WRESTLE-1を支えてきた吉岡世起がヒートを撃破し意地の王座防衛!「約7年闘ってきたこの大好きなリングでこのベルトを防衛することが俺なりのハッピーエンド」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・大田区総合体育館にてWRESTLE-1『WRESTLE WARS 2020』が開催され、吉岡世起がヒートからWRESTLE-1クルーザー級王座を防衛した。

 WRESTLE-1(以下、W-1)は2013年に武藤敬司が全日本プロレスから大勢の選手・スタッフを率いて旗揚げした団体であり、TNAなど海外の団体との提携や、プロレスラー養成学校である“プロレス総合学院”の創設など話題を振りまき、一時は隆盛を極めた。
 しかし、2016年頃から中核選手たちが次々と退団していき、武藤のヒザのダメージの蓄積から出場回数が激減するなどの要因もあり集客に苦戦。そして先月29日には4月1日の後楽園ホール大会をもって無期限の活動休止に入ることが発表。所属全選手は3月31日を以て退団することとなっており、今大会がW-1最後のビッグマッチとなっていた。

 この日は、W-1クルーザー級王座をかけ、吉岡世起がヒートと対戦。
 ヒートと表裏一体の存在である田中稔は2013年から2016年までW-1に所属し、当該王座の初代王者として君臨。そしてヒートは今年のCRUISER FESで優勝を果たして吉岡の持つ王座への挑戦権を獲得し、「初代王者の田中稔以外ゴミみたいなレスラーしか巻いていない」と王座奪取への自信とともに吉岡への挑発を行っていた。
 しかし吉岡も「この団体旗揚げして7年間、俺はずっとこのリングで戦ってきた。この数年このベルトの価値を高めるためにずっと戦ってきたんだよ。そのプライドと意地があんだよ!」と団体を守ってきた者としての意地を叫び、「このベルトに一番心血注いできたの俺だと思ってるんで、最後くらい、俺のハッピーエンドで終わらせてやろうと思ってます」と防衛への覚悟を語っていた。

 試合はヒートが序盤から場外戦に持ち込み、吉岡の武器である足を集中攻撃。ヒザへの低空ドロップキックを蓄積させていき、足4の字固め、アンクルロック、タナカレッグバーと変幻自在に攻め立てていく。
 しかし吉岡は敢えて痛む足でキックを放っていき、カウンターの延髄斬りを決めるとフランケンシュタイナーからのラ・マヒストラルトリッキーな動きでヒートのペースを乱し、反撃に転じようとするヒートの顔面にトラースキック。たたらを踏んだヒートに組み付き、最後はこだわりのクラッシュドライバーで突き刺して3カウント。
 吉岡に憎まれ口を叩いてきたヒートだが、試合後には自ら吉岡に握手を求め、静かに立ち去った。

 吉岡は「約7年闘ってきたこの大好きなリングで、このベルトを防衛することが俺なりのハッピーエンドです。でも、まだこの大会もみんなのレスラー人生も終わるわけじゃないんで。これから俺はもっとプロレス界を盛り上げていきます」とマイクで観衆に語りかけた。
 そして、バックステージでは「第15代クルーザーチャンピオンは俺だ。第16代は生まれない。このタイミングでヒートとタイトルマッチができて、本当によかったと思っている。多分、昔の俺じゃ勝てなかった。俺は昔の俺とは違う。W-1の未来と呼ばれてた頃とも、怪我で欠場していた頃とも違う。今の吉岡世起はこのベルトが最も似合う男だ。団体はこんな感じになったけど、湿っぽいのは嫌いなので、俺は最後まで盛り上げていくから」と語り、ベルトをしっかりと抱きしめて去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×