勝俣が本多との熱戦を制し、EXTREME王座V3!6・21サウナ路上プロレスで納谷、To-y、イルシオンと4WAYマッチで次期防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月17日、東京・上野恩賜公園野外ステージで『初夏のビアガーデンプロレス【DAY2】』を開催した。DDT EXTREME王者・勝俣瞬馬がアントーニオ本多との熱戦を制して、3度目の防衛に成功。6月21日、千葉・アクア・ユーカリでのサウナ路上プロレスで納谷幸男、To-y、イルシオンとエニウェアフォール・サバイバル4WAYマッチでV4戦を行うことが決まった。

 本多の挑戦を受けた勝俣が指定したルールは「歴史を残せ!!3本ポッキリ大作戦」。両者が希望した4つの試合形式を書いた紙が封筒に入れられ、無作為で観客が引いたルールで実施される形。1本目は「1カウントフォール・セコンドわさびシュークリームマッチ」。1カウントでフォールを奪ったら、相手の指定されたセコンド(To-y、クリス・ブルックス)がシュークリームを食べ、わさびが入っていたら負けとなる。まずは本多が1カウントをゲットするも、シュークリームはセーフ。続いて勝俣が1カウントを取るもセーフ。その後、本多、勝俣の順で1カウントの応酬が2回ずつで、To-yがわさび入りを食べてしまい、1本目は本多の勝利。

 2本目は「スクランブルバンクハウス・ブラジャーハントマッチ」。所定の位置から開戦し、トップロープにセットされたブラジャーを先に着用したほうが勝ち。のっけから観客席で大乱闘。創作昔話ごんぎつねの応酬から、両者ブラジャーを着けようとするも、本多が手間取ってしまい、勝俣が先に着用して1-1のイーブンに。

 最終の3本目は「オンリー2カウントフォールマッチ」。1カウントの奪い合いになるも、両者なかなか2カウントは許さず。勝俣がととのえスプラッシュを発射も、本多は剣山で阻止して丸め込む。だが、さらにそれを勝俣が切り返して2カウントを奪取して勝負あり。

 勝俣が「次は6月21日、サウナ路上プロレスで防衛戦やります。いろんな人といろんなルールで戦いたい。キャリアとか関係ない。誰でもいい」と宣言すると、納谷、イルシオン、To-yが次々に挑戦表明。「全員とやってやる」として、4WAY戦でのタイトル戦が決定した。

 王座を守った勝俣は「歴史を残すために本多選手とやりましたが、記者会見のときから、本多さんワールドで心折れかけてたんですけど。勝つことができましたが、本多さんを超えられたとは思ってません。素晴らしい選手でDDTにとって大切なレスラーと思うんで、これからもっといろんなストーリーを作っていきたいと思いました。また挑戦してくれるなら、まだまだ防衛してまたやりたいと思います」と試合を振り返った。そして「納谷選手は酔っ払ってたんですか? いいんですよ。心のどこかで挑戦したいと思ってたんでしょ。イルシオン、メシ食いに行って、悩んでます。いっぱい若手がいて、DDTで唯一のマスクマン。彼と戦いたいねって言って、挑戦表明してくれました。彼のすべてを受け止めて彼の悩みを吹っ飛ばしてやります。To-y、やっと表明してくれました。To-yのおかげでベルトが獲れました。感謝してるから断る理由もない。全員まとめて来い。全員ぶっ飛ばしてやる。EXTREMEをどれだけの気持ちで背負ってるか、サウナ路上で見せつけてやるから。それを上回る覚悟でかかってきなさい」と意気込んだ。

一方、敗れた本多は「負けてしまいましたが勝俣と戦えてよかった。彼とはしっかりとしたシングルマッチをしたことがなかったので。彼が入って、あっという間の10年が過ぎて、いつの間にか立派なレスラーに、チャンピオンになってました」と後輩の成長を称えた。

 挑戦が決まったTo-yは「勝俣さん、EXTREMEのベルトと共に、僕も何度も戦ってきたでしょ。次はEXTREMEをかけて僕と戦ってください。今までの思いも全部サウナで戦って一緒にととのいましょう!」、イルシオンは「マスクがサウナに有利か不利か関係ない。これは令和の新しいサウナハットです。このマスク被ってEXTREME獲ってやります」と意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る