【試合結果】4・22 WAVE新木場大会 飯田美花vs宮城もち 飯田美花vs弓李 飯田美花vs雪妃真矢

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『YOUNG OH! OH! ’18〜飯田美花引退直前5人掛けスペシャル〜』
日時:2018年4月22日(日)
開始:13:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:166人

▼春のヤング甲子園オー!オー! 60分3本勝負
山下りな(OSAKA女子)/藤田あかね(アイスリボン)/門倉凛(Marvelous)
2−1
朱崇花/フェアリー日本橋(OSAKA女子)/有田ひめか(Beginning)

<一本目>
〇フェアリー日本橋
5分34秒、エビ固め
●門倉凛

<二本目>
○門倉凛
0分45秒 山下のスライディングラリアット→エビ固め
●フェアリー日本橋

<三本目>
○藤田あかね
8分16秒 みかんでポン→片エビ固め
●有田ひめか

▼メモリアルYOUNG OH! OH!〜飯田美花引退ロード〜シングル5人掛け 各10分1本勝負
<一人目>
○宮城もち(アイスリボン)
7分38秒 もっちりバディシザース→片エビ固め
●飯田美花

<二人目>
○飯田美花
7分21秒 ヨーロピアンクラッチ
●弓李(アイスリボン)

<三人目>
○雪妃真矢(アイスリボン)
5分42秒 スノウトーンボム→片エビ固め
●飯田美花

▼シングルマッチ 10分1本勝負
△長浜浩江
時間切れ引き分け
△高瀬みゆき(Beginning)

二週間後に引退を控えた飯田美花が5人掛けを行うも試合中に右肩を脱臼!「メチャクチャ悔しい。どうしようっていう感じです」

試合前


 昨日から続いている宮崎VS広田のアブノーマルWAVE。会場に車で到着した2人は、乱闘を繰り広げながらリングへ。広田のボ・ラギノールは決まるも、トペは失敗。そのまま控室へと消えていった……。

オープニング


 飯田美花の引退直前5人掛けスペシャルとして若手興行「YOUNG OH! OH!」を久しぶりに開催。
 まずは全選手入場式がおこなわれ、選手を代表して、有田ひめかが「本日初参戦となりましたBeginning、アクトレスガールズの有田ひめかです。よろしくお願いします。デビューして間もないんですけど、印象に残るように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」と挨拶。そして、恒例の「ヤング・オー!オー!」で大会をスタートさせた。

第1試合


 第1試合は、朱崇花&フェアリー日本橋&有田ひめかVS山下りな&藤田あかね&門倉凛の6人タッグマッチ。試合に先立ち、旧姓・広田さくらによる開始のサイレン。花道から現れた広田だったが、背後から宮崎も追ってくる。宮崎をボ・ラギノールで振りきった広田がサイレンを鳴らし、ヤング甲子園が開幕!
 先発は朱崇花vs門倉。朱崇花のアームホイップ、門倉のフランケンシュタイナーが決まる。続いて有田vs山下へ。ショルダータックルの打ち合いで沸かせる。フェアリーVS藤田となり、フェアリーは「お待ちになって! とっておきの自己紹介を用意しているの。それだけさせてちょうだい」と帽子を被ってご挨拶。礼儀正しく自己紹介したが、相手チームのトレイン攻撃に捕まり劣勢に。
 フェアリーのブレーンバスター、真空蹴りはいずれもカウント2止まり。そこに朱崇花がトラースキックでアシスト。フェアリーに躓いた門倉が押さえ込まれて3カウントが入った。
 
 2本目がはじまり、門倉はスクールボーイを連発。何度もキックアウトしたフェアリーだったが、エビ固めの応酬の際、山下がフェアリーにスライディングラリアット。そのまま門倉が押さえ込み、試合をイーブンに戻した。

 3本目は朱崇花VS山下でスタート。激しいぶつかりあいのなか、朱崇花のビッグブーツが決まる。山下のブレーンバスター、朱崇花のドロップキック、山下のラリアットと交互に炸裂。
 藤田が出ていくと、朱崇花もトラースキックを放って有田と交代。有田はフォアアームで向かっていき、ショルダータックル。そして逆エビ固めで絞り上げる。ブレイクした藤田が形勢逆転。
 有田に対して藤田→山下→門倉が張り付け攻撃をお見舞い。有田も串刺しニーでやり返すと、ジャンピングニーを炸裂させる。
 ならばと藤田はハーフクラッチの極楽固めで形勢を入れ替える。すかさず山下が朱崇花&フェアリーを両腕ラリアットで排除。孤立した有田に藤田がみかんでポンを放ってジ・エンド。

第2試合


 飯田美花の5人掛け。最初の選手はアイスリボンの宮城もちが登場。セクシーポーズを連発し、「きっと最後だ、お前もやれ」と飯田に強要。戸惑いながらも飯田がトライしファンにサービス。
 飯田は腕攻めで反撃開始。低空ドロップキックを放った飯田はフィッシャーマン・スープレックスを敢行する。
 もちのモンゴリアンチョップ、飯田のエルボースマッシュが炸裂。続いてもちがリバーススプラッシュを連発していく。丸め込みからもっちりボディーシザースを敢行。
 飯田もヨーロピアンクラッチから走るが、もちがもっちりボディーシザースで迎撃し3カウント!

第3試合


 2番手は、アイスリボンの弓李。開始早々、飯田はグラウンドに持ち込み腕狙い。苦しめられた弓李だったが、払い腰で形勢逆転。腕4の字で絞り上げる。
 脱出した飯田がグラウンド卍固めへ。フィッシャーマン・スープレックスを連発していく。残り5分となり、弓李がダイビング・ボディーアタック。キックアウトされるとワキ固め→腕固めへ。弓李バスターもカウント2。ジャックナイフエビ固めは、飯田も切り返す。そのまま飯田がヨーロピアンクラッチで逆転勝利。
 ここで飯田にレフェリーチェック。どうやら肩が負傷している模様。いったん飯田が退場することに。

 困った二上社長が宮崎VS広田に緊急アナウンス。子供たちのもぐもぐタイムだったが、おにぎりを持って2人が現れる。乱闘を繰り広げる宮崎VS広田。そこに桜花が子供を抱っこして登場。子供をお互いに抱っこして対峙するも、さすがに一時休戦となった。

第4試合


 テーピングをほどこした飯田が再び登場し、試合再開。3番手の雪妃がドロップキックを放ち、負傷した肩にデコピンならぬ、肩ピンを浴びせる。
 飯田もアンクルホールドで流れを変えると、ヒザ十字で捕獲。脱出した雪妃がミサイル発射。雪妃のローキックを飯田がかわしてヨーロピアンクラッチへ。キックアウトした雪妃がもう一度、ローキック。最後はスノウトーンボムを投下させ3カウント。

 残り2試合となるが、飯田の目には涙。二上社長、レフェリーのチェックが入る。マイクを握った二上社長は「飯田君、これ以上無理なので、5人掛け3人で終了します。すみません。本当にすみません(ファンからは飯田へ温かい拍手が送られ、飯田が土下座し退場)。このままじゃあれなので、高瀬VS長浜やってもいいですか?」とアナウンス。

第5試合


 飯田との対戦がなくなった、長浜浩江と高瀬みゆきが急きょシングルマッチで対戦。ロックアップから長浜が押し込む。高瀬も押し返しクリーンブレイク。高瀬がスピニングトーホールドを仕掛ければ、長浜もお返し。すぐに高瀬が逆片エビ固め。ブレイクされるとサーフボードストレッチへ。
 エルボーの打ち合いから長浜がドロップキック→串刺しドロップキック→ドロップキックでカウント2。長浜の逆エビ固めが決まる。さらにロングビーチへ。ブレイクされるとブレーンバスター2連発。
 高瀬も串刺しラリアットで反撃。セカンドからのドロップキック、エルボーアタックでカウント2。カミカゼもカウント2。同じくセカンドからギロチンドロップを投下させるも、寸前で長浜もかわす。
 馬乗りエルボーを放つ両者。長浜のサクラ落としはカウント2。残り30秒から長浜がミサイル発射。高瀬も首固めで切り返し、ドローを迎えた。急きょ闘うことになってしまった長浜と高瀬。試合後は健闘をたたえ合った。

エンディング


二上社長「飯田君がいないので私が進行しますね。出ていただいた選手、上がってください。まず夜の大会も飯田美花、出れません。しょうがない。ごめんなさい。いま急きょ連絡を取ってるんですが、返事がないんですけど、藤本VS長浜にします。6人タッグの枠に高瀬さん、出ていただいていいですかね? そんな感じでいきます」

飯田「すみません、今日は試合中のケガで3本までしかできなくて、楽しみにしていてくださった方には申し訳ありませんでした。本当は5人掛け、無事に終わって夜も藤本さんとシングルして、今日1日メチャクチャしんどいけど、プロレス楽しいなって思うつもりでした。まだケガの状態はわからないんですけど、少し休んで引退を無事にできたらなと思っています。今日は本当にすみませんでした。応援してくださってありがとうございました」

 最後は飯田の「ヤング・オー!オー!」で大会を締めた。

<興行後コメント>
飯田美花
「5人掛け、途中で終わったのくらい私くらいですよね……。メチャクチャ悔しいな。長浜と高瀬さん、試合できなかったので、あと夜の藤本さん……最後にシングルしたかった人いっぱいいたんですけど、どうしましょう。いま、どうしようっていう感じです」

——どこでケガをした?
「丸め込みを返したときにバコンとはずれちゃって、弓李のジャックナイフを返した瞬間に外しました。もともと最近ゆるかったので不安は凄くあったけど、テーピングしてたんですけど……」

——この先の試合に関しては?
「ちょっとわからないです。引退試合……。あーでも青森もあるしな。なんか様子を見て……としか言えないです。25日もあったんですけど、小波ちゃんとシングル。あと古河と青森、あとは25日のGPSだったので、もともと試合もなかったんですけど」

——今日闘った選手への思いは?
「2010年デビューの同期って数が少ないんですけど、つくしとくるみと、くるみは結局試合はしなかったんですけど、帯ちゃん、帯広も欠場してるし、一番、身近な同期がもちで、試合する機会が最後なかったので、5人掛け本当はヤング5年未満としてるのでヤングの選手に絞ろうと思ってたんですけど、最後、迷ってていいかなと思ってもちに。弓李は、ファイトスタイルが似てるところがあって、試合する機会が多かったんですけど、慕ってくれてて。もともと最初から5人掛けには弓李を入れようと決めていたので。雪妃さんは、なんていうか、なんか結構、プライベートでも付き合いがあって、カッコいいなと思うし、なんか最後5人掛けと思ったときに浮かんだので雪妃さんだったので、あーでも申し訳ないなと思いました。ケガしながら、メチャクチャ気を使わせたというか、遠慮させてしまったので……」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る