愛媛プロレスがクラウドファンディングでの無観客試合を無念の延期も返金希望率はわずか1%!新型コロナ疲れを打ち破る新たな可能性を提唱!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日夜、安倍晋三首相による緊急事態宣言を受け、愛媛プロレスは12日に開催予定だった無観客試合での大会開催の延期を発表したが、ここへ来て驚くべき事態が起こった。

 愛媛プロレスとは、2016年に”四国初のご当地団体”として旗揚げされたプロレス団体。キューティエリー・ザ・エヒメ代表のもとで『プロレスで愛媛を元気に!』をスローガンに掲げて活動し、地域に根ざした社会人プロレス団体として成長を続けている。
 愛媛プロレスは2018年の西日本豪雨で被災した愛媛県のために、被災翌日から地元企業の支援のもと1週間毎日被災地へ物資を届け、浸水した家屋の清掃及び撤去作業に従事するなどのボランティア活動を行うなど、地域貢献に力を入れてきた。全国的に知名度も上がり、愛媛をPRするコンテンツとして評価され、エリーが愛媛の情報発信や観光イメージ向上を担う70人目の「伊予観光大使(愛称・いよかん大使)」に就任するなど地元住民たちにも愛されている。

 愛媛プロレスでは商業施設や商店街などでのイベントや、災害復興支援のチャリティープロレスなど基本的に無料での大会を開催しており、2019年には118回のイベントで101,087名の観客動員数を記録。地道な活動から徐々にファンを増やしていき、2017年からは年に数回のビッグマッチとして有料でチケットを販売しての自主興行を開催してきた。
 しかし、昨今の新型コロナウイルス感染拡大や、愛媛県内でも感染者の報告があったことなどを鑑み、既に500枚以上のチケットが売れていたにも関わらず今大会を無観客試合で行うことを発表。
 そして、新たな試みとしてクラウドファンディングでの大会の開催支援を募り、リターンとして大会の模様をライブ配信することを決断。発表から14日目いう異例の速さで総勢189名から目標金額の250万円を達成し一度は大会開催が決まったものの、緊急事態宣言が出されたことを受け、大会を無期限の延期にすることを決断した。

 愛媛プロレスは支援者への返金受付を開始したが、ここで思わぬことが起きた。大会の延期を発表してからも支援者・支援金が増え続けていったのだ。

 7日夜の大会延期発表直後に5万円の支援が入り、エリー代表は支援者が延期になったことを知らずに支援したのだと思い慌てて連絡すると、「延期になったからこそ支援をした。次の大会開催に向け諦めずに頑張ってほしい」という言葉が返ってきたのだという。
 さらに、10日現在で総勢230名の支援者の内、返金希望を申し出たのはわずか3名。多くの支援者から「返金は希望しない。今後の大会開催に役立てて欲しい」というメッセージが殺到している。

 これに対してエリー代表は「正直驚いています。大会まで一週間を切ってからの中止ということでご批判をいただくことを覚悟していたのですが、次の大会まで待っていただけるという方がほとんどで本当に嬉しいです!愛媛県内の介護福祉施設や障碍者施設などを3日に1回のペースで訪問させていただいたり、年間120回近く無料興行を開催させていただいたりしていたことで、県内での認知度が高まっていたのかなと思います。今回ご支援いただいた資金は、全額次回のビッグマッチ開催のために使わせていただきます。皆様のご支援に込められた思いを裏切ることの無いような取り扱いをすることをお約束します」とコメント。

 さらに、「このご時世でも、応援して下さるファンの方々のために手間を惜しまず、知恵を絞って考えていけば出来ることはたくさんあると思っています。私たちのような小さな規模の団体でも、出来ることはありました。なにもしないことが一番良くないと思うんです。地方のご当地団体でもこれだけのことができたので、もっと有名な方が手を挙げて下されば、さらに多くのファンの方が喜ぶなにかが創れると思うんです。名前は出せないのですが、東京のとある団体のトップの方がクラウドのやり方を聞いてきてくださいました。私たちもプロレス界の活性化にお役に立てるのでしたら、いくらでもご協力します!」とプロレス界の活性化に向けて名乗りを上げた。
 
 4月10日現在、プロレス界では大会の中止・延期が相次ぎ収入源を絶たれた団体・選手は窮地に追い込まれている。しかし、ファンもまた自粛続きの生活に疲れてエンターテイメントを求め始めていることも事実だ。
 愛媛プロレスは、クラウドファンディングでの大会開催という新たな可能性をプロレス界に提唱した。地域と密着して愛媛県民と信頼関係を積み上げながら成長を続けてきた愛媛プロレスがその強みを生かして資金を集めたように、各団体の持つ強みを生かせば資金調達および大会の開催は可能かもしれない。
 プロレス界が迎えた未曾有の危機の中、新たな動きを見せる団体が現れることを期待したい。

【コロナで中止させない!【愛媛プロレス5周年興行】無観客試合配信!】
https://camp-fire.jp/projects/view/245514

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×