【第49回】VAPERレスラー谷嵜なおきのバトルニュースで取り扱い注意!~ダブプロレスとインディペンデントとインディペンデントワールド世界Jr.ヘビー級と勢いと誕生日と~

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

ダブプロレスの谷嵜なおきです。
先日の11月26日は新木場にてインディージュニアの祭典が行われました。
パンクラスミッションの佐藤光留選手が音頭とり開催。

そこにはいわゆるメジャーと呼ばれる場所には居なくても、しっかりとプロレス界で生き抜いてる選手が集まって来ており、頻繁に試合会場で顔を合わす選手、久しぶりな選手、初見の選手がおり、ザ・インディー選手が揃っていました。
その中でも自分は第34代インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級王者として呼んでもらいましてタイトルマッチを行いました。
挑戦者を公募すると言うスタイルで募ったところ、フリーの梶トマト選手、2AW所属の花見達也選手からの挑戦を受け3WAYマッチとなりました。
こう言う場面でプロレスラーとしての意志をハッキリ示して名乗りを上げてきてくれた事が素直に嬉しかったですね。
梶くんとは飲みの場ではちょくちょく顔を合わす事があってもリング上で顔を合わせる事はなかなかなかったかな。
所属団体を退団してフリーとなり、前へ前へと進み上を目指す姿勢、その切っ掛けとしてどうしてもインディージュニアのベルトを取りたいと言う気持ちが凄く感じられました。
花見選手は所属団体には何も告げずに、自分個人の意志で挑戦者として名乗りを上げてくれました。
これ、彼のキャリアでなかなか出来る事じゃないと思います。
いや、キャリア関係ないかも知れないですね。団体に所属しているとやはり団体側から『勝手な事をするなと』注意を受けたりする事に対してビビってしまう人が殆どの中、その精神はレスラーとしてとても魅力的で将来性も感じられましたし、そんなトンパチな部分は嫌いじゃないです。決められた枠の中で一所懸命に盛り上げようとする姿や個性も大切で素晴らしい事です。しかし個人的にはそう言うトンパチ感ある選手のほうが好きですね。

公募って言ってもデキレースじゃないの?と聞かれたりしますが、完全に嘘偽りの無い募集でしたね。
こう言う事が可能なのもまたインディペンデントの良いところではとも思います。
以前はTwitter上でMYWAYのヴァンベールネグロ選手がインディージュニアのベルトに挑戦したいと意志表示してくれた事もありました。
その時は博多でノーリングでダブプロレスの元祖クラブスタイルのセルフオマージュシリーズのBARBRAWLの中で選手権試合をしました。
切っ掛けはTwitterの些細なやり取りでも投げ出さず最後まで責任を持って挑戦して闘う姿勢は応援する人の何かしらのエネルギーになっているのではと感じます。

次のインディーJr.のタイトルマッチに関してはリングソウルでワンマッチ興行なんかでできればなぁ、なんてぼんやり思っております。
オーナーの藤永さんには何も伝えてませんが笑
誰か名乗りを上げてくれると嬉しいですね。

そして12月24日にはダブプロレスの年内締めくくりの「Bump Bump Revolution18」が広島マリーナホップで開催。
前回の梅田TRAD公演で人間力を最大に発揮させ神々しさを身に纏っているようにも見えたレイパロマさんが木下亨平の持つダブ世界ヘビー級のベルトに挑戦を表明しました。王者が受諾してこのままタイトルマッチになるのか、そして今ノリにノっているパロマがベルトをもぎ取れるのか。
そんな勢いに乗るレイパロマを12/11(日)昼の新木場、天龍プロジェクトでIJタッグのタイトルマッチで迎え討ちます。
前回苦汁を飲まされた相手だけに我々たにやんこだやんも気を引き締めなければなりません。
ジュリーズかたにやんこだやんか。
この業界に長くいてると『勢い』の持つ爆発力には本当に要注意と言う事は重々承知しております。
その勢いに我々も乗りつつも凌駕して防衛しIJタッグ王者のまま年を越してやるぞと。
そして12月1日には誕生日、12月7日にはデビュー20周年の日を迎えました。
この世界でもまだまだこの年齢以上、キャリア以上でも第一線で活躍している選手の方達を見てると勇気を貰い、自分もまだまだやれる、やってやるぞと言う気持ちになれます。
あと何年やれるか分からない。何年もやるつもりでも怪我等で志半ばで引退せずにはいられない状況に陥るかも分からない。
なのでやはり、毎試合悔いなく、その一瞬を生きようと強く思います。
例えば好きな選手がいてもその選手を10年見れるのか1年程でいきなり見る事も出来なくなるのか分かりません。天龍さんの言葉で自分も大好きな言葉です。

『一瞬(いま)を生きろ』

12/11(日)
天龍プロジェクト
年内最終戦
新木場1stリング

▼IJタッグ選手権 
【王者】谷嵜なおき&児玉祐輔
vs
【挑戦者】新井健一郎&レイパロマ

12月24日(土)
「Bump Bump Revolution18」
広島マリーナホップマーメイドスペース
年内最終戦
18:00 OPEN 18:30 START

前売り
最前列指定席 7500円
自由席 5500円
当日各+1000円
18歳以下1000円(当日のみ、要身分証)
出場予定選手
谷嵜なおき "brother"YASSHI 近野剣心 グンソ 木下亨平
青木魔太郎 伊東優作 カブキキッド レイパロマ
宮本裕向 火野裕士 椎葉おうじ
 

1月3日(火)
14時30分
大阪梅田TRAD
オールスタンディング
前売り¥6,000
当日¥7,500

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る