アスカが王者からのイス攻撃でWWE・SD女子王座奪取ならず

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、両国国技館にて『WWE Live Japan』が開催。第7試合ではカーメラが持つスマックダウン女子王座にアスカが挑戦した。

 序盤から逃げ回るカーメラをアスカが追う展開となったが、アスカのスライディングキックをエプロンバナーで挟んだカーメラが一方的に攻撃し形勢逆転。しかしアスカも裏拳から投げ捨てジャーマンで叩きつけスライディングレッグラリアートからフォールも2。場外に逃れたカーメラをアスカは追うが、カーメラはイスで殴りつけ、これを見たレフェリーはカーメラを反則負けにした。

 試合後もリング上で再度イス攻撃をしようとするカーメラをレフェリーが阻止するが、我慢ならないアスカはハイキックでカーメラを倒しKO。
 WWEのルールでは反則勝利では王座が移動しないため、アスカは試合では勝利したもののベルト奪取とはならなかった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る