“ビッグダディ三女”林下詩美がタッグ王座奪取失敗も“未来のスターダム”とともに再挑戦に臨む!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日、東京都・後楽園ホールにて、スターダム『ロストディケイド Presents NO PEOPLE GATE』が行われた。

 スターダムでは、今の新型コロナウイルス問題に鑑みて2月22日から大会・イベントの中止を発表しており、この日が3週間ぶりの試合に。
 当大会は観客を入れず全試合無観客試合として実施され、YouTubeにて全世界に向けて生配信。放送開始前からSuperChatが円だけでなくドルも飛び交い、世界中からチケット代がわりに投げ銭が入れられるなど大きく注目される大会となった。

 この日は、スターダムのタッグ王座であるゴッデス・オブ・スターダム王座戦が行われ、王者組の“大江戸隊”ビー・プレストリー&ジェイミー・ヘイターに“Queens Quest”渡辺桃&林下詩美が挑戦。
 ビーはジェイミーとはGODDESS OF STARDOM(タッグリーグ戦)でファイナリストまで残るなどユニットを異にしながらも抜群に息の合ったタッグワークを見せており、1月の後楽園ホール大会ではついにゴッデス王座を奪取。
 そして、その後ビーはQQのリーダーの桃を裏切って大江戸隊に加入。寝首をかかれた形になるQQの面々はビーへの敵意を剥き出しにしていた。

 桃のパートナーを務める詩美はバラエティ番組などに数多く出演する“ビッグダディ” 林下清志さんの三女であり、2018年にスターダムでデビュー。その直後から破竹の快進撃を続けて数多くの王座を戴冠し、一時は四冠王に輝いた。
 しかし昨年後半から次々に王座陥落していき、先月16日には最後に残ったフューチャー・オブ・スターダム王座(若手王座)を上谷沙弥から防衛後に「無冠になってゼロから頑張っていきたい」返上を宣言。より格上の王座を狙っていくにあたってこの日は負けられない一戦となっていた。

 試合は序盤からビー&ジェイミーの卓越したタッグワークでリードしていくが、詩美がビーのVトリガーをかわしてラリアットで叩き伏せると、桃にビーとの因縁決着を託す。
 桃はビーにエプロンでのBドライバーを敢行し、ピーチ・サンライズなどの必殺技も繰り出していき、詩美のフェイスバスターにダイビング式の蒼魔刀を合わせる合体攻撃を叩き込むなど攻め込んでいくが、決めに行ったピーチ・サンライズを返されるとビーのVトリガー+ジェイミーの延髄ラリアットの合体攻撃を被弾。そのままビーが桃の後頭部にVトリガーを叩き込み、最後はクイーンズ・ランディングで試合を決めた。

 試合後、QQの先輩たちが敗れたのを見た“未来のスターダム”こと大型新人の上谷沙弥が居ても立っても居られない様子でリングに上がると、憧れの詩美とのタッグでビー&ジェイミーへのタッグ王座挑戦を宣言。
 ビー&ジェイミーは敗れた直後に挑戦を表明してきたQQの2人を鼻で笑いつつ、「せいぜい楽しませてちょうだいね」と余裕の表情でこの挑戦を承諾した。

 先月16日の新木場大会でのフューチャー・オブ・スターダム王座戦で対戦して絆を深めた詩美と上谷はこのタッグでの将来性を語り、詩美は「上谷とはちゃんと試合をしたのはフューチャーの一戦だけですけど、上谷には大きな可能性を感じたし、やっぱり未来のスターダムって言われるだけの選手だなと思うんで。今は足りないところももしかしたらあるかもしれませんが、次のタッグに向けて2人でどんどん成長して行けたらなと思います。成長したら上谷にはベルトを取る可能性があると思うので」と上谷に太鼓判。
 
 桃と入れ替わる形で詩美のパートナーに志願した上谷は、「桃を上回っている部分があると思っての立候補か」と聞かれると、「自分はQQにこの間加入して、ずっと詩美さんとタッグを組みたかったっていうのは元々思ってて。で、タッグを組んで、ベルトにも挑戦したいっていう気持ちが元々あったので、今日、これはチャンスだと思って、言いました」と気持ちが前に出ての志願であったことを明かす。

 上谷は2019年のスターダム新人王であり、デビューから早々に先輩からシングルマッチで勝利を挙げるなど急成長中の有望株。2018年にデビューしてからの快進撃で業界を新歓させた詩美との将来性抜群のタッグが“トップガイジン”タッグにどのような爪痕を残せるのかに注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別

ページ上部へ戻る