12.21 Krush仙台大会で女子王座2度目の防衛戦に挑む朱里「3本のベルトを持って年越しをします」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

明日12月21日に迫った『Krush48』(宮城・仙台サンプラザ、15時開始)のKrush女子タイトルマッチ、朱里(王者=ボスジム)vs.グレイシャア亜紀(挑戦者=NEXT LEVEL渋谷)の記者会見が行なわれた。
まず会見に先立ち計量が行なわれ、ともに規定をクリア。続いて宮田充代表立会いの下、会見へ移行した。

宮田代表は見所として、「グレイシャア選手はKrush初登場、数多くのタイトルを獲得して、女子キックの第一人者といわれる存在です。立ち技格闘技のトップ対決といっても過言ではない、ひじょうに話題となっている一戦です」と説明。

朱里は「初の仙台での試合、それにKrush2014年最後の試合ということで気合が入っています。グレイシャア亜紀選手はとても強いので絶対勝つ、そして面白い試合にしたいという気持ちが強いです。いつも言うように男子に負けない試合をする、それも勝負だと思っています」と力強くコメント。グレイシャア亜紀の印象については「キャリアが長くてテクニックもすごくある。自分が初めてキックの試合を見たときに出ていた選手ですごく強い選手という印象が残っています。でも明日はそれを上回ります!」と公言した。

挑戦者のグレイシャア亜紀は「最近36歳になったばかりで、若い朱里選手に勝てるハートも整えてきました。アラフォーはまだまだいけるぞ、っていうのを見せたい。朱里選手はプロレスもやってて心技体のバランスがよい選手。当たり負けないことだけを考えて臨みたい」と闘争心を見せた。

朱里は12日のREINA女子プロレス新木場大会で、CMLLのマルセラを破りCMLL世界女子王者となったばかり。26日には後楽園ホールで華名とのREINA世界女子選手権も控える。「3本のベルト(Krush女子、CMLL世界女子、REINA)を持って年越しをします」と語る格闘技界の二刀流ファイター・朱里は、現在、格闘技戦通算11勝0敗。無敗記録、そして連勝記録をさらに伸ばすことができるか?

Krush48
日時:2014年12月21日(日)
開始:15:00
会場:宮城・仙台サンプラザ

▼ダブルメインイベント第1試合 Krush女子タイトルマッチ 3分3R・延長1R
[王 者]朱里(ボスジム)
vs.
[挑戦者]グレイシャア亜紀(NEXT LEVEL渋谷)
※初代王者・朱里の2度目の防衛戦。

【記事提供/REINA女子プロレス】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る