【試合詳細】3・12 崖のふちレッスル武闘館大会 松本都with一般人・澤宗紀vs力withせのしすたぁ・まお

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『崖っぷちかぐや姫2020~ミヤコハウス2020~』
日程:2020年3月12日
開始:19:30
会場:埼玉・レッスル武闘館
観衆:108人(満員)

せのしすたぁ・まお自主興行『マオマニア』
▼第1試合 力褒めあいラップバトル
○せのしすたぁ・まお(せのしすたぁ)
2分23秒 愛の伝わるラップ
●白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国Ω)

▼第2試合 木曽フラッグ 15分1本勝負
○せのしすたぁ・澤
1分10秒 木曽レフェリーにジャンピングミドルキック
松本都

“力道山三世”力自主興行『チカラマニア』
▼第1試合 星間戦争
ダースパワー
1分16秒 松本都乱入→無効試合
大内ヨーダ

▼第2試合 崖のふち式紅白歌合戦
●一般人・澤宗紀
YOUNG MAN
○力

白幡いちほ自主興行『イチホマニア』
▼第1試合 セーラー服美少女対決・糸通し
△せのしすたぁ・まお(せのしすたぁ)
1分0秒 レフェリーストップ(糸が通らず)
△白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国Ω)

▼第2試合 セクシーボイスvs爽やかボイス対決
●白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国Ω)
判定2-1
○志真うた(フリー)

▼第3試合・朝まで生崖のふち
○白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国Ω)
5分8秒 百田力への理解度
●せのしすたぁ・まお(せのしすたぁ)
※他参戦選手は松本都、力(フリー)

松本都プロデュース興行『崖っぷちかぐや姫2020~ミヤコハウス2020~』
▼メインイベント 時間無制限1本勝負
●松本都with一般人・澤宗紀(フリー)
19分38秒 セーバーチョップ→片エビ固め
○力(フリー)withせのしすたぁ・まお(せのしすたぁ)

“力道山三世”力がアイドル界の重大なルール違反を犯し松本都が用意した嫁候補たちとの結婚は事務所NGに!ゴキ帝・白幡いちほとせのしすたぁ・まおは崖のふちに継続参戦決定!?

オープニング


 松本都代表とオーナー代行の澤宗紀が登場。都は「最初カード発表した時5枚ぐらいしか売れていなかったのにイケメンの時より多い!みんな狂ってる!」と大興奮。さらにオーナーの高木三四郎はサイバーエージェント社長の藤田晋氏と会食に行ったと暴露する。

 多くのお客さんがプロレスを始めて見ることが発覚すると、都は「これがジャパニーズプロレスなんで、素直な気持ちで。先に言っておきます。怒る人がいると思うんですけど、何かあったら全て高木社長に」と責任転嫁。
 澤「帰りたい」と言いながらも進行をサポートし、選手入場式へ。

 都と澤は一度リングを降りてから再入場するが、他の選手が現れず、澤が選手を代表して「我々崖のふち女子プロレス一同は、本日会食でこれない高木三四郎社長の代わりになんとか責任をとっていい興行にしていきたいと思いますお願いします!・・・力の嫁探し一言も触れてないですね」と選手宣誓。
 すると都から「百田力選手の嫁を探す興行です。見つからないかもしれないですけどプロレスで人の人生を本気で変えたいと思っています。それにこれだけのお客さんが集まってくれたんで。それでは宣誓お願いします」とやり直しを要求。

 澤は動揺しながらも「先生!本日我ら崖のふち女子プロレス選手スタッフ一同は、本日力選手のお嫁さんを、必ずこのリングの上で見つけて、皆様に報告することを誓います!よろしくお願いします!」と全力で選手宣誓を行った。

マオマニア・第1試合



 暗転した会場に突然リングアナがせのしすたぁ・まおの自主興行『まおマニア』がスタートとコールし、選手入場。

 まおがリングに登場し、続いて力が登場。白幡いちほが登場すると、都から「説明し忘れてたんですけど、嫁候補のアピールでまおちゃん力選手いちほちゃんにこの興行おまかせします。この興行譲ります。一人ずつ自主興行をやってもらいます」と無茶振り。

いちほ「聞いてないです」
都「言ってないので」
まお「いいんですか?」
都「いいよまおちゃん。あげちゃうよまおちゃんかましてくださいまおちゃん」

 そしてまずはMCバトル対決へ。ビートに乗せて力への愛をアピールしたほうが勝者とのこと。
『力褒めあいラップバトル』と題されスタートすると、力が電流爆破への思いをアピール。続いてまおが流暢なラップを披露し、骨折をいじられたいちほがラップでアピールのお返し。
 まおは印鑑を持ってきたことをアピールすると、いちほは力にアピールするため格闘技を始めることをアピール。
 それを聞いた都が「考え直せ!こいつは女子プロレスラーのお尻をおっかけてるキモい」とディスっていくが、力はこれを否定。だがまおは「いい感じの男だ」と結婚をガチアピールし、都が「どんだけヤバいかここで言いたいけど言えない」とラップし始めるとゴングが流され強制終了。

 いちほは「それ聞かないと結婚できないでしょう」と困惑するが、都は「DDTさんに遠慮して言えない」と遠慮し、レフェリーはまおの勝利を宣言し腕をあげた。

 ここで一度全選手がリングを降りる。

マオマニア・第2試合


 リング上の木曽レフェリーに先に一撃加えた選手が勝利するキソフラッグが突然スタート。
一本目は都と澤しすたぁまお。都のラリアットを避けた木曽が、澤のラリアットも避けていき、再度都のラリアットを避けるが澤が飛び蹴りを叩き込んで澤しすたぁまおの勝利。

 だがまおがリングにのぼり「お前誰?許可なくそれをすんじゃねーよややこしいだろ!俺は一人でいいんだ」とまおの格好をした澤に文句を言うが、澤は「いいじゃねーかよ!」と駄々っ子アピールし、まおにソバットを叩き込んで撤収。まおが「終わり!」と叫んで自主興行『まおしすたぁ』は終了した。

チカラマニア・第1試合



 “力道山三世”力自主興行『チカラマニア』がスタート。
 リングには黒いローブをかぶったダースパワー(力)が登場。続いて仮面ライダーV3の曲にノッて顔を緑にペイントした大内ヨーダがリングに現れる。
 ダースパワーは「この時が来るのを待っていたぞわが小さき友よ」と大内とフォースの押し合い。互角だったためライトセーバーで決着をつけることになるが、チャンバラの最中にバットを持った都が乱入し、都がヨーダにケツバット。すると中野がクラッカーを鳴らして疑似爆破。


 さらにダースパワーと木曽レフェリーにもバットで殴りかかりクラッカーが鳴らされ疑似爆破で試合終了。

 そこへウエディングドレス姿のメトロポリちゃんVが登場し「ここに来たらお嫁さんになれるって聞いて来ちゃったわ!力さん、メトロポリちゃんVよ。お嫁さんにしてください!」とアピール。

 さらに「私の良いところを聞いて!正看護師だから親の介護が得意よ。わかった証明して見せるは。ここに私が務めている老人病院から老人を連れてきたわ。この老人を見事立たせてみせるわよ」と布に書かれたおじいさんを横から縦に持ち替えて立たせたことにするが、リングアナから「メト子アウトー!」とリングアナから言われて都がバットで殴りかかると中野がクラッカーを鳴らす。

これでメト子は泣きながらリングから去る。

チカラマニア・第2試合


 崖のふち式紅白歌合戦へと演目が変わり、澤がリングに現れ「お嫁さん候補であるアイドルに歌声をアピールしないと!」と、力へのお手本とばかりに広瀬香美の『ロマンスの神様』を歌い始める。力は『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』を歌い、レフェリーが力の勝利を宣言し白組が勝利。

 最後に力が「皆さんどんな時も元気をだしていきましょう!パワー!では最後まで楽しんでいってください!」と叫び、チカラマニアは終了した。

イチホマニア・第1試合


 白幡いちほ自主興行『イチホマニア』がスタートし、いちほがリングに登場。対戦相手として「濃厚接触するぞ!」と叫びながらまおも登場。
 
 セーラー服美少女対決が始まり、一本目は先に針に糸を通すことができたほうが勝ちだという。両者糸が通らず引き分けに。いちほは諦めずに、なんとか糸を通すがそこへ「お子様の時間は終わりなの」と3人目の嫁候補であるリングアナの志真うたがリングへ。

 志真うたは「そもそも少女じゃないし大して若くもないけどそこそこ若いあんたたちのションベン臭い闘い見飽きたから。セクシーな言葉を爽やかに言う対決をするわ」と、いちほに宣戦布告。まおは不貞腐れながらリング下へ。

イチホマニア・第2試合


 お題は都が『百田力』と叫び、志真うたも「フルネーム?」と動揺。なんとかセクシーっぽく名前を語り「小娘、爽やかに言いなさい」と挑発すると、いちほはタッチの南ちゃんばりに爽やかに名前を読んで、力はあまりの爽やかさに「はい!」と元気よく返事をしてリングへ駆け上がるといちほは苦笑。

 続いて澤が「歯間ブラシ」と難しいお題を提供し、しまうたも微妙なセクシー加減に自ら苦笑。いちほは悩みながらも振り返りながらTVCMばりな爽やかさを披露。
 さらに都が「ウェディングドレス」と発するには難しい言葉を提供し、何がセクシーで何が爽やかなのかわからない空気に包まれるがレフェリーは志真うたの勝利を宣言した。

イチホマニア・第3試合


 志真うたが満足そうにリングを後にすると、突然リング上にイスが設置され『朝まで生テレビ』がスタート。お題は『百田力の魅力』について。

 リングには都、まお、力、いちほ。

都「この興行やったことをとても後悔しています。マイナスの意味ではなく、まおちゃんもいちほさんもめちゃくちゃ魅力的なんですよ。もったいないこいつには!100年早い!今気づいた!」
まお「でも私はその気なんだけど」
いちほ「私はなんかわかんないまま呼ばれて負け続けているし、力さんのこと調べてきたんですよ呼ばれたからには、ちょっと意識しちゃって、楽屋とかでその気…にはならないんですけど、なんていうかちょっと意識しちゃうじゃないですか。なんとかちゃんお前の事好きみたいだよみたいな。これで選ばれなかった時いよいよ何しに来たのかなと。でもまおさんが不甲斐ないから私が呼ばれたんでしょ」
まお「私どんだけやってると思ってんだ8年やってんだぞアイドル。苦しくなってアイドル辞めてるけど」
いちほ「私も芸歴20年になるんですよ。今年で20年目になりました」
まお「そんだけ歳いってるってことだな」
いちほ「歳のことは言うなよたまに年齢消してんだよウィキペディア!」
まお「最近整形したらしいしブスだろ」
いちほ「整形しないでブスよりマシだろ」
都「(口論に割って入り)力の魅力っていうテーマだから力の魅力に関して話してもらっていいですか!?」
まお「優しいよ。始めてお会いした時打ち合わせした時ほんとに目を見て話をしてくれて。緊張してたのに一緒に頑張りましょうって。僕も毎回緊張するんです頑張りましょうと言ってくれた」
都「頑張りましょうと言うかもしれないけど女子レスラーと結婚したいと思ってたとしても公言するのはやばくないですか!?」
まお「やりたいこと発言していくの大事だと思います。私は有名になりたいから有名になりたいと言い続けて、だからココにいるし、私が女子レスラーになればいいんでしょ?じゃあ?」
いちほ「私結構力さんお茶目な方だと思ってまして、可愛い所イベントやってからあるなと思って、よく見るとハンサムなんですよね。目も2つついてて鼻も口もありますし、口をすぼめた顔よくするんですけどかわいいですよね?」
まお「毎日料理作ってあげたいね。Twitterでライザップのめし食べてるじゃんか。私作ってあげるから」
いちほ「私のほうが料理得意だから」
まお「私一人ぐらいだから」
いちほ「何年一人暮らししてると思ってるんだよ。得意料理なんだよ」
まお「オムライスだよ」
いちほ「私もだよ!私のほうがうまく巻けるんだよ」
まお「負けないぞ私のほうが」

 ガチ口論になり、収集がつかずにゴングが鳴らされると、力が「二人とも、僕のために争わないでください」と割って入るが、都がイスで力を殴りつけて「帰れ!お前なんかにこの二人もったいないんだよ今すぐ帰れ!」と追い出す。

 階段で足を滑らして落下した力を見たまおは「泣いちゃうじゃん。あの後泣くよ」と心配するが、レフェリーがいちほの勝利を宣言。
 いちほは「私のほうがオムライスを綺麗に巻けるー!」と勝ち誇った。

力のお気持ち発表


 力のお気持ち発表があるとのことで、ボロボロになった力が無音のままリングへ。
 都が「嫁候補の皆さんあがってください」とマイクをすると、志真うたとメトロポリちゃんVもリングへ。
 力がお気持ちを発表しようとすると、そこへ百田光雄が登場。
百田「力、お前女性に囲まれてチャラチャラすんなよお前。お前が結婚したいのは俺も分かるよ。俺も早く孫が見たい。見たいけど、だけどお前の本業はなんだ?」
力「プロレスです!」
百田「お前は今日プロレスの試合があるって言うから来たんだよ!見たらお前、女性に囲まれてチャラチャラデレデレしっぱなしだろこら!早く試合やれよこら!」

 百田が一喝したのを見て、都がマイクを持つと「それではただいまより、10分間の休憩時間をいただきます。選手退場」と叫び、会場が困惑するなかリング上は無人となり休憩へ。

崖のふち・第1試合



 休憩が終わると普通に都&澤vs力&まおのプロレスのタッグマッチが開始。


 先発は都と力。都がビンタし「来いよ」と挑発。力は優しく頬に触れると、都はローキックを叩き込み倒す。力は優しくローキックも、都は強烈な逆水平チョップ。力はチョップの寸止めも、都はキレて首投げからサッカーボールキック。フォールも2。
 都はヘアーホイップ2連発。都はまおに「やってみる?」と振り、まおが味方である力にヘアーホイップ。

 転がる力を場外に蹴落とした都が場外を連れ回し、力はこれにキレたかと思いきや優しくチョップを放ったために、都は容赦なく壁に力を叩きつける。澤が力にチョップを打ち込むと、力は澤には強烈な逆水平チョップ。だが澤は力にショルダーアームブリーカー。続けてまおにもショルダーアームブリーカー。

都が力をリングに投げ入れ、顔面にケンカキック連発からヘッドロック。都は回転してカニばさみで倒すと極楽固め。力はロープをなんとかつかみブレイク。

 都は逆水平チョップ連発からロープに飛ぶが、まおが場外から足を掴んで倒すと、力が「もう容赦しないぞ」とチョップからコーナーに振って串刺しチョップ。さらに澤に袈裟斬りチョップを叩き込み、場外に逃れた澤をリングに叩きつけるが澤はボディブローからリングに投げ入れる。都は力を蹴りつけ転がし、まおをリングに引き込むとコブラツイストを狙うが、まおは切り替えしてコブラツイスト。都はなんとかロープを掴みブレイク。
 力が都に逆水平チョップからボディスラムフォールも2。

 都は「結婚したいか」とチョップを打ち込むが、力もチョップで返す。都は容赦ないビンタを叩き込みローキックでリングに転がすとストンピングから馬乗りになりチョーク攻撃。


 苦しむ力が四つん這いになると背中に乗った都が帽子を顔面にかぶせてキャメルクラッチ。帽子ごとストンピングを打ち込んだ都に、力は「負けねーよ都」と叫び首投げから逆水泳チョップ。さらにスリーパーで絞め上げるが、そこへ突然ASUKAの入場曲が鳴り響きASUKAコスプレをした志真うたことASHUKAが登場。
 動揺する力だったが、さらにリングにランジェリー武藤が登場。

 武藤はASHUKAに低空ドロップキックからコーナー下にセットしコーナーへ登るが、足を滑らせて股間をロープに強打。ASHUKAはバズソーキックで武藤を場外に蹴散らし「ワテ、アメリカ帰らなあかんねん。飛行機の時間無いやんけ!またな!」と去っていく。


 フラフラとリングに戻った力に都はビンタからフルネルソンで捕らえていくが、力が切り替えして羽交い絞めにすると、まおがコーナーに登りセーバーチョップ。だが都が避けて力に誤爆。動揺しながらまおが都を羽交い絞めにするが、力がコーナーに上りセーバーチョップを発射するが、これが都に誤爆。

 これにまおが「ふざけんじゃねーよ!」とガチギレし、ヘッドバッドから「アイドルだぞこっちは!」と都にもヘッドバッド。澤にもヘッドバッドから「お前も気に食わねーんだよ」と木曽レフェリーもヘッドバッドで蹴散らし、コーナーに登ると3人まとめてダイビングクロスボディアタックで倒しフォールも2。

 澤が「ちからー!本気だせー!男なら力だせー!」と気合を入れビンタ。力も逆水泳チョップで返し、ビンタの打ち合いへ。澤が場外の初めてプロレスを見に来たお客さんの前に移動しエルボー合戦からヘッドバッドの打ち合い。澤は膝蹴り連発からソバットを叩き込んでリングへ戻ると、力もリングへ戻り澤のシャツを引き裂いて逆水平チョップ。
 澤は左右のビンタ連発から力も逆水平チョップ3連発。澤が「お前のおじいちゃんは誰だ!」とエルボー。力は「力道山だ!」とチョップ。澤は「それがどうした!」とナックル。力は「俺は力だ!」と袈裟斬りチョップ。澤は左右のビンタ連発からソバットを叩き込みシャイニング崖ザードを狙うが、避けた力が袈裟斬りチョップ。だが都がビンタからスタナーを叩き込み、シャイニング崖ザードからフォールも2。

 都はマンマ・ミーアZを狙うが、まおがロープを揺らして落下させると、力が容赦ないチョップからブレーンバスター。フォールも2。

 力は都を投げようとするが、澤はシャイニング・ウィザードでカットしようとするがこれは都に誤爆。
 まおがコーナーに登り、都にセーバーチョップ。続けて力もセーバーチョップを叩き込みフォール。これで3カウント。


 力とまおは抱き合い喜びを爆発させた。

エンディング


都「いてぇな!おい澤!おまえのせいで負けたじゃねーかふざけんじゃねーよ!まあいいや、私もレスラーなんでね、パートナーの不具合だろうと文句は言いません、負けは負けです。というわけで力さん。ここまでやったなら、誰を選ぶか決まりましたよね?光雄さん、プロレスの試合もやりましたよ文句ないですよね?では嫁候補の方全員リングに上がってください」

 改めていちほ、メト子、志真うたがリングへ。

都「じゃ力選手おつかれのところあれですがお願いします!」
力「今日、タッグパートナーとして共に戦ったまおさん、よろしくおねがいします!」
まお「ほんと?ほんと?」
いちほ「早すぎない!?私達何!?」
まお「いいの?」
まお所属事務所マネージャー「ちょっとお待ちください。ファイブスターのマネージャーです。実は、力さんに重大なルール違反が今回ありまして、ちょっとこのカップリングは認められないなと思って、こちらをごらんください(スクリーンにまおへ力が送ったDMが映し出される)TwitterでアイドルへのDM禁止なんですけど、勝手にまおにDM送って個人的に連絡を取りあってた証拠でございます」
力「記者会見の時間を間違えた時にご迷惑をおかけした時にお詫びのメッセージを送らせていただいたんですが」
まお事務所マネージャー「これはアイドル会ではご法度なんで」
いちほ「すいません私もDM来ました(スクリーンに映し出される)私の返信までちょっと恥ずかしい」
都「そんなこと言ったら私も死ぬほど来てますよDM(スクリーンにチケットのやり取りが映し出される)」
いちほ「(量を見て)好きじゃんこんなん!」

まお「まおだけじゃないの?」
力「いやチケットの話」
メト子&志真うた「ちょっと待ってくださいよ!DM二人には来てないんですけど」
木曽レフェリー「落ち着いて。力さんはいい人だから、試合終わったらDMとか来るんですよ。いい人だからほんとにいい人だから」
力「これはほんとに自分、会場に居たら選手もお客さんも含めて送ってます」
メト子「送ってねーって言ってんだよこっちにはよ!」
力「えっとですね・・・」
都「なんでお前は女子プロレスラーと結婚したいって言ってんだ!?」
力「それは同じ夢を持っている方とプロレスのことで相談したり励まし合ったりしたいというのもありますし、うちの父と母の関係を見てたんですが、母はプロレスのことにまったく口出ししませんし、プロレスのことを話さないですし、夫婦の間に距離感があるんですよ。父もプロレスに関してはうちの母は一切入らせませんし、それを見ていて自分はそれを見ていて奥さんになる人なら自分のプロレスも含めて全てを分かちあっていきたいというのもありますし、お互い高めあって励ましあってそういう方と家庭を築き合いたいと思っております」
まお「今よろしくって言ったのに」
力「でもまおさんプロレスラーになりますよね?」
まお「なるよ」
力「ですよね」
まお「だからよろしくって言ってくれたの?」
力「はい。マネージャーさんOKですか?」
まお事務所マネージャー「いやもうちょっとアイドルやらせたいんで、今回は、ちょっとまだ力さんのことを信用できませんし」
いちほ「DM送ってるしね」
力「いやでも多分会場にいるお客さんも自分からメッセージ来た方いらっしゃいますよね!?木曽さんにも送ってますよね!?」

メト子&志真うた「来てない来てない」
力「お二人は記者会見にいらっしゃらなかったから!」
メト子「居たよ記者会見に私」
力「あ・・・すいませんでした自分の不行届です申し訳ありません。というわけで」
いちほ「結局なんなんだよこれ!」
力「まおさんとは結ばれることありませんでしたがこういう場を作っていただいてありがとうございました都さん。できることでしたら、都さん、今度は女子レスラーの方と同じ機会をお願いします」

 都は力にビンタからスタナーを叩き込んでシャイニング崖ザード。

都「一生結婚できねーよお前なんか!ということで、まおちゃんいちほちゃんうたちゃんメト子ありがとうございました!最後はどんなことがあろうとハッピーエンドで終わりたいので、まおちゃん歌っちゃってもいいですか!」
まお「俺歌ってもいいですか!色々あったけど歌って最後終わりたいんですけどいい・・・」
(会場主であるアイスリボンの佐藤代表から21時を超えてるため歌うことにNGが出る)
都「お願いします一曲だけ!力に免じて」
いちほ「このままじゃ追われないこの空気じゃ」
アイスリボン佐藤代表「パトカー呼ばれたら責任とって」
まお「では最後にラストチューン!」

 せのしすたぁの曲である『ラストチューン(aka イエッタイガー)』を全員で熱唱し、イエッタイガーコールを観客と行って熱狂。

都「崖のふち女子プロレス5月20日また蕨でやりますまた見に来てくれますか!?次回はここにいる力以外はまた全員出てもらいたいなと思っていますので出てきてください。それでは行くぞ!3,2,1崖のふち、女子プロレスーでしめたいと思います。今ここで生まれました。それではいくぞー!3,2,1!崖のふち女子ー!プロレス―!」

<試合後コメント>
松本都&力&一般人・澤宗紀&せのしすたぁ・まお&白幡いちほ&メトロポリちゃんV
都「生え抜きだからね、生え抜き!」
まお「今日デビューしました!」
都「大事に育てます!」
まお「大事に育てられま~す」
都「じゃあ骨折治ったら(いちほへ)」
いちほ「ホントに?マジで?!」
まお「プロレスはすごく心をすごくよくすると思うからやったほうがいいと思う」
いちほ「ヤバい人みたいになってる!大丈夫?!」
都「心健康になるからね」
いちほ「でも好きだからね私。今日も楽しかったし。すごい楽しかった」
都「力以外は今日ハッピーエンドです。頑張ってね!いいことあるよ!」
まお「頑張ってね。応援してるから。マネージャーNGで私とは結婚できなかったけど、でもでも私、いつでも恋バナ聞くから。うん。聞く聞く」
力「ありがとうございます!」
いちほ「うん、いい人」
(メト子がコメントの場に飛び込んできて力にしなだれかかる)
メト子「力ぁ~♪プロレスラーじゃないけどいいわよねぇ~?」
都「人生いろいろ。生きてればいいことあるから」
いちほ「人妻でしょ、あなた」
メト子「あっ!そうだった!忘れてた!力ごめんねぇ~♪」
力「不倫はよくないです。不倫。不倫はよくないです」

――今後もまおさんといちほさんのDMは事務所管理?
まお「はい。そうでございます」
都「アイドルはそれ常識なんでね!」
力「そういうの、あの、存じ上げなかったんで、いつも選手の皆さんとか、あの、あの、いつも、あの、お礼のメッセージとか送るんですけど、あの、アイドルもやられてるお二人には絶対送りません。申し訳ございませんでした」
都「徹底してください」
まお「知らなかったからね」

――改めてまおさん、いちほさんは初めてプロレスに関わってみていかがでしたか
まお「まおは、正直あんまりプロレスのことを知らずにやったんです。でも気持ちだけは強くやってて、もっと知りたいって思ったし、もっとやりたいって思いました。だから、いろんなプロレスラーいるけど、私負けたくないから、都さんに教わって、勝ちます!」
都「100点!100点!まおちゃん100点!」
いちほ「……ホントにやるの?まおさん。すごい」
都「もうレギュラーだから。高木社長もOK出してる」
いちほ「私も今回初めてこういう興行に携わらせていただいて、格闘技を見るのは好きなのでよく見てるんですけど、このね、距離で自分も巻き込まれる形でっていうのは初めてだったんですけど、これ、台本とかも本当に決まってないし、なんていうのかな。入ってみんながただただ慌ててたら本番が始まるみたいな感じだったんですよ。これ大丈夫なのかなって思ったんですけど、最後やっぱり試合の時は皆さん会場一体となっていて熱くて、ホントにちょっと感動しました。すごいホントに今日出させていただいて楽しかったです。ありがとうございました!」

――まおさんは会見中に骨折の怪我をされたということですが……
都「会見中じゃないです(笑)」
いちほ「会見中ではないんですけど、後日ダンス練があってね、すごいジャンプする運動とかが疲労骨折の原因らしくて。あの会見ではないです。あの会見で骨折みたいな感じでニュースになっちゃってましたけど……アレでは一応ないと思います。もうちょっとで無事に治りますんで、大丈夫です」
まお「……うれしかった」
いちほ「カッコよかった。めちゃくちゃ。まおさん」
まお「たのしかった(涙ぐみ始める)」

――澤さん、オーナーとしての総括をお願いします
澤「えー、松本都ならではのですね、ボーダーラインを超えまくった興行だったと思うんで、まあそれで同刺激を皆さん受け取ってくれるかというのは謎ですけど、でもね、すごく元気を届けられたかなって」
まお「みんなを元気にしたと思う」
澤「力さんの誠実さも伝わったし」
いちほ「でもこれでホントにファンとか増えて、高感度上がって、これ見てる女性の方とかで……もしかしたらいらっしゃるかもしれないじゃないですか?」
(これを聞いた力が真顔でフリーズ)
いちほ「なんか無視されたみたいになってる!聞いてます?!(笑)」
澤「まおさんにレスラーになってもらえばいいんですよね?」
いちほ「無視ッ?!(笑)」
力「えー、自分はまあ、うん、色々今日はなんかその、ハイ。あー」
都「何言ってるか分かんない!」
まお「今日はいっぱいいっぱいになっちゃったんだもんね?」
力「(とてつもない早口で)ハイ!もうですから、自分はプロレスを通して今日も会場の皆さんに中々に楽しんでくださったと思いますので、これからもプロレスを通して皆さんに楽しんでいただけるように喜んでもらえるよう全力で頑張りたいとおもみます!(最後に噛む)」
都「おもみます」
まお「おもみます!」
いちほ「おもみます」
澤「じゃあ力さん、最後にこれで意気込みをちょっとね、総括ということで、今の気持ちをね、ぶつからないよう気をつけながらいちほさんに伝えましょう」

(澤が力の上半身をトレーニングチューブでくくり、負荷のかかった状態で力がかつての花嫁候補たちに必死の形相で突撃する)
力「パワーーーーーーーッ!!!!」
まお「まおにも来て!まおにも来て!」
(力が澤の持つトレーニングチューブを振り切ってまおに抱きつき2人は硬く抱きしめ合う)
都「マネージャー!マネージャァッ!(力を蹴飛ばしながら)いいかげんにしろマジで」
澤「よかったよかった。素晴らしい!」
都「ありがとうございます。多分もう一生会うことはないけど、強く生きてくださいね」
力「頑張りますっ!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×