CIMAがインディープロレス統一連合TTTへ #STRONGHEARTS の投入を宣言!「CIMAというレスラーは思い出作りの段階に入った」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・新木場1stRINGにてTTTプロレスリング『武骨道3』が行われ、CIMAがTTTへ#STRONGHEARTSの投入を宣言した。

 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、ターザン後藤に薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が今年1月に“インディープロレス統一”を掲げて旗揚げした新団体。

 この日のメインイベントでは、TTTのエース・TORUと#STRONGHEARTS(#SH)のCIMAが対戦。
 試合が始まると、23年のキャリアを誇るCIMAが終始TORUを圧倒。大ダメージを負ったTORUをよそにセコンドに付いていたガッツへ「なにが武骨じゃ!俺、CIMAやぞ?」と挑発する余裕を見せる。
 しかしTORUはメテオラを受け切る意地を見せ、CIMAのスピードに追いつくとドロップキックやシャイニング・ウィザードを繰り出し、CIMAの十八番であるジャーべでの勝負を挑んでいく。
 TORUの気迫を感じたCIMAは表情を変え、終盤にはヴィーナスからのアイコノクラズム、シュバイン、メテオラと大技を連続してTORUを仕留めた。

 試合後、CIMAは真っ先にTORUの眼前で人差し指を突き立てて再戦を要求。
 するとTORUは「この団体を旗揚げして、俺はエースと呼ばれてる。ほんのひと月前だったら『CIMAさんと試合しました。いい試合でした』でよかったんかもしれんけど、もうそうじゃいけない。次やるときは勝ちにこだわってアンタの前に立たせてもらいますよ。そして次は俺の力で会場を超満員にした上で!アンタを超えさせてもらいますわ!」と啖呵を切ってCIMAを睨みつける。

 これに嬉しそうな笑みを浮かべたCIMAは「俺ら#SHも中国人をゼロ……いや、マイナスから育てて12月30日、後楽園ホールにたどり着いたんや。アンタの力でまず新木場!超満員、必ず出来るやろ!CIMAとTORUで、機が熟したらもう一回やろうや。#SHには俺の前に鬼塚、入江、リンダマン、そして一番しんどいT-Hawkもいてるんや。すべて乗り越えてきたら喜んでこっちからオファーさせてもらおうやないかい!」と語り意気揚々と引き上げた。

 バックステージに戻ったTORUは「僕が小学生のときからずっとテレビで見てたCIMAさんとは全然違いました。今も進化し続けている」とCIMA戦を振り返る。
 そしてこの日の大会が満員とならなかったことを悔やみ、「僕はこの団体のエースと呼ばれてるけど、お客さん呼べないのはエース失格です。プロレスラーって仕事はリングの上で戦って、それを見てもらって初めて仕事になるんだと思ってます。今日見に来てくれたお客さんには絶対満足してもらえるように全力出してやったつもりですけど……悔しいですね」と語りつつも今後の大会を満員にすべく気合を入れ直した。
 
 一方、CIMAはTTTのオファーを受けた理由としてガッツの熱い想いを挙げ、「僕はライガーさんにレスラーとして一段階上に上げてもらったということを忘れていませんので。石島選手がTORU選手と佐山選手をホントに一人前のプロレスラーにしたいという気持ちをすごく感じたのでいつでも来たいですね。アメリカにいようが、メキシコにいようが、ヨーロッパにいようが、オファーもらえたら飛んできますよ」とTTTを評価。
 そして「だからこそTORUが言った『俺がこの新木場を満員にする』という気持ちは忘れないで欲しい。僕らは新宿FACEからスタートして、高々500人くらいの規模かも分からないですけど、僕らからしたら札止め以外無いんですよ。札止めにしないと次がないんですよ。そのプレッシャーというのは、団体・会場の大きい・小さいは関係ないと思うんで。今日で絶対満足しちゃダメですよ」とTORUへエールを贈った。

 CIMAは、自身がまだ若手選手だった2007年のDRAGON GATE神戸ワールド大会で獣神サンダー・ライガーからオープン・ザ・ドリームゲート王座を奪取したことで自身が飛躍のチャンスを得たことを未だに感謝しており、ベテランとなった今は自身がライガーが務めた役目を果たそうとしている。
 これについて問われると「CIMAってレスラーは思い出づくりの段階に入っていますので。そのために色んな国を周って、AEWのテレビマッチ出してもらったりとか、AAAのテレビマッチ出してもらったりとか。でも翌日にはテキサスとかの田舎の300人くらいの会場で試合したりとか、どこでも喜んでプロレスさせてもらってます。でも、自分だけの思い出になってもしょうがないんで。CIMAは小さいかも分からないですけど、起爆剤になればと思ってます」と若手選手たちの壁となり、成長させていく覚悟を語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×