【会見】W-1 GP優勝の稲葉大樹が外敵・T-Hawkから至宝奪還を宣言!才木玲佳がアジャ・コング、ジャガー横田と試練の対戦決定!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7月3日(水)、都内・GSPメディアセンターにて、W-1が記者会見を実施。昨日の後楽園ホール大会で『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2019』で優勝を遂げた稲葉大樹が出席し、この日正式に発表された9月1日(日)に横浜文化体育館で開催される『2019 プロレスLOVE in YOKOHAMA』でのT-HawkとのW-1チャンピオンシップについての意気込みを語った。
 昨日の後楽園ホール大会では羆嵐、そして前年度覇者の芦野祥太郎を連破して優勝した稲葉。自身初の栄冠に「『W-1 GP』っていうのはいい成績を残せてなかったので今回優勝できてとても嬉しいです」と改めて喜びの声を発した。
そして、T-Hawkに関しては「絡んだことが一度もない」としながらも、「試合を見ている限り凄くいい選手。T-Hawk選手と当たったらいい試合ができる」と対戦が待ちきれない様子だった。なお、7.18新木場大会では稲葉&土肥孝司&エル・イホ・デル・パンテーラvsT-Hawk&吉岡世起&エル・リンダマン、そして8.1後楽園ホール大会では稲葉&パンテーラvsT-Hawk&吉岡という前哨戦が決定している。
 自身3年ぶりの文体メインに「W-1の代表としてT-Hawkと闘って獲り返すということを意識してメインに臨みたい」と語った稲葉。「自分自身を信じてT-Hawkから必ずベルトを獲って、またここでベルトを腰に巻いて会見をしたい」と力強く誓っていた。

稲葉大樹
「昨日の後楽園ホール大会で、2019、令和になって一発目の『W-1 GP』で優勝することができました。自分自身なかなか『W-1 GP』っていうのはいい成績を残せてなかったので今回優勝できてとても嬉しいです」

──今回優勝できた勝因をご自分で分析すると何になりますか?
「『W-1 GP』、勝ったら2試合ということもあって肉体という部分でもちょっと体重を落として、自分の中でスタミナ強化を重点的にやっていきました。今回それが良かったと思います」

──9.1文体でT-Hawk選手とW-1チャンピオンシップをやることが決定しましたが、T-Hawk選手についての印象をお持ちですか?
「絡んだことが一度もないので、試合を見ている限り凄くいい選手だなと思っています。で、僕もT-Hawk選手と当たったらいい試合ができると思っているので、それが昨日の優勝で9月1日の文体のメインに決定したので、僕自身もそれは凄く楽しみです」

──W-1の象徴であるベルトを持っているT-Hawk選手について、王者としてはどのように見ていますか?
「獲られて悔しいですけど、やっぱり強いから獲れたんじゃないかなとは思います。ただ、言った通り、僕は1回も試合をしてないので、僕より強いかっていうのは、『W-1 GP』優勝した自信を持っていくので、稲葉大樹とチャンピオン・T-Hawkのどっちが強いかっていうのは本当に楽しみです」

──文体のメインに出場するのは前回ベルトを獲った3年前以来だと思うんですけど、文体のメインについての思いを教えてください。
「W-1自体の一番大きい大会なので、そのメインに立てるっていうのは光栄なことでもあるし、凄く責任もあることなので、初めていった時は本当に何も考えずにその日になってメインにいったっていう感じですけど、今回は自分の中でW-1の代表としてT-Hawkと闘って獲り返すということを意識してメインに臨みたいと思います。9月1日は自分自身を信じてT-Hawkから必ずベルトを獲って、またここでベルトを腰に巻いて会見をしたいと思います」

 続いて才木玲佳が出席。昨日の後楽園ホール大会で発表された8月1日(木)後楽園ホール大会でのジャガー横田戦、そして9月1日(日)横浜文化体育館大会でのアジャ・コング戦について意気込みを語った。
 昨日はKAORUのハードコア殺法の前に涙を呑んだ才木。対レジェンド戦はこれで4連敗だが、まだまだ心は折れず。さらなる難関であるジャガー、アジャとの2連戦に関しても、「話題性に負けない試合内容でプロレスラーとしての魅力をアピールしていきたい」とモチベーションは高いようだ。
ジャガーに関しては「写真だけ見ても凄いいかつい」と見た目からの恐怖を感じているようだが、「怖さとかいかつさにめげずに立ち向かっていくのが才木玲佳」といつも通り身一つでぶつかっていく腹積もり。また、アジャ戦に関しては、一斗缶による攻撃が予想されるも、「覚悟はできてます。この身体でガッチリ受け止めた上で勝ちを狙いに行きたい」と、才木らしい潔いコメントを発して闘志を燃やしていた。

才木玲佳
「まずはこちら8月1日、ジャガー横田選手と闘わせていただきます。お会いしたことあるんですけど、本当にご挨拶だけで、やっぱり凄く怖いです。写真だけ見ても凄いいかついなと思っております。ただ、その怖さとかいかつさにめげずに立ち向かっていくのが才木玲佳だなと思うので、レジェンド戦、正直つらい時期なんですけど、またがんばりたいと思います」

──ジャガー選手に関して選手としての知識はございますか?
「ジャガーさんは結構テレビ番組とか出ているので、テレビタレントとしても一般の人にも凄く知られている。プロレスラーの中でも一般の人に有名だなというのは凄く話題性もあるし、選手としての知識は過去の試合映像を昨日帰って見たんですけど、未だに凄く動けますよね。攻めも凄くきつそうだし、本当にアグレッシブに動いてくる選手だなと思いました」

──先程怖いということをおっしゃいましたけど、見た目の印象での怖さなのか、キャリア的な怖さなのか、どうなんでしょうか?
「見た目ですかね? 多分普通にいたら近寄りたくないなと思う方ですね」

「9月1日、横浜文化体育館大会、いつもやっている後楽園ホールよりも大きい会場でアジャ・コング選手と闘えるっていうのは凄く光栄には思います。アジャ選手は最近海外でも試合をされていて、アジャ選手もジャガー選手と同様プロレスファンじゃなくても知っている方が多い有名な選手なので、今回8月1日、9月1日は凄く話題性があると思うんです。ただ、私は話題性に負けない試合内容でプロレスラーとしての魅力をアピールしていきたいなと思っています」

──ジャガー戦、アジャ戦と超大物相手との2連戦が決まりましたが、どのようなお気持ちで臨んでいきますか?
「キャリアとかパワー、体格差、全てにおいて私は劣っているんですよ。それはここまでやってきて、叩き込まれているので、それはわかってはいるんですけれども、絶対にどっかでチャンスが来る。最後まで勝ちを諦めないで、そういう姿勢を忘れずに立ち向かっていきたいなと思っております」

──W-1最大のビッグマッチである横浜文体でアジャ選手とのシングルマッチが組まれたということについてはどう思われますか?
「実はというか、文体で試合をするのは初めてなんですね。やっぱりそういった大きな会場でこれだけ大きな選手闘わせてもらえるのは自分にとって凄く大きな壁ですし、毎回W-1側が用意してくださるレジェンドのとの対戦は毎回厳しいですけど、それは私に対する期待と捉えて、期待を超えるファイトをしたいなと思っています」

──アジャ選手とは肌を合わせたこととか試合で当たったことはあるんですか?
「ちゃんとした試合はないですね。同じ会場で合わせていただいたことはあるんですね。あと、他団体のDDTさんの路上プロレスで少し手をあわせたことはあります。その時に顔に裏拳かなにかをいただいたことがあるんですよ。それがめちゃくちゃ痛くて、多分アゴが曲がったぐらい。その記憶は強烈残っています」

──試合になったらアジャ選手は裏拳をやってくるので、顔が腫れたり、あるいは一斗缶でボコボコにされたりっていう危険性もあると思うんですけど、それについてはどうですか?
「何か物で殴られるのはKAORU選手との闘いが初めて。あの痛さを知って、今度は一斗缶。まあ、覚悟はできてます。アジャ選手と言えば一斗缶というのは私も知っていますし。今回もこの身体でガッチリ受け止めた上で勝ちを狙いに行きたいと思っております。

 続けて近藤修司と共にW-1タッグ王座を保持する立花誠吾が出席し、初防衛戦の相手として芦野祥太郎を指名した。
タッグ王座を獲ってから、「やりたい相手がいる」と公言していた立花。その意中の相手はEnfants Terribles時代の兄貴分であり、『W-1 GP 2019』の1回戦で負けた相手でもある芦野だった。
今回の『W-1 GP』で自身が敗れてから、優勝するのは芦野だと思っていたため、9.1横浜文化体育館大会が終わるまではあえて名前を出さなかったという立花だったが、予想に反して芦野が決勝戦で稲葉大樹に敗北。それを受けて、この日、正式に名前を口に出した。
芦野がこの立花の逆指名を受けるかどうかは本人次第だが、この日発表された7.18新木場大会では近藤修司&立花&ペガソ・イルミナルvs芦野&児玉裕輔&羆嵐という6人タッグが組まれているため、立花は試合を通して力づくでも芦野に承諾させる腹積もり。「向こうに勢いがなくなって、俺には勢いがあるからよ。余計に勝てるチャンスがあると思う」と、悲願の芦野超えに向けてサングラスの奥で目をギラつかせていた。

立花誠吾
「俺がこの会見を開いた理由は前々から言ってた、俺がやりたい相手がいるっていう。まあそれに関して言うと思う。まあ、単刀直入に言うと俺がタッグチャンピオンとして逆指名だな。まあ、相手がやるかやらねえっかそれは相手次第だけどよ、誰かって言うと芦野祥太郎だよ。俺がタッグチャピオンとしてあの人に……まあ人間数十日で変わるとは思わねえけどよ、だけど実際俺はタッグチャピオンになってから急激に強くなったわけではないけどよ、6月のグランプリ1回戦で負けたあん時の俺じゃねえっていう。1カ月しか経ってねえけど、あん時の俺よりは確実に強くなっているからよ。タッグチャンピオンとして芦野祥太郎から俺が勝つというところを俺の舎弟どもに見して、芦野祥太郎自身にも見してやりてえと思ったから逆指名だな。まあ、あっちがどう返答するか知らねえけどよ。あっち次第ではどっかわかんねえけど、タイトルマッチやりてえなっていう。まああっち次第だな」

──次の新木場大会で6人タッグが組まれていて、芦野選手と対戦しますけど、試合を通して相手に挑戦を承知させるというお気持ちはありますか?
「そうだな。次組まれてるんだったら、そこで俺がもう一回芦野祥太郎にガッチリ行って、あっちにやりてえって思わせるように俺がさせれば必然的にあっちも「やらせろ!」ってなると思うからよ。だから、その新木場で俺は間違いなく、俺があいつから勝たなくても、あっちの3人誰かから獲って、芦野祥太郎に「やらせろ」っていう気持ちにさせてやるよ」

──昨日のグランプリでの芦野選手の闘いぶりはどのように写っていたんですか?
「まあ、正直、俺は優勝すると思ってたからよ。芦野祥太郎が。だから、今までもつうか、やりたい相手がいるって言って名前を言わなかったからよ。文体まではタイトルマッチができねえと思ってたから。だけど、昨日実際、あの人が負けるところを見て、まあなんだろうな? 正直言えば負けてほしくはなかったよ。でも、負けちまったもんはしょうがねえし、だからつって俺が同情してああだこうだ言うつもりはねえしよ、あの人も負けたこと引きずるわけじゃねえだろうし、だからこそ逆に言えばチャンスだよ。向こうに勢いがなくなって、俺には勢いがあるからよ。余計に勝てるチャンスがあると思うからよ。だから、このタイミングで逆指名だな」

──この件に関して、パートナーの近藤副社長はどのようにおっしゃっていますか?
「副社長はおめえより強い奴なら誰もいいって言ってたからよ。間違いなく俺よりも強えからよ。6月の後楽園で負けてるし。今のこの段階ではよ。まあパートナーは誰でもいいよ。児玉裕輔なのか羆嵐なのか、新井健一郎なのか、他の奴でもいいよ。だけど、芦野祥太郎だけは絶対その2人のうちの一人に入れて、相手は誰でもいいな。まあ副社長は許してくれるよ」

 続けて昨日デビューを飾った藤村加偉が出席し、一夜明けての心境を語った。
 昨日の後楽園ホール大会では前クルーザー王者の児玉裕輔相手に大健闘を見せた加偉。児玉も「おもしろい新人がデビューした」と試合後に高評価を与えていたが、事件が起きたのはセミファイナルの時だった。前回の6.2後楽園ホール大会でも#STRONGHEARTSとの対抗戦でセコンドに就いていた加偉にCIMAがちょっかいを出してきたが、昨日の後楽園ホール大会でもCIMAは試合に関係のない加偉を攻撃。試合後、怒りの加偉はキャリア22年のCIMAに向かってドロップキックを放つという恐れ知らずな行為を働いた。
バックステージでは怒りのコメントを発していたCIMAだったが、加偉も引き下がるつもりはない。「W-1の一員として言わせてください。#STRONGHEARTS、そしてCIMAとやらせてください」と会見の場でCIMAとの対戦を訴えたのだ。「上に行くためにはベテランというのは通る道。そこでビビらずにドンドン突っかかっていきたい」と加偉。デビューして1日の新人が放った言葉にCIMAがどう反応するのか注目だ。

藤村加偉
「改めましてデビュー戦をさせていただきました藤村加偉です。これからはW-1の所属選手、一員としてドンドン上を目指してがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。そして昨日のことで少し言いたいことがあるので言わせてください。昨日、#STRONGHEARTSvsW-1の試合の後にCIMAと少し突っかかる部分があったので、僕もデビューしたレスラーとして言わせてください。W-1所属選手になったW-1の一員として言わせてください。#STRONGHEARTS、そしてCIMAとやらせてください」

──CIMA選手というキャリア20年を超える大ベテランに突っかかっていったというのはどういうお気持ちからなんでしょうか?
「大ベテランというのは僕ももちろん知ってます。でも、プロレスラーとしてデビューしたからにはそういうのにビビってはいけないし、上に行くためにはベテランというのは通る道だと思っているので、僕はそこでビビらずにドンドン突っかかっていきたいと思います」

──試合をしたいというのはシングルでやりたいということでしょうか?
「もちろんシングルもやりたいし、先程も言いましたけど、W-1の一員になった者として、#STRONGHEARTS、外敵という人たちとも闘いたいです」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る