純烈新メンバーが女子レスラーとの不倫報道で電撃解雇!「これ以上のスキャンダルはもうゴメン」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月16日、DDT両国国技館2DAYS大会の初日となる『マッスルマニア2019 in 両国~俺たちのセカンドキャリア~』で純烈が新メンバーを加入させるも電撃解雇した。

 スーパー・ササダンゴ・マシン(マッスル坂井)がプロデュースする、エンタメ系プロレスイベント『マッスル』。約9年ぶりという久々の開催、しかも初の両国大会というビッグイベントに、ササダンゴゆかりのゲストとして南海キャンディーズ・山里亮太、安田大サーカス・クロちゃんなどが参戦する中、かつてマッスルでプロレスラーとして活躍していた酒井一圭HGがリーダーを務める“ムード歌謡グループ”純烈も参戦。

 マッスルのリングに登場した酒井は「久しぶりです嬉しい」と笑顔を見せ、結成当初にお客さんが少なかった頃から司会を務めてくれていたマッスル演出家の鶴見亜門に感謝を伝える。すると亜門は「演出家として言わせてもらうと、偶数だとセンターが決まらなくてバランスが崩れている。『純烈新メンバーオーディション2019時間差バトルロイヤル』を開催しよう」と提案する。
 顔色が変わる純烈メンバーを見て、酒井は「4人で再出発する、紅白目指すと誓いあったばかりなんです。お気持ちはありがたいですけど勘弁してもらえないですかね?」と苦笑しながら拒否するが、亜門は「じゃあ一圭もこれに参加しよう。優勝したらこのまま4人で活躍すればいい。コスチュームに着替えてこい!」と激高し、酒井が急遽レスラーとして復帰戦に挑むことに。

 DDTの選手を筆頭に、ムード歌謡歌手であるゴージャス松野や、坂口憲二の兄である坂口征夫、赤井英和の娘の赤井沙希、俳優の渡辺哲など豪華メンバーが次々登場しては失格していく中、酒井はなんとか生き延びていく。
 しかし最後は昨年様々な業界で話題になったアンドレ・ザ・ジャイアントパンダが登場し、酒井に二階からの光速ヘッドバッドからアンドレザプレスを投下し3カウントを奪った。

 この結果に酒井は「これはもう真剣勝負ですから。4人で大晦日の紅白、これは撤回して、4人プラス1匹で紅白歌合戦目指します」と認め、パンダをセンターに新生・純烈で『プロポーズ』を両国国技館の舞台で披露。
 地上波を含む報道陣に囲まれた新生・純烈は「紅白出場が決まる前からオファーを頂いていて、仲間が気を使って新メンバーの闘いまで繰り広げてくれて。まさか人間じゃないコイツになるとは思いませんでした(笑)でも純烈は、前川清さん、小林幸子さん、たくさんの方に助けていただいているのと同時に、仲間たちにも応援してもらって本当にありがたい」と涙する。

 しかし、全ての試合が終わり大団円を迎えたエンディングにて、新メンバーのジャイアントパンダが東スポにスキャンダル報道されていると発覚。なんと『2018年度プロレス大賞』授賞式の最中、女子プロレス大賞を受賞した女子レスラー藤本つかさ(35)の振袖姿に発情し我が子が見ている前でキス。藤本も「大きくて強い。でも甘えてくる。そんな男にキュンとしちゃいます」とコメントしたとのことで、奥さんのティンティンが「ドロボー猫!」と激高し離婚危機に陥っているというのだ。
 酒井の顔からは笑顔が消え「まずいどころの話じゃないですよダブルパンチじゃないですか。ジャイアントパンダくん、純烈はこれ以上のスキャンダルはもうゴメンなんだ。本当に申し訳ないが君をメンバーと認める訳にはいかない。君はこの場でクビだ」と、わずか2時間で新メンバーを電撃解雇。
 改めて4人で紅白歌合戦を目指すことを誓い、両国国技館で『星降る街角』を熱唱し再々スタートを飾った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×