3年ぶりに復帰予定だった森嶋猛が怪我のため帰還興行が中止に!「しょっぱくてごめんなさい」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月15日に開催を予定していた『GENESIS ~森嶋猛 帰還~』が中止になった事が発表された。

  2015年4月に引退を発表していたが、引退試合を延期すると12月にNOAHを退団。その後は表舞台から姿を消していた森嶋猛は、7月10日に開催された長州力プロデュース興行『POWER HALL 2018~Battle of another dimension~』のリングに登場。
 リングに上がった森嶋は「お久しぶりです。3年ぶりに後楽園に来ました。色々ありましたが、やっぱり、プロレスがやっぱり好きなんで、10月15日、後楽園、ここのリングで、しっかりと自分の全力のプロレスをやります!あと3ヶ月ですが、しっかりと整えて、自分はここで!シングルマッチ!やりますんで!ぜひとも来てください!本日はありがとうございました!」と挨拶。さらにバックステージに戻ると「もっと批判がいっぱい来ると思ってた。色んな覚悟を背負ってリングに上ったんで。相手は決まってないですが俺は誰であろうと全力でプロレスをやります。しっかりやって怪我もなくリングを降りたい。俺のやってきたプロレスをしっかりやるだけです」と宣言。
 今まで何をやっていたかと問われると「プロレス離れて色んな事やって、人生プロレス以外のことやったことなかったんで、花屋やって荷物の運搬やって、建材運んで、コンサート警備、ピザの配達、ファミレスのハンバーグ作り、コンサートの屋台とかいっぱいあります。でも去年、プロレスを離れて久しぶりに全日本プロレスを自分でチケット買って見に行ったの。その時に俺はやっぱ見るもんじゃなくてやるもんだと自分で直感したんで。それは子供の頃とかわらないです。子供の頃から見るものじゃなくやるものだと思ったし。迷惑をおかけした関係者にはご挨拶をして、自分の中でケジメつけたつもりです。3ヶ月しっかりやります。帰還します!帰還します!」と、久しぶりに大事なことを二回言って笑顔を見せていた。

 その後10・15『GENESIS ~森嶋猛 帰還~』後楽園ホール大会にて杉浦貴とのシングルマッチが決定していたが、9月10日のランニング中に緊急搬送された結果『化膿性関節炎』と判明。ドクターストップにより本興行が中止となった。

 森嶋は「この度は、私の復帰のために多大なるご尽力を頂きました、杉浦選手、内田会長をはじめ、プロレスリング・ノアの関係者の皆様、応援を頂いている皆様、メディア各社様、何よりもお待ちいただきましたファンの皆様、皆様のご好意を裏切ることになり、伏してお詫び申し上げます。本当に情けなく、しょっぱくてごめんなさい。復帰したい気持ちは本心なので、一日も早く回復させ、リングに立ちたいと思います。勝手ばかり、ご心配をお掛けしてばかりで本当にごめんなさい。」とコメントを送った。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る