佐々木大輔がUNIVERSAL王座V2!次期防衛戦は木高イサミ、勝俣瞬馬との3WAY戦

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 「ダムネーション」の“カリスマ”佐々木大輔(34)が23日に、動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された「DDT TV SHOW! #4」(DDT TV SHOWスタジオ)の第4試合で、クリス・ブルックス(28)、吉村直巳(25)との3WAYマッチを制して、DDT UNIVERSAL王座の2度目の防衛に成功した。

 当初この選手権戦はMAOを加えた4選手で争われる予定だったが、MAOが右足首負傷のため、急きょ欠場となり、3WAY戦に変更となった。

 試合は三者が入り乱れ、目が離せない闘い模様となったが、佐々木の急所蹴りを食って、悶絶する吉村を捕らえたクリスが必殺のプレイング・マンティスボムを繰り出してカバー。すると、カットした佐々木が、そのまま吉村を押さえ込むと、3カウントが入ってしまい、クリスはぼう然。

 してやったりの佐々木は「このベルトはオレのモノだ。オマエ(クリス)にはノーチャンスだ。ステイホームしてろ!」とアピールして、クリスを蹴飛ばした。続けて、佐々木は「このUNIVERSALのベルトは、ずっとオレのモノ。クリスにはもうチャンスはない。次の挑戦者はオレが決める。暴れ足りないから、ハードコアでやりたい。この団体でハードコアと言ったら、勝俣(瞬馬)だ」とぶち上げた。

 そこに、勝俣が現れると、佐々木は「テメェを指名してやる。この団体でいちばん弱いからな」となんとも失礼な発言。これに対して、勝俣は「(佐々木に)1回も勝ったことないし、今のオレじゃ勝てない。でも、もう一人のスーパーハードコア勝俣なら、勝つ可能性が1パーセントある」と控え目なマイク。

 すると、そこに昨年いっぱいでDDTグループから独立したBASARAの木高イサミがよもやの登場。イサミは「お久しぶりです。次はハードコア? DDTの主要なタイトルは獲ってきたけど、そのベルトは巻いたことない。オレとやりましょう」とアピールすると、佐々木は「おもしろいのが出てきた。じゃあ勝俣、オマエに用事はない」と言うや、3人で大乱闘に発展。

 収拾つかない事態に、今林アシスタントプロデューサーが飛び出して、「だったら3WAYでどうですか?」と提案。佐々木は「イサミとシングル! おもしろいから」と主張したが、今林APは聞く耳を持たず、「OKということで、3WAYで決定です」と断を下した。

 バックステージで佐々木は「出てきやがったな、イサミ。スーパーハードコア勝俣って、どこの芸人だよ。戦力外通告になって、明日から仕事探さなきゃいけなくなる。イサミも暇して来たなら、相手してやる。オレは暇じゃない」と気を取り直して迎撃態勢。

 イサミは「お客さんがいなくて、いろんな形で発信していかないといけないから、顔を出しに来た。アイアンマンは巻いたことないけど、佐々木の持ってるUNIVERSALは巻いたことないし、忘れ物を取りに来た心境。(ハードコアは)得意なジャンルで、願ったりかなったり。3WAYは、空間を見てないと勝てない。いろんなキャリア、培ってきたものがある。(DDTを)他団体と思ってる。DDTへの通行手形として、ベルトが必要」と意欲。

 勝俣は「佐々木が指名したのに、どういうことだ。でも、確かに勝俣じゃ、勝てる確率は0パーセント。心の奥底にいるスーパーハードコア勝俣なら1パーセント確率ある。イサミは関係ない。佐々木から3カウント取って、ベルトを獲ってやる」と意気込んだ。

 一方、勝利を佐々木に横取りされた格好のクリスは「バカげてる。いつになったら、1対1で、ササキとやらせてくれるんだ。何でカツマタ? イサミが出てきて試合? この前、カツマタにはハードコアで勝った。理解できない。いつになったらササキとシングルでできるのか?」とぶ然とした表情だった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×