【インタビュー】丹羽圭介が8・18『K.O CLIMAX 2019』での大月晴明戦で“丹羽ールド”を進化させた“無双ビート”を解禁?!「殴り合いの愛がどっちが優るかという闘いになる」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月18日(日)大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で、大月晴明と対戦する丹羽圭介のインタビューが行われた。

――KNOCK OUT 参戦が決まりました。
「REBELS でずっと目指してきたベルトを獲れてやりきった感があり、2 週間ぐらい魂が抜けた感じになっていました。ふとベルトを見たときに、次の戦いにモチベーションが必要だと思っていた時に KNOCK OUT のお話をいただきました」

――今回の相手、大月選手とはどういう戦いになりそうですか?
「燃える相手で良かったです。大月選手とは打ち合い必至なので、殴り合いの愛がどっちが優ってるかなという戦いだと思っています。触られたらぶっ倒す武器は僕もだいぶ磨いているので、どっちが本当に立ってるかだけだと思います」

――丹羽選手は今までのスタイルだと打ち合うタイプではないですよね?
「そこは相手との兼ね合いにより、僕はどっちでもいけるという練習をしてるので、どっちでも変化させられます。毎回どういうふうに勝てるか?を考えていたら自分の変化が色々あるので、その変化に応じて今までの自分じゃない自分になっていくという戦いをやってる感じです。変幻自在と言われるんですけど、ただそういう風になってきました」

――大月選手のファイトスタイルをどう見てますか?
「大月選手は色んなフェイント、距離感の騙しとかフェイクがうまいので、うまく戦おうと思うとそこに惑わされて、大月選手のワールド、術にハマると思うんです。あえてそこに飛び込んでいこうかと。ただ単に殴り合うわけではなく、僕も色んな仕掛けを出していきます。大月選手のワールドで丹羽ールドを炸裂させようと思います」

――大月選手のパンチに対する恐怖感は?
「めっちゃありますよ、怖いですよ。クリティカルヒットされたらみんな倒れてるじゃないですか。怖いけどそこに入らなきゃ自分の成長はないし、自分の目指している戦いじゃないから、距離を取ってうまく戦おうと思うと次のステージにはいけないと思います。丹羽ールドも常に進化していて、今回、無双ビートを用意しています」

――無双ビート!?
「神雅氣さんという音楽家が格闘技が大好きで、以前から人の動きや言動、歩き方をビートで全て解析してくれる大御所がいるんです。世界のトップファイターはみんなビートの中で動いている、と分析されていて『一緒にやろうよ』と言っていただき、コラボする機会がありました。ギター、ピアノのリズムの中で動きを体現して音の中で練習をやっています。無双ビートでは、流れる水、円のような動きで、相手の空いているところを円で捉えていく。一方向だけで見ないで、全てを柔らかい攻撃で無限に攻撃を当て続けられるんです。心臓も、歩く速度も喋るスピードも音楽も全てビートなので、そのビートに自分の動きを変換して無限に動けるビートを作っています。神雅氣さんと一緒にセッションしながらやっているんですけど、今回それをどう体現できるかっていう感じですね」

――新生 KNOCK OUT に要望はありますか?
「今回、参戦するのを決める前に僕から要望が二つあり、まずは REBELS の防衛戦をやらせて欲しいと。でもチャンピオンは挑戦を受けてチャンピオンだから『チャンピオンがやります』って言ったらチャンピオンじゃなくなるということで却下されてしまいました。もう1 つは、自分が燃える相手が用意されて、僕が勝つことで KNOCK OUT に今はない階級、誰も登ってない山登りをしたいと思い、『KNOCK OUT の 63kg 級を作ってください』と山口(元気)プロデューサーにお願いしたら、それならいいということでした。今回、大月選手をぶっ倒して 63kg 級を作ってもらうというモチベーションで引き受けました。殴り合いを制して、爆腕レジェンドを倒して、殴り合いの末にレジェンド枠を僕が引き受けるという戦いかなと思ってます」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×