首の手術で長期欠場していた大和ヒロシが2年ぶりの復帰を宣言!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、後楽園ホールにて開催された『WRESTLE-1 TOUR 2018 W-IMPACT』に大和ヒロシが来場。リング上から復帰を宣言した。

 大和は2016年3月に、現役クルーザー王者でありながら首を負傷し緊急入院。頚椎損傷の疑いで欠場となり王座を返上したが、5ヶ月後の8月に復帰戦を行うも同月に再負傷。頚椎症性脊髄症と診断され、手術を伴う長期欠場となった。

 リングに立った大和は「2016年、首の怪我をして欠場して今日までリングを離れておりましたが、丁度一ヶ月後の3月14日、ホワイトデー、その日に私大和ヒロシ、復帰戦を行います!3月14日、ホワイトデーらしく、そして大和ヒロシらしく、どんな試合よりも白熱した試合を皆さんにお見せしたいと思っているので、是非一ヶ月後この後楽園ホールにご来場いただけましたらと思います」と宣言。
 首の状態に関しては「もう完治です。お医者さんからも言われたのは、やっぱりレスラーという人種は不思議なもので、骨がみるみるうちに修復というだけでなく前以上に丈夫になっていくんじゃないかと、それぐらいの勢いで治ってるという事でして、現在も状況も完全に良好ということで、大丈夫ならやっていいよということで、昨日病院に行ってきたんですけど、改めて一筆も書いていただいてですね、出られることになりましたので今日こうして発表させていただきました」と報告した。

 同期のKAIが三冠に挑戦、SANADAがIWGPに挑戦と活躍する中、一番熱い男がついにリングに帰ってくる。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る