も誕生している。

 今回の配信ではプロレスとゲーム配信の融合や、全国各地で同時進行していくストーリーなど、ネット配信試合であることを最大限に生かした工夫が凝らされ、積極的な試行錯誤が行われた。
 時間や場所などの生観戦にかかる物理的な制限が取り払われ、“臨場感”という補正が受けられない“プロレス配信”というジャンルでは従来とは違ったアプローチと、それにしかない魅力の追究が求められる。当企画が各選手たちの思いがリレーのようにつながって実現したように、この配信によってまた別の団体・選手にバトンが渡っていくことを願いたい。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×