日本初のWWEディーバ“ゲイシャガール”浩子夫人が見守る前で現役アイドルがKENSOに公開プロポーズ!「奥さんがいても好きなんです!」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・新木場1stRINGにて『スターダム★アイドルズ 2nd~戦いのはじまり~』が行われた。

 スターダム★アイドルズとは、『カタモミ女子』『info.m@te-インフォメイト-』などのアイドル活動を経てBeginningでアクトレスガールズとしてプロレスラーデビューし、現在はスターダムに所属する女子プロレスラー、中野たむがスターダムの姉妹団体として旗揚げした新団体。
 たむは、講談社主催のオーディション『ミスiD2019』に選ばれるなど現役で活躍するアイドルでもあり、昨年12月の旗揚げ大会では中野たむプロデュースのアイドル15名がプロレスデビューを果たしていた。
 同グループの楽曲は、数々のアイドルソングを手掛けるヒャダイン (前山田健一)が担当し、ダンスの振付は妖怪ウォッチの『ようかい体操第一』などで知られるラッキィ池田が担当。さらにきゃりーぱみゅぱみゅを育てた増田セバスチャンがアートディレクターとして参画するなど、豪華スタッフが集結しているのが特徴であり、この日の第2回大会では関根勤がプロレスデビューすることが発表されていた。

 この日のメインイベントでは、ジャイアント馬場に扮した関根勤が吉江豊、KENSOを従えて登場。KENSOのセコンドには、かつてWWEで日本人初のディーバとして一世を風靡した“ゲイシャガール”浩子夫人が付いた。
 関根勤&吉江&KENSOvs中野たむ&スターダム★アイドルズで行われたこの試合、アイドルズのメンバーである“新潟からやって来た美味しいお米の健康ガール”星野まなねとKENSOが対面すると、KENSOは腰紐を外して星野の首を絞めあげていく。
 反則カウント4で解放された星野は、浩子夫人が見守る前でKENSOにラブレターを差し出して「好きです!奥さんがいても好きなんです!」と公開プロポーズ。KENSOはニヤつきながら星野と浩子夫人を交互に見つつラブレターを受け取り、嬉しそうに開封。それを浩子夫人に見せに行くと浩子夫人はKENSOにビンタ。
 この光景を見た吉江が「ちゃんとやれよ!」とKENSOにチョップを入れて仲間割れすると、リング上は大乱戦へ。最後は、この混乱に乗じて関根勤がたむから卍固めでギブアップを奪い、会場に『炎のファイター ~INOKI BOM-BA-YE~』が鳴り響く中、関根勤は勝ち名乗りを上げた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る