#STRONGHEARTS のCIMAが怪我人続出のWRESTLE-1を痛烈批判!「WRESTLE-1を、ぶっ潰す!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、東京都・後楽園ホールにてWRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2019 FLASHING SUMMER』が行われ、“WRESTLE-1vs#STRONGHEARTS”の対抗戦に勝利したCIMAが厳しい言葉を投げかけた。

 CIMAら#STRONGHEARTSは、WRESTLE-1の新人である藤村加偉に目をかけ度重なる襲撃を行い因縁を深めていた。この日行われたカズ・ハヤシ&ペガソ・イルミナル&藤村加偉vsCIMA&エル・リンダマン&鬼塚一聖の6人タッグマッチでは、加偉は闘志を剥き出しにして#STRONGHEARTSに突撃していくが、CIMAらのコンビネーションに捕まり集中砲火を浴びる。カズとペガソが加勢に入るものの、加偉が腕を負傷したことで数的不利も背負うこととなり、最後はリンダマンがジャーマン・スープレックスホールドでペガソを沈めた。

 試合後、加偉の負傷への対応でセコンド・スタッフ陣やリングドクター等が慌ただしく動き回る事態となり会場は騒然。
 ここでマイクを取ったCIMAは「加偉は怪我する、伊藤(貴則)は帰って来ーへん。立花(誠吾)も試合で怪我した。大丈夫か、WRESTLE-1。(#STRONGHEARTSが)刺激入れる前と客入りも変わってへんやないか(※公式発表677人)。俺らも山村(武寛)の件があって大人しくしてたけどな、#STRONGHEARTSの思い通りにしたほうがWRESTLE-1やっぱり盛り上がるんちゃうか?今分かりやすい言い方で言いましょうか。WRESTLE-1を、ぶっ潰す!」と右手でガッツポーズを取りながら某政党のフレーズをパロディして厳しい言葉を与えた。
 しかし、#STRONGHEARTSを国内で最初に起用したWRESTLE-1への恩義を度々口にしているCIMAは、「俺らが責任持ってもう一回WRESTLE-1を#STRONGHEARTSが上に上げるからな!」と言い残して退場していった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×