DAMNATIONの佐々木&高尾がハードコアマッチを制しベルト防衛!「どうせお前らこの試合興味ねぇんだろ?」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、DDTプロレス両国国技館大会『Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~』の第7試合にて、DAMNATIONの佐々木大輔&高尾蒼馬が持つKO-Dタッグをかけて4WAYハードコアマッチ戦が行われた。

 この試合に向けてヘヴィメタルを愛するアイアンプリーストのFUMA&久保佑允は「パンクはメタルの敵だ」と王者組を敵視。しかし王者組は勝俣瞬馬&彰人組もスルーすると、藤田ミノル&下村大樹組に「インディーでプロレスやってきたら、藤田さんのすごさをわかる」と興味を示していた。

 試合は下村の竹刀と高尾のタライの攻防から始まり、イス・ラダー・チェーンと様々な凶器が投入されていく。ジョーカーばりにメイクした勝俣がバットをフルスイングしていくが、FUMAと久保が勝俣をレゴボードに叩き込み迎撃。最後はリング上に立てられたラダーの上に机が設置されると、最上段に登った佐々木が下村をペディグリーで突き刺しクロスフェイスでギブアップを奪った。

 あまり試合に絡むことができなかった藤田は「俺はDDTグループへの恩返しも総決算もできなかった。力をつけてまたシモムと帰ってくるよ」とコメント。
 勝利した佐々木は「どうせお前らよ、外国人選手にしか興味ねえんだろ?この試合興味ねえんだろ?価値のねえベルトって言いてえんだろ?3月からオイ、防衛しまくってんだ。価値上がりまくってんだろ?今日のメインイベント、セミファイナル、その前とその前、俺は興味ねえよあんなん。俺たちのベルトが一番この団体で最高のベルトだオイ」とまくしたて会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×