【試合結果】2・5 新日本プロレス後楽園ホール大会 オカダ・カズチカ&後藤洋央紀&外道&ウィル・オスプレイ&YOSHI-HASHIvs内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI&高橋ヒロム

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Road to THE NEW BEGINNING』
日程:2018年2月5日(月)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,604人(満員)

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー/タイガーマスク/○田口隆祐
7分17秒  どどん→エビ固め
成田蓮/八木哲大/●海野翔太

▼タッグマッチ 20分1本勝負
中西学/●岡倫之
6分21秒 ピンプジュース→体固め
[BULLET CLUB]○高橋裕二郎/ヒクレオ

▼シングルマッチ 20分1本勝負 北村克哉 7番勝負第4戦
○天山広吉
9分42秒 アナコンダマックス
●北村克哉

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
[ROPPONGI 3K]ロッキー・ロメロ/SHO/○YOH
10分35秒 3K→片エビ固め
[鈴木軍]●TAKAみちのく(K-DOJO)/タイチ/エル・デスペラード

▼タッグマッチ 30分1本勝負
ジュース・ロビンソン/●トーア・ヘナーレ
8分54秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
[CHAOS]矢野通/○石井智宏

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
○真壁刀義/マイケル・エルガン/KUSHIDA
14分1秒 キングコング・ニードロップ→片エビ固め
[鈴木軍]鈴木みのる(パンクラスMISSION)/飯塚高史/●金丸義信

▼シングルマッチ 30分1本勝負
●デビッド・フィンレー
11分40秒 ブレードランナー→エビ固め
○ジェイ・ホワイト

▼時間無制限 スペシャルイリミネーションマッチ
[CHAOS]オカダ・カズチカ/後藤洋央紀/外道/ウィル・オスプレイ/●YOSHI-HASHI
21分41秒  EVIL→片エビ固め
[L.I.J]内藤哲也/○“キング・オブ・ダークネス”EVIL/SANADA/BUSHI/髙橋ヒロム

<退場順>
髙橋ヒロム(10分32秒 OTR)、ウィル・オスプレイ(10分43秒 OTR)、内藤哲也(12分19秒 OTR)、外道(13分45秒 反則)、BUSHI(14分00秒 OTR)、SANADA(16分57秒 OTR)、オカダ・カズチカ(17分01秒 OTR)、後藤洋央紀(19分22秒 OTR)

EVILがタッグ王座戦の前哨戦に勝利し「完璧」と自画自賛!真壁がみのるのインターコンチに挑戦表明も「名もなき平民が王様に楯突くな」と一蹴!

第1試合


 ゴング前に成田が主張しライガーと顔を張り這う。そのまま二人が先発へ。グラウンドの攻防からライガーが丸め込むも1で返した成田にヘッドシザース。そのまま腕固めも成田はロープへ足を伸ばしブレイク。

 ライガーは足を刈って倒し絞り上げていくが、ライガーは膝十字。ライガーはこれを離すとタイガーにタッチ。

 タイガーは足へのニードロップからトーホールド。立ち上がらせるとコーナーに押し込み顔面に掌底から逆コーナーに振るが、成田はエルボーで迎撃しドロップキック。成田は八木にタッチ。

 八木はチョップからエルボー連打。タイガーは膝蹴り連打で返すが、八木はチョップ連打。だがタイガーはソバットからブラジリアンキックを叩き込み、ネックチャンスリーから背中にニードロップ。タイガーは腕固めも八木はロープへ足を伸ばす。
 タイガーはロープへ飛ぶが、八木はドロップキックで迎撃しチョップ連発。さらにガットショットからロープに飛ぶが、タイガーはソバットからハイキックで倒し、倒れた八木を蹴りつけてから田口にタッチ。

 田口はガットショット連発から顔面を踏みつけ、コーナーに振ると串刺し攻撃を狙うが八木は足を伸ばしてカットしミサイルキック。八木は海野にタッチ。

 海野は串刺しバックエルボー3連発からランニングバックエルボーで倒しフォールも2。
 田口をコーナーに振ってトレイン攻撃から海野がミサイルキック。フォールも2。
 海野は逆エビ固めで捕らえるがライガーがカット。
 田口は延髄斬りも海野はかわしてラ・マヒストラルを狙うが、田口はアンクルホールドで切り返すも海野は巻き投げてからラ・マヒストラルも2。
 海野はエルボースマッシュ連発から走り込むが田口は延髄斬りで迎撃しどどん。これで3カウント。

<試合後コメント>
田口隆祐
「全然元気がねぇなぁ、ヤングライオン!タッチもらわなきゃ入ってきちゃいけないのか?自分のパートナーがピンチだったらガンガン助けに入ってこいよ!自分の番が回ってこなかったらドンドン入ってきてアピールすんだよ!ヤングライオンだろ?!全然若さが足りない!」

第2試合


 先発はヒクレオと岡。裕二郎が岡の背後から殴りかかり、ヒクレオが岡を場外に投げ捨て場外乱闘へ。
 リングに戻るとヒクレオがストンピングから裕二郎にタッチ。

 裕二郎は首投げからサーフボードストレッチ。そのままサミングからギロチンドロップ。フォールも2。裕二郎はヒクレオにタッチ。

 ヒクレオはストンピングからエルボー連打。だが岡が一本背負いで叩きつけ中西にタッチ。

 中西は逆水平チョップ連発。ヒクレオはロープに振ろうとするが、耐えた中西はラリアットからボディプレス。フォールも2。
 中西はアルゼンチンで担ぐが裕二郎がガットショット連発。さらに低空ドロップキックで助けるとヒクレオは裕次郎にタッチ。

 裕二郎はラリアットを避けるも中西は野人ハンマー。中西は岡にタッチ。

 中西が串刺しラリアットから岡が串刺しボディスプラッシュ。さらにフロントスープレックスからヒクレオをブレーンバスター。岡が中西とともに野人ダンスから裕二郎にランニングバックエルボー。フォールも2。
 岡は投げようとするも裕二郎は手を噛む。だが岡も手を噛みつき返しエルボースマッシュ。岡は走り込むが、裕二郎はビッグブーツで迎撃。岡のビッグブーツをキャッチした裕二郎が足を刈って倒しスライディングキック。さらにフィッシャーマンバスターで叩きつけフォールも2。
 裕二郎はピンプジュースで突き刺し3カウント。

<試合後コメント>
ヒクレオ&高橋裕二郎
ヒクレオ「裕二郎さん、俺達何回勝った?」
裕二郎「たくさん勝ってるよぉ。なのに大阪のビックマッチで俺達の大きな試合が組まれていない。なぜだ?俺とレオで組んでヤングボーイズとやってやろうぜ。ハンディキャップマッチでもいいよ。楽勝だ!」

第3試合


 ロックアップから一度離れると、再度ロックアップもお互い押し込めず離れる。天山はガットショットからヘッドバッド連発。ロープに飛ぶとショルダータックルも、北村は受け切り、再度天山がショルダータックルも北村は動じない。北村が走り込むも、天山はガットショットで迎撃しストンピング。さらにヘッドバッド連発で倒し走り込むが、北村はショルダータックルで迎撃し、再度ショルダータックルで吹っ飛ばす。そのまま場外戦へ。

 リングに戻ると天山はストンピングからヘッドバッド。さらにエルボーからロープに振るとフラップジャック。天山はヘッドドロップからフォールも2。再度フォールも2。

 天山はフェイスロックからチョップを打ち込みエルボードロップ。フォールも2。
 天山はモンゴリアンチョップ連発で倒すと、コーナーに押し込みガットショット連発。さらにヘッドバッドから逆コーナーに振ると串刺しボディスプラッシュ。ブレーンバスターで叩きつけフォールも2。

 天山はストンピングから逆水平チョップ。コーナーに売って走り込むが、北村はショルダータックルで迎撃する。
 北村はコーナーに振って串刺しバックエルボーからショルダータックルで倒しフォールも2。
 北村は担ぐとフロントバスターからフォールも2。北村はストンピングからスピアーを突き刺しフォールも2。
 北村は投げようとするが、耐えた天山が膝蹴り連発からDDT。フォールも2。
 
 天山は小島ばりに剛腕ラリアットを狙い走り込むが北村は逆水平チョップで迎撃し走り込むも、天山はニールキックで迎撃。フォールも2。
 天山はチョークスラムからアナコンダバイスで捕らえギブアップを奪った。

<試合後コメント>
北村克哉
「天山さんと試合できて、もっともっといい試合したかったんですけど、やっぱりダメでした……。プロレスラーデビューして初めて付き人させていただいて、たくさんのアドバイスをいただいて育ったので、今日の闘いは天山さんに思い切りバチバチ闘うことが恩返しだと思って全力尽くして頑張りました。明日も試合があるので全力で頑張ります」

第4試合


 入場してきたRPG3Kを鈴木軍が急襲し場外乱闘へ。リングに鈴木軍がSHOを投げ入れ3人でストンピングから、デスペとTAKAにダブル攻撃を狙うも、SHOはデスペを場外に投げ捨てTAKAにスピアー。タイチにはドロップキックを叩き込み、バックを取るがタイチはレフェリーを掴み耐えると、SHOはエルボー連打からロープに飛ぶがデスペがエプロンから蹴りつけタイチは首投げからサッカーボールキック。タイチは場外にSHOを投げ捨て再度場外乱闘へ。

 TAKAはストンピングからチョップの打ち合い。TAKAはサミングから走り込むが、避けたSHOをTAKAはジャストフェイスロック。SHOはロープへ。TAKAはストンピングからタイチにタッチ。

 タイチは背中にハンマーから木づちで殴りつけ、串刺しアックスボンバーからバズソーキック。交わしたSHOがドロップキックも、タイチはこれを避けてデスペにタッチ。

 デスペはリバースゴリーで絞り上げ、タッチをストンピングでカットすると投げようとするがSHOはブレーンバスターで叩きつけてロメロにタッチ。

 ロメロはエルボーをガードしナックル連打。デスペはロメロの口をふさいで前蹴りも、キャッチしたロメロがナックル。タイチがロメロをコーナーに振るが、ロメロはコルバタで投げ捨てる。
 ロメロはフォーエバーラリアットも、デスペはビッグブーツで迎撃しロープに飛ぶがロメロはラリアットで迎撃。ロメロはYOHにタッチ。

 YOHは串刺しバックエルボーから逆コーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、デスペはショルダースルーもエプロンからYOHはエルボーを叩き込みボディにショルダータックルを叩き込みスワンダイブフットスタンプ。フォールも2。
 デスペはサミングから走り込むが、YOHはガットショットから走り込むがデスペはスパインバスター。デスペはTAKAにタッチ。

 YOHにトレイン攻撃からデスペが首投げで倒しTAKAがランニングニーを突き刺しフォールもロメロがカット。
 TAKAは二段蹴りの膝蹴りからトラースキック。フォールも2。
 タイチが羽交い締めにしてデスペがベルトで殴りかかろうとするが、場外からSHOが足を引っ張り倒し、ロメロがタイチにドロップキック。TAKAはYOHにバイシクルキックからSHOにサミング。ロメロにもサミングからロープに飛ぶが、RPG3Kはトリプルジャンピングニーからロメロがトペ・スイシーダ。SHOがTAKAにバッククラッカーからYOHがドロップキックを叩き込み3K。これで3カウント。

<試合後コメント>
エル・デスペラード
デスペ「おい、どっちがSHOでどっちがYOHだかそんなのはどうでもいい。覚える気も失せた。どうせお前らロッキーがいないとなんにもできねぇんだろ?アイツにおんぶにだっこじゃねぇか。いいか。テメェらに俺達がプロレスの怖さを教えてやるよ。キラキラやってりゃいいってもんじゃねぇんだ。いてぇんだ、こえーんだ。プロレスってのは」

タイチ
「もういいんだよ。あんなチビとか細いやつは。この2m1cm、170kgの身体を見ろ。なぁ?後楽園ホール、思い出すなあオイ。前回何があった?前回何があったコラ!」

――内藤哲也選手との一騎打ちがありました
「そこでなにがあった?」

――『タイチ選手はヘビー級に行ってもいいんじゃないか』と
「だなぁ。『のほほんとしてていいのか』とか言ったなぁアイツ?テメェが言ったんだぞ!内藤!コラ!責任取れ。その発言。テメェが俺をその気にさせたんだぞ。内藤、責任取れ。だからもう一回俺とシングルだ。責任取れ。その気にさせた俺の前にもう一回立て、内藤。タカタイチじゃねぇぞ。この新日本のリングでもう一度俺の前に立ってこい。テメェがその気にさせたんだ。やってやろうじゃねぇか。お前も大阪でヘビー級の三下となんかやってねぇで俺とやったほうが楽しいんじゃねぇか?待ってるぞ。トランキーロじゃねけんだ。ラピドだよラピド!すぐよこせ。全部テメェのせいだ」
(内藤戦についての質問をしようとする記者を怒鳴りつけ威圧し黙らせて退席)

第5試合


 先発はジュースと矢野。ジュースがボディブローからロープに振るが、矢野はロープを掴むも気にせずジュースはガットショットから担いで大回転。目を回したジュースはヘナーレにタッチ。

 ヘナーレはヘッドバッド連発からロープに飛ぶが、石井はエプロンから蹴りつける。ヘナーレはハンマーで場外に落とすと石井と場外乱闘へ。
 リングに戻ると、矢野は金具がむき出しのコーナーにヘナーレを叩き込み石井にタッチ。

 石井は顔面を蹴りつけると、立ち上がったヘナーレがエルボー連打も石井は逆水平チョップで倒し顔面を踏みつける。
 ヘナーレはボディに掌底連打からエルボー。チョップ連発からエルボー連打も全て受けきった石井が逆水平一発で倒し矢野にタッチ。

 矢野はストンピングから顔面を踏みつけ、ロープに振るとラリアットも、避けたヘナーレがフライングショルダーで倒しジュースにタッチ。

 ジュースはラリアットも避けた矢野が髪を掴んで引き倒し「ヤノ・トー・ルー!」とアピール途中でジュースが髪を掴んで引き倒しセントーンを投下。ジュースはナックルパートも、矢野は背後を取るがジュースは矢野と石井を同士討ちさせるとロープに振ってスパインバスター。ジュースは串刺しラリアットからキャノンボール。さらにブレーンバスターからフォールも2。
 ジュースは走り込むが矢野はマンハッタンドロップから石井にタッチ。

 石井はラリアットも避けたジュースがバックドロップで叩きつけてヘナーレにタッチ。

 ヘナーレは串刺しボディスプラッシュから逆コーナーに振って串刺しラリアット。だが石井は体勢を変えてエルボーとチョップを交互に打ち込んでいき、コーナーに振ると串刺しラリアット。フォールもジュースがカット。
 石井は逆エビ固めで捕らえるがヘナーレはロープへ。

 石井は担ぐが着地したヘナーレがチョップ連打からロープに飛ぶも、矢野が場外から足を刈って倒し、石井が走り込むがジュースがラリアットでカット。ジュースは矢野も落とすと、石井に串刺しラリアットからヘナーレがダイビングショルダータックル。フォールも2。
 石井はエルボー連打も、ヘナーレは左右の張り手からロープに飛んでラリアット。フォールも2。
 ヘナーレはヘッドバッドも、石井はロープに振ってニーリフトからヘッドバッド。ヘナーレもヘッドバッドで返すが石井はラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 石井は垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけ3カウント。

第6試合


 鈴木軍が急襲し試合開始。場外乱闘からリングに戻った金丸へKUSHIDAがドロップキックからエプロンを走り込んでの延髄斬り。リングに飛び込むが、金丸はソバットからロープに飛んで走り込むが、KUSHIDAはアームホイップ腕ひしぎ。金丸はロープへ足を伸ばしブレイク。
 KUSHIDAはリストを捻りエルガンに持たせると、その腕に向かってドロップキック。KUSHIDAはロープに飛ぶが、飯塚が場外からイス攻撃を叩き込み、金丸が場外に投げ捨て場外乱闘へ。
 リングに戻り、金丸がボディスラムから鈴木にタッチ。

 鈴木は足へのストンピングから膝十字。KUSHIDAはロープを掴むが、その手を飯塚が噛みカットする。
 鈴木はサッカーボールキックからコーナーに叩きつけて飯塚にタッチ。

 飯塚はロープにKUSHIDAの足をかけて噛み付く。これをレフェリーが引き剥がすと、鈴木がぶら下がり腕ひしぎ。さらに金丸が顔面を踏みつける。
 飯塚が走り込むが、足を伸ばしてカットしようとしたKUSHIDAのつま先を飯塚が噛み、走り込むがKUSHIDAはアームホイップからタッチしようとするが誰もエプロンにおらず、飯塚が髪を掴んで起こすとKUSHIDAはエルボー連打。飯塚はサミングから背中にエルボーを落とすと、ロープに振るがKUSHIDAはハンドスプリングエルボー。KUSHIDAはエルガンにタッチ。

 エルガンは串刺しラリアット2連発からコーナーに座らせ正面に登るも、金丸がカット。エルガンは金丸をロープに振ってリフトアップし投げ捨てると、飯塚のラリアットを避けて延髄斬り。さらにファルコンアローからフォールも2。
 エルガンはショートレンジラリアットを前から後ろから叩き込みロープに飛ぶとラリアットも、避けた飯塚が紐でチョーク攻撃から走り込む。エルガンはガットショットで迎撃し飯塚の腕に噛み付くと、走り込むが飯塚はマンハッタンドロップ。飯塚は鈴木にタッチ。エルガンも真壁にタッチ。

 鈴木がガットショットからエルボー連打。コーナーに振って串刺しビッグブーツから首投げで倒しサッカーボールキック。キャッチした真壁がエルボー連打からコーナーに振って串刺しラリアット。さらにコーナーに上るとナックル連打からノーザンライトスープレックスホールドも2。
 真壁はエルボーからバックを取るが、耐えた鈴木がバックエルボー。エルボーの打ち合いから、打ち勝った鈴木がスリーパー。そのままゴッチ式パイルドライバーを狙うが、リバースした真壁がガットショットからロープに飛ぶも、鈴木は追走してスリーパー。その背中に金丸がタッチし、真壁をコーナーに振ってトレイン攻撃。鈴木がビッグブーツからラリアットを狙うが、レフェリーが止めるも飯塚がチョーク攻撃。鈴木がサッカーボールキックから金丸が顔面にドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 金丸はディープインパクトでフォールもエルガンがカット。
 鈴木は真壁を羽交い締めにすると飯塚がアイアンフィンガーを狙うが、KUSHIDAが飯塚をカット。真壁が飯塚にラリアットも、鈴木が真壁にガットショットからロープに振ると、真壁のラリアットを避けるが、真壁は逆の腕でラリアットでなぎ倒し、金丸もラリアットで迎撃すると、ボディスラムでセットしキングコングニードロップ。これで3カウント。


真壁「鈴木みのるさんよ!インターコンチのベルトオイ、挑戦させろや!」
 これを聞いた鈴木はヤングライオンを椅子で滅多打ちにしリングを後にした。

<試合後コメント>
鈴木みのる
「あぁ?どの口が言ったんだこの野郎。『挑戦させろ』?……なぜお前が上からものを言う?真壁刀義……いや、名もなき平民よ。なぜ王様に向かい楯突こうとするんだ?そんなにこのベルトがほしいのか?俺の首がほしいのか?今すぐここに連れてこい!今すぐ連れてこい!ここで俺の前にひれ伏せ。土下座しろ。……受けねぇけどなぁ?(笑)オイ、何勝手に客を味方につけて『挑戦しますよ~次の挑戦者はボクですよ~』って既成事実作ろうとしてんだ?テメェのその短い足じゃなぁ、俺という大きな大きな山に足すらかけることも出来ねぇんだ。棚橋が倒れ、次は自殺志願者か?真壁刀義?嫌いじゃないねぇ。嫌いじゃないねぇ、自らテメェの首を差し出してここにやってくるのは嫌いじゃない。ただなぁ、お前に一言言っておく。真壁、平民は平民と仲良く前座でやっとけ。俺のところに来たいとか思ってんじゃねぇ」

第7試合


 ロックアップからロープに押し込みあい、フィンレーがヘッドロックから走りこむも、ジェイがブレードランナーを狙うが耐えたフィンレーがPrima Noctaを狙うがお互い切り返し合う。

 エルボーの打ち合いからジェイがチョップ連発。さらにエルボーも、フィンレーはラリアットで場外に落とし場外乱闘。

 リングに戻ると、ジェイは鎌固め。フィンレーはエルボーからロープに振るが、ジェイはビッグブーツからドロップキック。フォールも2。
 フィンレーがコーナーに押し込むが、お互い顔面を蹴り合いジェイが走り込むとフィンレーがロープをたるませ場外に落としプランチャ。

 リングに戻り、フィンレーはコーナーに登りダイビングバックエルボーからフォールも2。
 フィンレーは担ぐもジェイは着地しバックを取るとバックドロップ。フィンレーはバックブリーカーからフォールも2。

 膝立ちでエルボーの打ち合いからフィンレーがエルボースマッシュ。ロープに飛ぶとラリアットの相打ちからフィンレーが走り込むもジェイはコンプリートショットからジャーマンスープレックスホールドも2。
 ジェイは顔面を張っていくと、ロープに飛ぶがフィンレーは追走エルボー、だがジェイはバックドロップで場外に投げ捨てる。
 ジェイはフィンレーをリングに投げ入れるとコーナーへのブレーンバスターからフォールも2。
 ジェイはブレードランナーを狙うが、フィンレーはツバを吐きかけ逃れると、走り込むが、ジェイは左右の張り手からエルボー。さらにコーナーに顔面を叩きつけると、再度叩きつけてジェイは椅子を持ち出す。止めようとしたレフェリーを突き飛ばしてイス攻撃も、避けたフィンレーがスピアーを突き刺しフォールも2。
 フィンレーは椅子を持ち殴り掛かるが、直前で止まり椅子を投げ捨て走り込むが、ジェイはブレードランナを狙うが、フィンレーは変形のバッククラッカーで切り返しフォールも2。
 フィンレーはPrima Noctaを狙うが、ジェイがブレードランナーで切り返し3カウント。

<試合後コメント>
ジェイ・ホワイト
「また倒してやったぞ、デビッド・フィンレーJr。結果は何回やっても同じだよ。何度戦っても同じ結果になるんだ。フィンレーよ、何回やっても同じ結果だ。個々にあるベルトはこの勝利のプライズみたいなもんさ。このベルトによってすべてが変わるということを俺は証明していく。そのベルトは今、“スイッチブレイド”の元にあるんだ。IWGPUSヘビー級チャンピオンにとってのブレードランナーとなればセンセーショナルな結果になるだろう。その結果はいつも一緒さ。このベルトは“スイッチブレイド”、この俺様のものだ」

第8試合


 先発はオスプレイとヒロム。オスプレイがドロップキックからエルボー連打でコーナーに押し込み、コーナに走るがヒロムは追走エルボーから低空ドロップキックも避けたオスプレイと互いの技を避け合いヒロムが走り込むがオスプレイが延髄斬り。CHAOSが出てきてヒロムに後藤がバックエルボー、外道が踏みつけオカダが低空ドロップキック。オスプレイがその場飛びムーンサルトを投下しフォールも2。
 ヒロムは外道を場外に落とそうとするがCHAOSがカット。

 ヒロムは外道の顔面にストンピングから髭を掴んでいくが、外道はヒロムの髪を掴んで切り返すもBUSHIが後ろから髭を掴む。ヒロムがその髭にハンマーからBUSHIにタッチ。ヒロムが髭を掴んでBUSHIがハンマーから内藤にタッチ。BUSHIが髭を掴んで内藤がダイビングハンマー。内藤が髭を掴んでヒロムがダイビングハンマー。BUSHIがSTFも外道はロープへ。

 内藤が髭を掴むと、EVILとSANADAがロープに振ってSANADAがバックエルボー。EVILのセントーンも外道は避けて自爆させるとSANADAにソバットを叩き込んでオカダにタッチ。

 オカダは次々エルボーで落とすが、EVILがガットショットからSANADAと同時攻撃を狙うが、オカダは避けてEVILをSANADAに叩きつけるとEVILにDDT。SANADAをコーナーに振るが、BUSHIがオカダにガットショット。オカダはBUSHIもコーナーに振ると串刺しバックエルボー。走り込んだSANADAをBUSHIに誤爆させSANADAにフラップジャック。オカダは後藤にタッチ。

 オカダと後藤はSANADAをコーナーに振ってオカダが串刺しエルボー。後藤が串刺しラリアット。オカダがビッグブーツから後藤がブルドッキングヘッドロック。
 SANADAのエルボーに後藤はチョップ連打。さらにエルボーから走り込むが、SANADAはダブルチョップで迎撃し低空ドロップキック。SANADAはEVILにタッチ。

 EVILは後藤に串刺しラリアットからフィッシャーマンを狙うが、耐えた後藤にエルボーからラリアットの相打ち連発。後藤がラリアットで打ち勝ち、担ぐが着地したEVILが後藤の足をレフェリーに持たせてソバット。EVILはヒロムにタッチ。

 ヒロムはチョップも後藤がロープに振って追走ラリアット。後藤はオスプレイにタッチ。

 オスプレイは串刺しバックエルボーから串刺しドロップキックも、避けたヒロムへ延髄斬りからハンドスプリングオーバーヘッドキック。さらにその場飛びコークスクリューを投下しフォールも2。
 オスプレイは担ぐも、ヒロムは膝蹴りで脱出するがオスプレイはハイキックから走り込むもヒロムがホイップしシットダウンパワーボム。さらにファルコンアローで叩きつけてフォールも2。
 ヒロムは担ぐがオスプレイは着地。ヒロムはバックエルボーからコーナーに登ろうとするが、オスプレイはトラースキックを顔面に叩き込みオスカッターを狙うが、ヒロムが突き飛ばしてOTRを狙う。だがエプロンに着地したオスプレイをBUSHIが足を引っ張り落とそうとするが、ヒロムは飛び込んでサンセットフリップ・パワーボムでオスプレイもろとも自爆OTR。

 内藤がYOSHI-HASHIに走り込むが、ショルダースルーでエプロンに落とすも、BUSHIが延髄斬りから内藤がネックブリーカードロップ。コーナーに振ってEVILが串刺しラリアットから内藤が低空ドロップキック。フォールも1。
 内藤はコーナーに座らせ正面に登るが、YOSHI-HASHIが着地しパワーボムを狙うが、着地した内藤が延髄斬りからスイングDDTも、耐えたYOSHI-HASHIがエプロンに落とすが内藤は水面蹴り。YOSHI-HASHIはこれを避けてドロップキックも、足をロープに引っ掛けた内藤へ改めてYOSHI-HASHIがドロップキックを叩き込みOTR。

 BUSHIがYOSHI-HASHIにラリアットも避けたYOSHI-HASHIがヘッドハンター。YOSHI-HASHIは外道にタッチ。

 外道はチンクラッシャーからスーパーキック。さらにマスクを剥ごうとするが、レフェリーが注意するとブラックマジック式の延髄斬りからコードブレイカー。フォールも2。
 BUSHIはエムエックスを狙うも避けた外道はマスクを剥ぐ。レフェリーがこれで外道を反則で失格させる。
 BUSHIはTシャツで顔を隠すが、YOSHI-HASHIが場外に投げ捨てBUSHIはOTRで失格。YOSHI-HASHIはオカダにタッチ。

 オカダとSANADAがエルボー合戦。SANADAがエルボースマッシュから走り込むが、オカダが担いでリバースネックブリーカードロップ。オカダはコーナーに上るとダイビングエルボードロップ。さらにレインメーカーポーズからレインメーカーも、SANADAは股抜きからSkullEndの体勢。これはYOSHI-HASHIがカット。
 SANADAはYOSHI-HASHIにサミングから場外に投げ捨て、オカダに串刺し攻撃を狙うが、オカダは避けてエプロンに落下。SANADAはスワンダイブを狙うが、オカダはエルボーで迎撃。オカダが走り込むも、SANADAはロープをたゆませエプロンに落とすと、エプロンでエルボーの打ち合いからオカダがツームストンを狙うがSANADAがSkullEndの体勢。オカダがリバースしSANADAが場外へ落下しOTR。
 EVILが走り込んでオカダにエルボーを叩き込みオカダをOTRさせる。

 後藤が走り込んでEVILにエルボー連打からコーナーに振って串刺しラリアット。さらにバックドロップからフォールも2。
 後藤はバックを取るが、耐えたEVILがラリアットをラリアットで撃ち落とし走り込むが、後藤は担いで牛殺し。フォールも2。
 YOSHI-HASHIと後藤が合体ネックブリーカードロップから合体攻撃を狙うが、耐えたEVILを後藤が羽交い締めにするとYOSHI-HASHIがエルボーも、EVILが避けて誤爆。 YOSHI-HASHIをレフェリーに叩きつけると、EVILが後藤の首に椅子をかぶせてそれを椅子で殴りつける。EVILはラリアットで後藤を場外に叩き出しOTRで失格。

 EVILはYOSHI-HASHIを担ぐとダークネスフォールで叩きつけフォールも2。
 EVILはEVILを狙うが耐えたYOSHI-HASHIがソバット。だがEVILはエルボーを叩き込んでロープに飛ぶもYOSHI-HASHIはカウンターのラリアット。YOSHI-HASHIはライガーボムでフォールも2。
 YOSHI-HASHIはカルマを狙うが、耐えたEVILが逆さ押さえ込みを狙うが、切り返そうとしたYOSHI-HASHIにEVILを叩き込んで3カウント。
 
EVIL「ウェルカムトゥーザ・ダークネスワールド。コウラクエーン!明日、このIWGPタッグを、EVIL、そしてSANADAが、きっちり防衛して、このベルトの価値を爆発的にあげてやる、よく覚えとけ!ディスイズEVIL!エブリシングイズEVIL。全ては、EVILだ!」

<試合後コメント>
髙橋ヒロム
「オスプレイ!オスプレイオスプレイオスプレイ!どこ行った?オスプレイ、大丈夫か?お前の首大丈夫か?なぁ、オスプレイ?言ったよな?始まる前にお前の連絡先教えてくれって言ったよなぁ?せっかくお前の大好きなチキン食べさせてやろうと思ったのになぁ。ねぇオスプレイ?首大丈夫?ハッハッハッハッハ!!」

BUSHI
「おい外道!テメェ俺のマスクどこやったんだ。返せよ。俺の大切なマスクをよ。お前なんかには必要ねぇだろ?お前明日、お前の大切かどうかは知らねぇがお前のきったねぇヒゲ、全部切ってやるからな。エンセリオ!マ・ジ・で!」

EVIL
「完璧だぁ。完璧だぜ。このIWGPタッグの前哨戦、完璧な形で終わりを告げたなぁ。明日、シングルのチャンピオン二人、後藤&オカダを倒し、俺達がこのベルトを爆発的な価値に高めてやるんだ。よぉく覚えとけ!This is EVIL!! Everything is EVIL……全ては……そして、全てが……EVILだ!!」

内藤哲也
「YOSHI-HASHIは大阪で必ず内藤に勝つんだってさ。か・な・ら・ず。必ずっていう言葉の意味、分かってる?大丈夫?じゃあ俺に負けたら……そうだなぁ、メキシコ遠征にでも行ってきたらいいんじゃない?彼もメキシコ経験者だしね。あのメキシコっていう国には色々なヒントが転がってるからさ。大阪で俺にシングルマッチで負けたら、長期でメキシコ遠征にでも行ってこいよ。俺からのアドバイスだぜ。カブローン!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る