本間朋晃vs宮本和志のターメリック・ストーム対決が馬場興行で実現!「今日がスタートかも知れない」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・両国国技館にて『ジャイアント馬場没後20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~』が行われた。

 この日の第2試合では、本間朋晃&岡林裕二&野村直矢&成田蓮vs宮本和志&橋本友彦&橋本大地&野村卓矢の8人タッグマッチが行われた。
 まずは、かつて全日本プロレスで活躍したタッグチーム“ターメリック・ストーム”の本間と宮本が激突。ショルダータックルやチョップでバチバチと打ち合い、ヘッドバッドで優位を取った本間が放った小こけしを宮本が回避。
 その後、ヤングライオンの成田が友彦&大地の橋本コンビに捕まり苦戦。宮本が「新日本の若手はこんなもんか!」と挑発する場面も見られた。最後は岡林を相手に大地や卓也がぶつかっていく展開で大日本勢が奮闘し、岡林が卓也をアルゼンチン・バックブリーカーでギブアップさせた。

 試合後、本間は「プロレスって何があるかわかんないよ。これが面白い!今日がスタートかも知れない、今日で終わりかも知れない。でも俺はあの団体を抜けてから二度とあの団体の人と絡むとは思ってなかった。でもこうやって今日、馬場さんの記念興行で絡んだことがすごく嬉しい。猪木さんが言ってましたよね。一寸先はハプニング。分からないですよ。だから面白い!」と笑顔を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×