原学がソウルモード旗揚げを前に塚本拓海を退け真霜拳號へのリベンジを宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 “筋肉で街を活性化”を合言葉に、来年上半期に団体としての「ソウルモード・プロレスリング」旗揚げを目指す原学が、12月12日、東京・新木場1stRINGで開催された「STEP9」で、キャリアに上回る塚本拓海(BASARA)に貫禄勝ち。試合後には、次回興行となる来年1月19日、神奈川・横浜ラジアントホール大会での真霜拳號(K-DOJO)戦に必勝を期した。

 原が、4月13日の東京・北沢タウンホール大会を皮切りにスタートさせた、入場無料のワンマッチ興行「STEP」シリーズも、12・12新木場で9回目を数えた。今回、原が迎え撃った塚本とは、10月に6人タッグ戦で1度対戦しただけで、文字通りシングル初対決となった。

 序盤は原が得意のグラウンドに持ち込もうとするも、塚本はしっかり防御して、なかなか関節技が決められなかった。原はローキックで切り崩そうとするが、タフな塚本は堪え忍んで、なかなか原のペースには持ち込めなかった。中盤には、原のキックと、塚本のチョップとの激しい応酬を繰り広げるも、両者とも一歩も引かず、一進一退の攻防が続いた。

 15分過ぎ、コーナーに上がった塚本を捕らえた原がパワーボムでたたきつけ、裏アキレス腱固めで絞り上げるも、塚本はロープエスケープ。逆転を狙った塚本は延髄斬り、ラリアットで追い込むも3カウントは奪えず。最後は塚本がオキャノンボムを繰り出した隙に、腕を取った原が、渾身の力で、逆十字固めで締め上げると、塚本はたまらずタップした。

 11月18日の東京・北千住シアター1010大会での大和ヒロシ戦に続き、ソウルモードでは初の連勝を飾った原は「頭が痛いけど、楽しかった。塚本選手、オマエが持ってるものはこんなものじゃないだろ。またどこかでやりましょう」とエール。

 塚本は「当たり前だけど、痛いのはお互い様。『ソウルモードって何だろう?』って思ったけど、原さんがいるだけでワクワクした。ソウルモードの魂を味わった。機会あれば、またお願いします」と返し、リングを降りた。

 そして、原は「なんとか自分の技、体で勝てました。勝負は1年目の選手が相手でも、10年目の選手が相手でも負けることがあると思うし、逆をいえば勝てる。4月に始めて、できない月もあるだろうと思ってたけど、毎月やれた。この『STEP』シリーズは、来年1月19日(横浜ラジアントホール)、2月23日(同所)で、ひとまず終わります。1月は新人のスーパー・マッチョ・モンキーが佐山駿介(ASUKA PROJECT)選手と、ボクは真霜拳號選手と対戦します。2試合になりますけど、入場無料です。真霜選手とは若手の頃に1回、その後、2回、シングルでやってますけど、3回やって、1敗2分け。1度も勝ってませんので雪辱したい」と、過去未勝利の真霜戦に闘志を燃やした。

 バックステージに戻った原は「予想したより、向こうの緊張感が伝わってきた。(防御が)うまい。お互い、何度もやってるわけじゃなくて、捕まえにいこうとしたけど、パワーじゃ勝てないと思って、スピード、技でやろうとした。捕まえて、押さえ込まれたときの力が強かった。彼のバックボーンは知らないけど、ふだんはデスマッチとかやってるんだろうけど、ボクのスタイルでの展開でも、もっとできると思う。いいライバルとして、上がってきてほしい。(初の連勝だが?)今年最後のソウルモード、ボク自身の試合も今年最後なんで白星で終われたのはうれしい。あと2大会決まってるんで、一つも落とせない。真霜選手とは、タッグでも長いことやってませんが、シングルで1度も勝ってないんで勝ちにいきます」とコメント。

 かたや、塚本は「原さん、ソウルモードの奥深さを思い知らされました。BASARAで2、3分しか戦ってなかったので、対戦するまで未知数でした。真っ向勝負したけど、想像してた以上にバチバチは刺激になった。デスマッチやストロングスタイルとは違う刺激をもらって、魂を感じました。こういう魂を勝手に受け継いで、これから戦っていきたい。原さんとは、10何分か存分に感じられたけど、また原さんと試合を重ねて味わっていきたい」と振り返った。

 これで、原はソウルモードでは3勝6敗の戦績となったが、VKFの12・12新木場大会で、生え抜き新人のマッチョ・モンキーがデビューした。「STEP」シリーズは来年2・23横浜で終了するが、原は「やはり所属が増えないと、本格的な旗揚げはできません。最低4人はいないと。即戦力でもいいし、未経験の新人でもいいので、興味ある人は、ぜひソウルモードに連絡してほしい」と先を見据えていた。

ソウルモード・プロレスリング「STEP9」
日時:2018年12月12日(水)
開始:16:45
会場:東京・新木場1stRING

▼シングルマッチ 30分1本勝負
○原学
18分11秒 腕ひしぎ逆十字固め
●塚本拓海(BASARA)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×