【試合結果】6・3 タブプロレス広島大会 三原一晃&TORUvs谷嵜なおき&近野剣心 青木雄基&木下亨平vs”brother”YASSHI&ティーダヒート

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Till Death Do Us Part2018』
日時:2018年6月3日(日)
開始:18:00
会場:広島市・マリーナホップ マーメイドスペース
観衆:236名

▼シングルマッチ 20分1本勝負
●岡田剛史(TKエスペランサ)
7:49 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
○グンソ

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○ヒデ久保田(フリー)/ヤス久保田(フリー)
8分47秒 スクールボーイ
内田祥一/●レイパロマ

▼シングルマッチ 30分1本勝負
●カブキキッド
10分40秒 ピースライナー→片エビ固め
○サウザー

▼タッグマッチ 30分1本勝負
青木雄基/●木下亨平
10分51秒 カナディアンデストロイヤー→片エビ固め
“brother”YASSHI/○ティーダヒート(琉球ドラゴン)

▼DOVEタッグ王座挑戦者決定トーナメント決勝戦 60分1本勝負
三原一晃(フリー)/○TORU(道頓堀)
19分35秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
谷嵜なおき/●近野剣心

三原&TORUの大阪タッグが谷嵜&剣心を撃破しグンソ&葛西の持つDOVEタッグ王座に挑戦決定!青木&木下の新鋭タッグはYASSHI&ティーダ組に惜敗!

第1試合


 グンソの凶器(シノ)で流血に追い込まれた岡田が、得意の打撃、サブミッションで奮闘。しかしグンソがペースを握り、必殺のブレインバスターで仕留めた。

第2試合


 脚を負傷中の内田がパロマと共闘。しかしリング上は「カオス」の一言。最終的にヒデが他の三人を説教。

第3試合


 パワーで劣るカブキがサウザーの右腕封じを敢行、ラフ殺法を交え追い込むが、サウザーは要所で切り返し一進一退に。最後はクローズラインからピースライナー(オクラホマスタンピート)に繋いだサウザーが勝利。

 試合後サウザーは、ダブプロレスやファンへの感謝とともに、年内引退の意向を表明した。

第4試合


 ダブ新鋭タッグがブラザー・ヒート組に食らいつき、場外への同時プランチャや、青木のミサイルキック→木下のジャーマンの連携など成長を見せつけ、勝利に手を伸ばす。しかし地力に勝るブラザーが相手を分断、リング内を託されたティーダのカナディアンデストロイアーが木下に炸裂し決着。

第5試合


 大阪ラウンドを勝ち上がった両チームが激突。地元の近野を狙い撃ちにする「大阪最強」タッグに苦戦を強いられるダブ勢。近野が得意のスリングブレイド式フェイスクラッシャーで窮地を脱すると、現ダブシングル王者の谷嵜が暴れまわり、膝蹴りや各種のインプラント(変形パイルドライバー)で一気に追い詰めるも、三原の剛腕殺法が火を吹き、熱戦が続く。決着を狙った双方が分断作戦をとり、リング上に残ったTORUと近野が打撃で火花を散らすが、TORUが近野にカウンターパンチ、セカンドロープにもたれた後頭部への膝、さらにブレインバスターと畳み掛け万事休す。

 試合後、三原・TORU組はグンソ・葛西純組が持つダブタッグ王座への挑戦を表明し、リング下のグンソを挑発した。
 次回大会は2018.7.15アゼリア大正(大阪市)で、BASARAとの対抗戦を予定。

<レポート・写真>©ダブプロレス

関連記事

サイト内検索

日別

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る