【試合詳細】6・21 愛媛プロレス自主興行 【四国統一ヘビー級】KURUSHIMA with大向美智子vs石鎚山太郎 withキューティエリー・ザ・エヒメ ザ・グレート・サスケ&新崎人生vsスペル・デルフィン&イマバリタオル・マスカラス

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『愛媛プロレス自主興行』
日程:2020年6月21日(日)
開始:15:00
会場:愛媛県・愛媛プロレス道場
観衆:無観客・LIVE配信

▼練習生マッチ
○新家雄大(練習生)
5分30秒 逆エビ固め
●星野友明(練習生)
※新家がヤングオレンジ杯優勝

▼6人タッグマッチ
[伊予魔神軍]"Cock Robin"the PSYCHO(フリー)/土屋クレイジー(エゴイストプロレス) /○KOSHI withブラッディ・オレンジ
11分30秒 朝刊スラム→踏みつけ式体固め
●メイプル・グリズリー/マツヤマ・ウォリアー/鬼王丸

▼どたばたばたばたバトルロイヤル
○愛媛の山下
15分17秒 エビ固め
●アルティメット・スパイダーJr.(フリー)

<退場順>
キスパンマン→ミ・カーン→肱川アラシ(練習生)→凡人パルプ→越智建貴(練習生)→さだみさし(練習生)→棚ボタ弘至(だらず)

▼タッグマッチ
○ザ・グレート・サスケ(みちのく)/新崎人生(みちのく)
12分30秒 サスケ・スペシャルX ver10.2 セグウェイ(物まね禁止)→片エビ固め
スペル・デルフィン(海鮮)/●イマバリタオル・マスカラス

▼四国統一ヘビー級選手権試合
【挑戦者】●石鎚山太郎 withキューティエリー・ザ・エヒメ
21分53秒 大向の竹刀攻撃→逆さ押さえ込み
【王者/伊予魔神軍】KURUSHIMA with 大向美智子
※KURUSHIMAが2度目の王座防衛に成功

愛媛プロレスがコロナで流れたビッグマッチを2ヶ月半越しで開催!伊予魔神軍のKURUSHIMAが山太郎を撃破して四国統一ヘビー級王座を防衛!サスケ、人生、デルフィンが参戦のルチャマッチは気功のうどんが舞う乱戦?!

オープニング

 まずは全選手・練習生の入場式が行われ、恒例のオープニングアクトとして全員でダンスを披露。続けてプロレスを初めて見るという視聴者のために練習生の愛媛の山下と肱川アラシがルール説明の模擬戦を行った。そして恒例のイベントとしてゴングキッズたちがリングに上がり、エリーの手にするゴングを1回ずつ鳴らして大会のスタートを宣言した。

第1試合


 練習生同士のシングルマッチは、練習生達によるビッグマッチ出場をかけたヤングオレンジ杯を勝ち抜いた両者の決勝戦。愛媛プロレスでは兄弟制度を取っており、星野にはHAYATO、新家にはパルプとそれぞれ兄弟子の選手がセコンドに付く。
 両者試合前にクリーンに握手を交わしてからゴングが鳴らされると、両者アップライトに構えながらリングを周りロックアップからリストの取り合い、ヘッドロックからグラウンドへと発展するも両者クリーンブレイク。
 再び距離を詰めると、再びロックアップで組み合い、互角と見るや両者エルボーで正面から打ち合っていく。星野が連打していくと新家は「もっと来いやぁ!」とさらに打撃を誘い、さらに星野が連打していくも、キックボクシングをバックボーンに持つ新家の強烈なミドルキックが炸裂。新家はさらにショルダータックルで星野を吹き飛ばし、体重を載せたストンピングを連打。星野はなんとか起き上がってみせるが、起き上がり際に新家がさらにミドルキック。新家は逆エビ固めで仕上げにかかるが、星野はプッシュアップして自力でロープブレイクする意地を見せる。
 新家はさらにエルボー連打からロープに飛ぶが、星野は高身長の新家の顔面に突き刺さる高度のあるドロップキックを放って一矢報いると、コーナーへ串刺しバックエルボーを2連発。さらにロープに振ってドロップキックを見舞い、さらに低空ドロップキックで追撃。星野はエルボー連打からもう一度ロープに振ろうとするが、新家が振り返してミドルキック。さらに新家がブレーンバスターで叩きつけるも星野はカウント2でキックアウト。
 新家は強烈なサッカーボールキックを叩き込んでいき、ロープチャージしてPKを叩き込む。これを返されると再び逆エビ固めに持ち込んでどっしりと腰を落としていき、星野がプッシュアップすると無理矢理中央に引き戻す。これには星野も限界を迎え、無念のタップ。新家がヤングオレンジ杯優勝を果たした。

第2試合


 リング上に全選手が出揃い、選手コールの最中に伊予魔神軍が奇襲してゴング。
 全員入り乱れた場外戦となり伊予魔神軍の面々がリングやナックルなどを使った反則攻撃で痛めつけていき、リング上ではPSYCHOが鬼王丸を、クレイジーがメイプルをスローしてぶつけようとするが、正規軍が振り返して逆に正面衝突させ、それぞれの相手をショルダータックルで吹き飛ばしてみせる。
 続いてウォリアーとKOSHIの対面となると、体格で勝るウォリアーがショルダータックルで吹き飛ばし、ニールキックで追撃。さらにボディスラムからボディプレスで押しつぶしてフォールもカウントは2。ウォリアーは自軍コーナーにKOSHIを押し込んで逆水平チョップを見舞ってからメイプルにタッチ。
 メイプルも逆水平チョップで続き、ロープに振ってラリアット。さらにロープに飛んでいくが、PSYCHOが場外からメイプルの足を引き倒すアシストを見せ、KOSHIはストンピング連打でやり返してからPSYCHOにタッチ。
 PSYCHOはストンピング連打からチンロック+サミング。これをレフリーに咎められると自軍コーナーに連れ帰ってクレイジーにタッチ。
 クレイジーはブラッディオレンジがレフリーの気を引いている間にPSYCHO、KOSHIとともにメイプルへガットショットを連打。さらにクレイジーはコーナーでメイプルの顔面を踏みつけていき、これをレフリーに咎められると腕を取りながらのニーリフトを連打。メイプルはクレイジーのロープスルーを返してドロップキックを放つが、これを先読みしていたクレイジーにすかされ自爆。クレイジーはフラッシングエルボーで追撃してKOSHIにタッチ。
 PSYCHOとクレイジーが相手コーナーにアタックを掛けてカットを防ぐ中、KOSHIはメイプルに逆片エビ固めも、メイプルは自力でロープへ。するとKOSHIはすぐにリング中央に引き戻して足4の字固めでギブアップを迫る。メイプルがこれもなんとかロープブレイクすると、KOSHIはPSYCHOにタッチ。
 PSYCHOはトップロープ越しに飛び込んで背中から押しつぶし、さらにブレーンバスターを狙っていくが、メイプルがこれを耐えるとクレイジーが加勢してダブルのブレーンバスターを狙う。なおもメイプルが耐えると2人でロープに振っていくが、メイプルはフライングダブルラリアットで2人まとめてなぎ倒し、鬼王丸にタッチ。

 鬼王丸はPSYCHOにランニングエルボーを見舞い、突っ込んできたクレイジーにはジャンピングエルボー。さらにKOSHIにも向かっていくが、KOSHIがロープ越しにナックルでカウンター。PSYCHOとクレイジーが鬼王丸をコーナーに振って3人でトレイン攻撃を狙うが、鬼王丸はKOSHIとクレイジーの攻撃をかわしてコーナーに重ねるとPSYCHOを持ち上げてコーナーに宙吊りに。3人重なった状態となったコーナーへ鬼王丸は串刺しボディスプラッシュ。鬼王丸はPSYCHOに串刺しラリアットを狙うが、これをブートで止めたPSYCHOはトップロープを踏み台に宙返りしてリング中央に着地。突っ込んでくる鬼王丸のラリアットを絡め取りながらの変形コンプリートショットで叩きつけ、二段蹴りをかわされながらも延髄斬り。さらにロープに飛んでいくが、鬼王丸がカウンターの掌底を叩き込むと両者タッチ。

 ウォリアーとクレイジーの対面となり、ウォリアーはクレイジーのドロップキックを被弾するも倒れず耐えて雄叫びを上げながらのミドルキック連打。さらにその腕力だけでクレイジーをぶっこ抜いてのフィッシャーマンズスープレックスホールドで叩きつける。これを返されると逆水平チョップ、ダブルチョップと叩き込んでロープに飛ぶが、クレイジーがカウンターのジャンピングエルボーを叩き込んでKOSHIにタッチ。
 KOSHIはウォリアーに前蹴りを叩き込むが、ウォリアーも前蹴りから後ろ回し蹴りでやり返し、メイプルにタッチ。
 メイプルはウォリアーと鬼王丸をともなってトレイン攻撃を見舞い、ウォリアーと鬼王丸がダブルのブレーンバスターからメイプルがボディプレス。そのままフォールに入るもPSYCHOとクレイジーがこれをカット。ウォリアーと鬼王丸が二人を排除。メイプルが決着を狙ってバックを取りに行くが、KOSHIがバックを取り返して自軍コーナーにプッシュ。待ち受けていたブラッディオレンジがムチでメイプルの頭をひっぱたくアシスト。さらにPSYCHOとクレイジーがサンドイッチ式でジャンピングダブルニーを叩き込み、KOSHIがスライディングD、ケンカキックと連撃するがカウントは2。ならばとKOSHIは首を掻っ切るアピールから朝刊スラム(チョークスラム)で叩きつけ、そのまま踏みつけフォールで3カウント。
 試合後も伊予魔神軍の凶行は収まらず、集団で対戦相手の3人やセコンドの練習生を暴行して去っていった。

第3試合


 愛媛プロレス名物のドタバタなバトルロイヤル。
 最初に入場してきたのは棚ボタ弘至。意気揚々と入場してくるが、2人目にアルティメット・スパイダーJr.が入場してくると「話が違うぞ?!いつもと違うだろ!本物の選手だろ?!」と狼狽。さらにそこへ3人目の選手としてキスパンマンがいつもように入浴剤を観客席にばらまきながら入ってくる。
 リング上では既にスパイダーが棚ボタを攻撃し始めていたが、キスパンマンがリングインするとゴングが鳴らされ、スパイダーは「始まってなかったのか!」と驚きの声を上げる。
 スパイダーとキスパンマンがロックアップからヘッドロック、ショルダータックルの攻防を繰り広げ、スパイダーの横に寝転んでかわいくグラビアポーズを決める挑発。さらにスパイダーのエルボーをかわしてヒップアタックを命中させるとロープに飛んでいくが、スパイダーが飛びついてウラカン・ラナ。これで3カウントが入り、キスパンマンが退場。
 スパイダーが棚ボタに向き直ると、棚ボタは命乞いしながら土下座。そこへ4人目として練習生の越智建貴が入場。入場の練習中に肩を脱臼したという越智だが、本部席からグッズとしてバスタオルを作る際に誰を使うかというファン投票で3票しか入らず最下位だったことを暴露されると棚ボタはずっこけリアクションを取り、越智が「3人僕に入れてくれたんですよ!ありがとうございます!」とカメラに向かって一礼。スパイダーは「3人の人が喜んでくれたらいいね」と優しくフォロー。

 越智の暴露が終わったところで5人目として練習生の肱川アラシが入場。アラシはリングインとともに「ま・さ・にストーーーーム!」と叫んでポーズを決めるが、棚ボタが「曲と被っちゃったからもう一回やったほうがいいよ」と冷静にアドバイスを送ると、無音の会場でもう一度「ま・さ・にストーーーーム!」と叫んでポーズを決める。すると、棚ボタは練習生2人を引き寄せると「どう見てもアイツが一番強いだろ?3人で力を合わせてアイツをやってやろうぜ!」と3vs1の状況を作り出し、3人でスパイダーへ太鼓の乱れ打ち。その中でスパイダーが棚ボタと場所を入れ替えるが、練習生は気付かずスパイダーとともに棚ボタへ太鼓の乱れ打ちを続ける。棚ボタは「コラ↓コラ~↑」と叫びながら脱出するが、スパイダーがツッコミのごとき逆水平チョップを叩き込む。
 棚ボタは「おかしいだろオイ!」と練習生2人の頭をひっぱたき、2人をスパイダーにけしかけてもう一度太鼓の乱れ打ちに入るが、またしてもスパイダーが棚ボタと位置を入れ替えて棚ボタが袋叩きに。棚ボタが「おかしいだろオイ!」と脱出し、「ま・さ・にストーーーーム!」と叫んでポーズを決めるアラシの頭を「うるさい!」とひっぱたき、コーナーへシュート。ここで越智、スパイダー、棚ボタとトレイン攻撃を決めていくが、棚ボタがフライングフォアアームを放ったところで越智が背後から忍び寄りスクールボーイ。棚ボタはこれをカウント2で返し、「おいおい!誰だ今やったの?!」と犯人探しを開始。最終的に棚ボタのタオルを掲げる棚ボタファンがやったという推理にたどり着いた棚ボタは、優しく注意してからリングに戻る。そして再びアラシへトレイン攻撃を始め、再び越智がスクールボーイに入ろうとするが、今度は棚ボタが事前に越智の存在を察知。棚ボタが越智へ折檻を始め、越智が「誰か助けてくださ~い!」と悲鳴を上げると、6人目の入場者としてみかんより生まれた正義の戦士であるミ・カーンが登場。
 ミ・カーンが「我こそはみかんより生まれた正義の戦士!ミ・カーン!」とポーズを決めると、越智がスクールボーイで丸め込み、一瞬にしてミ・カーンが失格。
テンションの上がったアラシが「ま・さ・にストーーーーム!」と叫んでポーズを決めると棚ボタがスクールボーイで丸め込み3カウント。アラシが失格。

 続けて7人目の入場者として凡人パルプが登場。リングインした瞬間に3人に袋叩きにされ、頭のティッシュも抜かれてしまうが、パルプは「よっしゃよっしゃ。俺の新必殺技を見せたろやないかい!」と越智をひっつかむとニーリフトで倒し、「よっしゃ見とけよ!」とコーナーへ上がっていく。しかし越智が突き落としてパルプがエプロンに落下。棚ボタが蹴り落とし、パルプが失格。

 先輩選手たちを次々と失格に追い込んだ越智は大喜びし、スパイダーが「皆さん今の見ましたか?練習生の越智くんがさっきミ・カーンから3カウントを奪って、さらに凡人パルプをトップロープから落として大金星!」と称えると越智も「次の人気投票は1位行くぞ~!」と狂喜乱舞しながらロープワークで往復していくが、疲れて泊まろうとしてもスパイダーと棚ボタがロープスルーして休憩を許さず、スタミナが切れて倒れ込んだ越智をスパイダーと棚ボタが「越智くん、お疲れさまでした」とフォールして3カウント。越智が失格。
 続けて8人目の入場者として練習生のさだみさしが『関白宣言』を歌いながら入場。曲が止まってからもさだみさしがアカペラで歌い続けて微妙な間を作り出している中で次の選手の入場曲が鳴り響く。
 そこへ、今までずっとリングの下に隠れていたと思われる練習生の愛媛の山下が9人目の入場者として登場。軽快なリズムに乗って踊り狂いながら入場した山下とみさしは響き合うものを感じたか、互いに手と手を取り合ってからみさしのギター+山下のマラカスの競演が始まってしまう。しばらくこれを死んだ目で見つめていた棚ボタだったが、エアーでない本物のギターを奏でるみさしになにか感じるところがあったのか突如スクールボーイで押さえ込んで3カウント。みさしが失格。
 すると、残された山下は「みさしぃ~~!」と号泣。ブルブルと震えた山下は「YOU!!」と棚ボタを指差すと、棚ボタ、スパイダーとマラカスで殴りつけて圧倒していく強さを見せ「みさしぃ~~!」と更に泣き叫ぶが、棚ボタとスパイダーのダブルのショルダータックルを被弾。しかし追撃を狙うスパイダーを棚ボタにぶつけると、スパイダーはそのまま標的を棚ボタに切り替え、棚ボタをファルコンアローで叩きつけて3カウント。棚ボタが失格。

 スパイダーと山下は抱き合って喜ぶが、山下はスパイダーが敵であることを思い出したのか唐突に突き飛ばし、コレに対してスパイダーがレフリーへ抗議。その隙に山下がスパイダーをスクールボーイで押さえ込むもカウントは1。山下はマラカスを投げ捨ててスパイダーの顔面を自らの股間に押し付けながら「イヤッホ~♪」と腰を振りながらフォール。これで3カウントが入り、練習生の山下が歴戦のスパイダーから3カウントを奪うという大大金星を挙げて優勝を果たした。

第4試合


 ザ・グレート・サスケ&新崎人生のみちのくタッグに、両者と並ぶジャパニーズ・ルチャの先駆者たるスペル・デルフィン。そしてデルフィンが目をかけ“デルフィンの弟子”と評されるイマバリタオル・マスカラスが揃ったタッグマッチ。
 サスケとタオルでゴングが鳴ると、早速サスケは「今治のヒーローだとぅ?うーん、そうか……」と漏らし、「コォォォ……」と息吹を吐きながら気を練ってタオルに飛ばしていく。サスケは「今治のヒーローだな?」と再確認し、タオルが「今治のヒーロー、イマバリタオル・マスカラスだ!」と答えると再び「コォォォ……」と気を練ってタオルに飛ばしていく。サスケワールドに呑まれて戸惑うタオルだが、サスケが気を練ってうどんを作り始めたことに気づくと「どう考えてもうどんやん!」と興奮。サスケは大一番でしか見せない気功調理で気の生地を気の打ち粉をまぶしながら気の麺棒で伸ばし、気地を足で踏んでから気の包丁で気の麺を作っていくと、気の鍋で気地を茹でていく。「あい!あい!あい~っ!」と気のてぼで湯切りをしてから気のどんぶりによそい、サスケにしか見えていない客へ「ほら、熱いよ」と気功うどんを振る舞う。
 サスケの伝統芸能を目にしたタオルは唖然としていたが、サスケが再び何事もなかったかのように気を練り始めると、「僕はタオルで応戦したりますよ!」と今治タオルを持ち出し、サスケの気功砲をタオルで霧散させるとサスケは「その手があったか……」と膝を付き、その隙にタオルがショルダータックルでサスケを吹っ飛ばすも、サスケは座禅を組んで跳ね起きる。タオルがガットショットで再び倒してもサスケは起き上がり小法師のように座禅で起き上がる。タオルが低空ドロップキックで場外に蹴り出すと、サスケは「強いな……」とぼやいて人生にタッチ。
 デルフィンが「大丈夫か?!」と心配の声を上げるが、タオルは「大丈夫です!ダメージは今のところ無いです!」と元気よく返事し、デルフィンにタッチ。この時点で5分経過。
 デルフィンと人生が対峙すると、リング上の空気が張り詰め、ロックアップからヘッドロック、ショルダータックルでのぶつかり合いと流麗な攻防を見せるとデルフィンが人生の打撃をかわしてドロップキック。さらに大阪臨海アッパーを放つが、人生はこれをキャッチして振り払い、加勢に入ってきたタオルの腕を取って拝み渡りからブレーンチョップ。人生はさらにボディスラムで叩きつけてサスケにタッチ。
 サスケはタオルにチンロック、フロントネックロックと痛めつけて人生にタッチ。

 人生は張り手、ボディスラムからリバーススプラッシュと連撃して逆エビ固め。デルフィンが必死に身を乗り出して鼓舞し、タオルの手を掴んで引っ張りロープブレイクさせる。
 サスケに代わると、サスケはボディスラムからラムジャムを宣言してコーナーへ上がっていき、「イマバリ!もう終わりだぁ!」と叫んでラムジャムを発射も、タオルはこれを回避して自爆させるとデルフィンにタッチ。

 デルフィンはサスケ、人生と順に大阪臨海アッパーを見舞い、人生にボディスラムから伝家の宝刀・スイングDDT。さらにデルフィンクラッチに入るもサスケがカット。タオルがサスケにソバットを放って場外に放り出すと、デルフィンが大阪臨海アッパーを放つが、これをかわして足を取った人生が曼荼羅捻り。さらに人生が極楽固めで捕らえるとタオルが必死のカット。
 ここにサスケが戻ってきてタオルの頭頂部にエルボースタンプを連打し、ロープへ振っていくがタオルは飛びついてフランケンシュタイナー。さらに今治タオルを片手にコーナーへ駆け上ってダイビングタオルアタックもカウントは2。タオルは攻撃の手を緩めること無くトラースキックで追撃し、ドロップキックも放つがサスケはこれを回避すると卍固めで絡みつく。これはデルフィンが豪快に突き飛ばしてカット。すると人生がスワンダイブ式のブレーンチョップでデルフィンを蹴散らしてサスケに勝負を託す。
 サスケはコーナーに上ってサスケ・スペシャルX ver10.2 セグウェイ(物まね禁止)を放ち、これで3カウント。

試合後、タオルが大ダメージを負いながらも立ち上がって「ありがとうございました!」と頭を下げると、サスケはその肩を抱きながら頭を撫で、人生も握手を交わして健闘を称える。最後は4人全員で手を挙げてから去っていった。

第5試合


 4月12日のビッグマッチで行われるはずだった四国統一ヘビー級王座戦が約2ヶ月半の時を経て実現。
 エリーを伴って入場した山太郎に対し、KURUSHIMAは伊予魔神軍フルメンバーを引き連れて登場。愛媛プロレスの道場がある愛媛県砥部町の町長である佐川秀紀さんによる選手権試合宣言が読み上げられ、いざ試合へ。

 ゴング前に山太郎が握手を求めるが、KURUSHIMAはこれをはたいて拒否。代わりにレフリーと握手を交わす。
 ゴングが鳴るとKURUSHIMAは山太郎のロックアップをすかして場外にでて間合いを取り、山太郎の攻め気を削ぐなど王者としての余裕を見せ、リングの下からパイプ椅子を取り出してリングに持ち込む。セコンドの伊予魔神軍の面々がレフリーの気を引いて目線をリング外に向けさせると、KURUSHIMAはイスを振りかぶって山太郎を威嚇。イスは行使される前にレフリーが気づいて没収する。
 KURUSHIMAは一転して正面から手4つを仕掛けていくが、山太郎がこれに応じた瞬間にガットショット。ここからリストの取り合い、グラウンドでの足の取り合い、首の取り合いとレスリング戦を展開していき、山太郎がマウントを取るとKURUSHIMAは下から三角絞めで捕らえて応戦するなど体格差を考慮したクレバーな攻撃を見せていく。山太郎がその自慢のパワーで三角絞めごとKURUSHIMAを持ち上げるとKURUSHIMAは即座に解除してアームホイップ。両者は一旦距離をとって睨み合う。
 両者距離を詰めると、山太郎が重いエルボー、KURUSHIMAが鋭いエルボーとそれぞれの色を出したエルボーで打ち合っていき、これに打ち勝った山太郎がロープに飛ぶも、KURUSHIMAはビッグブートでカウンター。さらにナックル、ビッグブートと畳み掛けていくが、2発目のビッグブートをキャッチした山太郎が足ごとすくい上げて豪快なボディスラム。しかしKURUSHIMAは即座にリングアウトし、客席のイスに座って一息つくなど余裕を崩さず。

 中々リングインしようとしないKURUSHIMAにしびれを切らした山太郎が場外に追っていくと、KURUSHIMAは入れ違いにリングインしてリング内からドロップキック。無法地帯と化した場外でKURUSHIMAは山太郎の顔面を蹴りつけ、セコンドの大向もこれに加勢。KURUSHIMAはどこからかゴムチューブを持ち出すと山太郎の首にかけてゴムパッチン攻撃を見舞う。山太郎はチョップで反撃していくが、KURUSHIMAはサミングから花道でDDT。花道が陥没するほどの威力に山太郎はグロッキー状態に。
 KURUSHIMAは山太郎をリングに戻すと、大向とともにガムテープで山太郎の身体をぐるぐる巻きにしていき、山太郎の身動きを封じた上で二人してストンピング。さらにクレイジーも加わり、3人でカメラに見せつけるように山太郎の顔面を踏みつける。
 KURUSHIMAは凶器を持ち出して山太郎に殴りかかるが、山太郎が寸前にガットショットで防御。ならばとKURUSHIMAはステップキックからパワーボムを狙っていくが、山太郎はこれを背筋力だけで跳ね上げるショルダースルーで切り返すと両腕を封じられたままセントーン。KURUSHIMAがダメージを受けて苦しんでいる間にエリーらセコンド陣が山太郎のテープを切断し、ようやく山太郎の両腕は自由に。
 山太郎はブレーンバスターを狙っていくが、これを着地したKURUSHIMAが後ろ足を蹴り上げてローブロー。さらにコーナーに振って串刺しニーから顔面へスライディングキック。さらにキャメルクラッチ式のフェイスロックでギブアップを迫るが、山太郎はなんとかロープへ。
 KURUSHIMAは山太郎を引き起こしてバックドロップを狙っていくが、これを振り払った山太郎が左右のエルボー連打で反撃し、ロープに飛んで行くがセコンドの大向がエプロンから山太郎の背中を竹刀で殴打。山太郎の反撃を潰したKURUSHIMAはコーナーに上ってダイビング式の蒼魔刀を放つが、なんと山太郎はこれを空中でキャッチしてデスバレーボムで叩きつける。
 山太郎はKURUSHIMAをコーナーに振って串刺しラリアットを連発し、KURUSHIMAのエルボーをかわして走りフライングショルダーで追撃。倒れ込んだKURUSHIMAをその腕力でぶっこ抜いてのブレーンバスターで叩きつけ、コーナーに振って串刺しのスピアーを狙うも、KURUSHIMAが回避してスクールボーイ。キックアウトした山太郎の側頭部に延髄斬りを叩き込み、フィッシャーマンを狙っていくも山太郎が耐えると解放してゼロ距離ジャンピングニー。再び組み付いてフィッシャーマンバスターで叩きつけるが、山太郎は即座に起き上がって組み付き、投げっぱなしジャーマン・スープレックス。両者大の字に倒れ込み、ダブルダウン。
 両者ふらつきながら膝立ちで起き上がり、エルボーを打ち合っていくと、KURUSHIMAが連打で打ち勝って大振りの一撃で仕留めにかかるが、これをガードした山太郎がフルスイングのエルボーを叩き込む。これでKURUSHIMAが怯むと山太郎は突撃していくが、KURUSHIMAはこれをかわして延髄斬りから急角度バックドロップを2連発。雄叫びを上げて立ち上がった山太郎のラリアットをかわしたKURUSHIMAは左右のビンタ連打で山太郎を失神寸前まで追い込みランニングビッグブート。ロープを掴みながら崩れ落ちる山太郎にトドメの一撃を狙ってロープに飛ぶが、山太郎は気力を振り絞ってカウンターのラリアット。
 山太郎はKURUSHIMAをリフトアップしてやり投げでマットに顔面から突き刺し、さらにコーナーに上げて雪崩式ブレーンバスター。これを返されると石鎚山太郎ボムで叩きつけ、これが完璧に決まって3カウントかと思われたが、伊予魔神軍のセコンドがレフリーの足を引いてカウントを妨害。
 ここで大向が竹刀を持ってリングに上がると、山太郎を身を挺して守ろうとするエリーを身を挺して守ったパルプの頭へ竹刀を打ち下ろす。さらに救出に入った新家、メイプルも竹刀で撃退した大向はエリーにも殴りかかるが、HAYATOがリングに飛び込んできて竹刀を奪い取ると大向へトラースキック。

 仲間たちのアシストを受けた山太郎は雄叫びを上げて復活し、ハリケーンドライバーで叩きつけてからダイビングセントーンを発射。しかしKURUSHIMAがこれを回避すると、大向が山太郎の脳天に竹刀で一撃。KURUSHIMAがバックスライドから全体重をかけてのエビ固めで押さえ込んで3カウント。

 この結末に納得がいかない正規軍の面々がリングになだれ込んでレフリーに抗議するが、伊予魔神軍の面々も飛び込んでいって正規軍をリング上から排除。
 防衛に成功したKURUSHIMAには砥部町より寄贈された砥部焼の優勝カップとベルトが贈られるが、これを手渡した佐川町長はしばらく手を離さず良心の呵責を見せる。すると伊予魔神軍の面々は町長を輪の中心に引き込んでベルトを肩にかけて優勝カップを持たせて記念撮影をしてみせた。

KURUSHIMA「(優勝カップに)酒入れて、みんなで飲もう!でも、優勝杯とか正直どうでもいい。今日は石鎚山太郎を、コロナで溜まったストレスのはけ口にした。ただそれだけ。それ以上でもそれ以下でもない。で、アイツは負けた。だからこれ(ベルト)とこれ(優勝カップ)は俺が持ってる。以上。なんかいいたいことあるなら言えよ?」
エリー「(優勝カップは)大事に扱って!」

 するとKURUSHIMAはエリーに中指を立て、大向が竹刀でロープを叩いてエリーを威圧。傍若無人の伊予魔神軍はそのまま意気揚々と引き上げていった。

 リングに残された山太郎のもとへ正規軍が駆け寄っていき、山太郎がマイクを取る。

山太郎「今日、すみません、ごめんなさい、負けてしまいました……。どんなに卑怯なことをされても、勝つための努力をしてきました。ただ、寸前で自分の弱いところがでてしまいました。今日会場に来てくれた人、そして画面の向こうで見てくれている人、僕の勝ちを求めてくれた人がたくさんいると思います。それに応えられず申し訳ないです。でも次はこの凡人パルプがもしかしたら取り戻してくれるかも知れません。彼に最大限の応援をしたいです。コロナでイベントができなくなって、今こういう形で皆さんの前でプロレスを見せることが、少しずつですが出来るようになってきました。今はまだ、コロナの影響で世の中はどこも元気がないです。私達プロレスラーが皆さんに伝えられることは、元気と笑顔と感動だと思っています。なので、愛媛プロレスはこれからもこのリングから、皆さんに元気と笑顔と感動を届け続けますので、これからもよろしくお願いします!ありがとうございました!皆さん、愛媛プロレス恒例の締めを、今日は負けてしまいましたが、僕がやらせていただきたいと思います。会場の皆様、そして画面の向こうの人も立ち上がって、お願いします!僕が『行くぞ!』と言ったら、みなさん『オー!』と言ってください。そして僕が『1!2!3!愛媛プロレス!』と言いますので、皆さん『ダーッ!』と腹の底から声を出してください!行くぞ!1!2!3!愛媛プロレス、ダーッ!ありがとうございました!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×