パンクラス10.5有明大会で初めてのケージに挑む北岡や総合初挑戦の紀左衛門らが計量を初回でパス

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月4日午前11時15分より、東京都武蔵野市のクロスポイント吉祥寺で、『PANCRSE 261』(10月5日、東京・ディファ有明)の公開計量がおこなわれた。第5試合の獅庵は遅れてきたため、現時点では計量が済んでいないが、獅庵を除く全員が初回でパスした。

<主な選手のコメント>
▼第5試合
清水俊一(総合格闘技宇留野道場/ファイブリッドファイター)
「ヒゲは伸ばしっぱなしで来たが、女性に評判が良くないので明日は剃ると思う。バンタムからスーパーフライにカイキュを下げて始めての試合。2月、3月あたりから減量を始めて、いろいろ試しているところ。今のところ体調は良いが、試合をやってみないとわからない。内臓をいたわる感じで馴染んでいきたい。
UFCに挑んでみて、向こうでは75、76kgから落としてきているような選手も多く、とにかくパワーが違う、このままやっていると怪我をしたりして選手生命が短くなってしまうかも知れないと思った。長く続けるために階級を下げることを決断した。
この試合は、今後スーパーフライでやっていくための新しいスタート。身体のことを考えながら、長いスパンでやっていくつもりでいる。
相手の獅庵選手の映像は1試合しか見ていないが、強い選手だと思う。今日会えると思って楽しみにしていたが、会えなくて残念。早く会いたいと言う気持ちでいっぱい。」

高木健太vsKEI山宮▼第6試合
高木健太(リバーサルジム川口REDIPS)
「新技を編み出した。もちろん打撃。HEATのベルトは巻いたが、気にしないでいつも通りやりたい。相手は98戦目のベテランだけど、叩き潰して100戦までいかせない。ベルトは3本くらい巻きたいので、明日は新技で勝利を挙げる。」

KEI山宮(GRABAKA)
「やるべきことはやってきた。完全に勝ちます。」

才賀紀左衛門vsライダーHIRO▼第8試合
才賀紀左衛門(紀左衛門道場/Me, We)
「試合を明日に控えて、もう言うことはない。総合の試合は初めてなので、いい緊張感を感じている。明日が新しいスタート。しっかりサクッと勝って上に行きたい。」
 
 
 
▼第9試合
馬場勇気vsナム・ファン馬場勇気(ロデオスタイル)
「コンディションは良い。相手はUFCに出ていた選手なので、すごくやり甲斐がある。潰してやる!という感じ。
ケージは初めてなので、なるべくケージを使った練習をして来た。リングではOKだったサッカーボールキックがなくなったが、ヒジもあるので大丈夫。
ケージが楽しみというより試合が楽しみ。KOか1本で勝ちます。」

▼第10試合
北岡悟(Lotus世田谷)
「撮影で相手の目を見なかったのは、見たくなかったから。
もう今は言うことはない。自信はすごくある。ちゃんと見せるものを見せて勝ちたいと思う。」

【写真・文/佐佐木 澪】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る