【試合結果】9・24 ASUKA PROJECT北千住大会 スターバック&UTAMAROvs篠瀬三十七&仲川翔大 田中稔vs瀧澤晃頼 佐山駿介&竹田光珠&井坂レオ&花見達也

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ASUKA PROJECT』
日時:2018年9月24日(月・祝)
開始:15:30
会場:東京・北千住シアター1010ミニシアター
観衆:101人(満員)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○藤原ライオン(フリー)
10分7秒 リングアウト
●リッキー・フジ(K-DOJO)

▼ミクスドマッチ 15分1本勝負
木藤裕次/○真琴(フリー)
7分57秒 ソフト今井レフェリーの不可抗力のトラースキック→横入り式エビ固め
●くいしんぼう仮面(フリー)/米山香織(YMZ)

▼タッグマッチ 15分1本勝負
○佐山駿介/竹田光珠(666)
9分56秒 PK→エビ固め
井坂レオ(Marvelous)/●花見達也(K-DOJO)

▼シングルマッチ 20分1本勝負
○田中稔(フリー)
11分58秒 HEATクラッチ
●瀧澤晃頼

▼Ray追悼試合 20分1本勝負
○スターバック(FCF)/UTAMARO(フリー)
14分27秒 パイルドライバー→片エビ固め
●篠瀬三十七/仲川翔大

“WNC同窓会マッチ”はスターバックが篠瀬に快勝!仲川がTAJIRI超えを宣言!瀧澤は田中稔に惜敗も両者ともに再戦を希望!佐山と井坂がバチバチ火花!

オープニング


 篠瀬代表、畠田GMがリングに上がり、2019年の第1弾興行が2月の北千住大会になる予定であることをアナウンスした。
 11・14新宿への他団体からの出場決定選手が、TAJIRI、KAI、大和ヒロシ、真琴と発表された。
また、8月30日に悪性脳腫瘍のため逝去した故Rayさんをしのび、追悼の10カウントゴングで冥福を祈った。RayさんはWNC時代から、篠瀬と親交があり、旗揚げ当初のASUKAに準レギュラーで参戦していた経緯がある。

第1試合


 リッキーVSライオンの異色対決は、ライオンのトペから、場外乱闘となった。リッキーはカウント18でリングに上がろうとしたが、ライオンがトランクスを下げて、リングインを阻止。お尻を出してしまったリッキーがあっけに取られる隙に、ライオンがリングに滑り込んでリングアウト勝ちを収めた。

第2試合


 序盤はくいしんぼうのコミカルファイトに、ほかの3人が引きずられたが、ソフト今井レフェリーのトラースキックが不可抗力で、くいしんぼうにヒット。すかさず、真琴がスクールボーイで丸め込んだ。

第3試合


 “ASUKAの超新星”佐山駿介は、5・4横浜ラジアントホールでは鈴木秀樹戦、7・26新宿では田中将斗戦と、チャレンジマッチが続いていたが、9・24北千住では、本人の強い希望により、同世代のバチバチ対決が実現。佐山は竹田光珠(666)と組み、井坂レオ(マーベラス)、花見達也(K-DOJO)組と対戦した。
 佐山はライバルと目する井坂と激しくやり合うなど、めまぐるしい戦い模様となったが、最後は佐山が花見にPKをたたき込んで、フォールを奪った。
 勝った佐山は「若手のタッグで勝ちました。井坂選手、11・14新宿でシングルでやれ! 勝ってないんで」とアピール。対戦を迫られた井坂も「やってやるよ」と応じた。
 佐山は「最近、格上の選手との対戦が続いたけど、今日は同世代とバチバチやれて、楽しかった。人一倍負けたくないんで。井坂選手とはシングルで2試合やって、負け越してるんで、ガツガツやって、必ず勝ちたい」とコメント。
 井坂は「今日は自分が勝とうと思ってたけど、負けてしまった。佐山選手とはシングルで2回やって、1回目は引き分け。2回目はボクが勝っている。(再戦を)言われることはわかってた。次も、しっかりと2勝目を挙げさせていただこうと思う」と話した。
 両者の意向を受け、篠瀬代表は、11・14新宿で、両者の3度目の一騎打ちを組むことを緊急決定した。

第4試合


 GHCジュニアヘビー級タッグ王者の田中稔(フリー)と、初の一騎打ちに臨んだ“ASUKAのホープ”瀧澤晃頼は、惜敗するも、両者ともに再戦を希望した。
 この2人は、7月26日の新宿FACE大会で、タッグ対決。試合後、稔が篠瀬代表に申し出て、初のシングル戦が実現。
 試合巧者の両者らしく、一進一退の目の離せないテクニカルな攻防が続いたが、稔がハイキックから、HEATクラッチで丸め込んで、勝ちどきを挙げた。
稔は「思ってた通り、いい選手だった。また時間を置いて、やりたい。意味のあるカードとして、組んでほしい」とコメント。
瀧澤は「高すぎる壁でした。ボクのなかでは、出し切った。何回でもというわけじゃないけど、勉強になるし、対戦が楽しみ。またレベルアップして、やりたい」と再戦を希望していた。

第5試合


 ASUKA PROJECTの9月24日、東京・北千住シアター1010大会のメインイベントで、篠瀬三十七、仲川翔大組VSスターバック(FCF)、UTAMARO(フリー)の“WNC同窓会マッチ”が、8月30日に逝去した故Rayさんの追悼試合として実現。仲川は試合には敗れたが、11月14日、東京・新宿FACEで行われる「篠瀬三十七興行」で、師TAJIRI超えを果たすことを宣言した。
 WNCのエース外国人選手で、ASUKAにWNCチャンピオンシップ王座のベルトを譲渡したスターバックが同団体に初参戦し、村瀬広樹の“化身”であるUTAMAROとタッグを結成。篠瀬、仲川のASUKAコンビが、これを迎え撃った。
 スターバックとは初対決となった篠瀬、仲川は果敢に挑んだが、そこはさすがに元WNC王者。簡単に主導権を取られることは許さず。UTAMAROもトリッキーなファイトで、2人を幻惑した。最後は篠瀬を捕らえたスターバックが、強烈な必殺のパイルドライバーを繰り出して3カウントを奪った。
 マイクを持ったスターバックは英語で「シノセ! 昔、TAJIRIの団体にいたときは、まだ練習生で、グリーンボーイだった。しばらく見ないうちに、団体を立ち上げて、トップとして、団体を率いているのはうれしい。ベルトをオマエたちに与えたことは正解だった。力をつけて、また挑んでこい。いずれベルトを取り返しに行く」と話し、近い将来のASUKA再上陸を誓った。
 仲川は「今日は力及ばなかった。11・14新宿で、師匠のTAJIRIさんとシングルをやります。今の状態では勝てないと思うけど、あと2カ月、試合経験を積んで、堂々と倒せるようにします」と宣言。
 バックステージに戻った篠瀬は「スターバックとは初対戦。村瀬選手とは対戦したことあるけど、UTAMAROとも初対戦。2人共、ワールドワイドな選手で、戦ってみてすごかった。新人時代、あこがれだったスターバックと、時を経て、交われてうれしかった。個人的には勝ってRayさんの追悼にしたかったけど、そう言えないのは、『まだまだ努力が足りない』というRayさんの伝言だと思う、精進していきます」とコメント。
 仲川は「WNCの同窓会マッチという概念で見てた人が多かったかもしれないけど、そうじゃなくて、世界で戦っている2人に、今のASUKAを彼らにぶつけたいと思って戦った。TAJIRIさんとのシングルまでに、いろんな経験を積んで、試合をしてスキルを上げて、あの人に勝てるように準備したい」と、改めて“師匠超え”を口にした。

『篠瀬三十七興行 – 絆 -』
日時:2018年11月14日(水)
開始:19:00
会場:東京・新宿FACE

<決定カード>
▼シングルマッチ
仲川翔大
vs
TAJIRI(フリー)

▼シングルマッチ
佐山駿介
vs
井坂レオ(Marvelous)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る