牙を抜かれて悩める征矢にAKIRAが冷水をぶっかけ喝!「俺たちワイルドでやって来ただろう!目を覚ませ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月1日(木)、都内・GSPに練習に来ていた征矢学と、2月14日(水)の後楽園ホール大会でタッグを組むことが決定したAKIRAが再会。未だタッグを組むことについてグズグズと煮え切らない征矢にカツを入れた。

 ここ連日、征矢と練習をするためにWRESTLE-1道場を訪れているAKIRA。すれ違いの連続で会えずじまいの日々が続いていたが、ようやくこの日、練習から帰ろうとする征矢と会うことに成功したのだ。
 AKIRAが「ちょっと合わせようよ」と試合に向けて練習を促すが、案の定、「一人でやったらいいじゃないですか」と征矢は素っ気なく拒絶。しかし、AKIRAも引き下がらない。「岩石にあそこまでさせたんだから、やってやろうよ。あいつの気持ちに応えてやろうよ」と熱い眼差しで征矢の説得に当たった。
 それでも征矢は「あいつが勝手にやったこと」とAKIRAの言葉に耳を貸さない。「いいんですよ俺は俺のことで解決するから」と振り切って帰ろうとする。
  
 しかし、AKIRAも止まらない。「誰だって悩んでがんばってんだよ! お前もがんばれよ!」と征矢に熱いゲキを飛ばす。そのうち熱さが頂点に達したAKIRAは征矢に張り手を一閃! これには征矢も激怒。「なんで俺が殴られなきゃいけねえんだよ!」とAKIRAを壁に突き飛ばしたのだ。
 だが、これで引き下がるAKIRAではない。「目を覚ませ!」と叫んで、壁際に置いてあったバケツを掴み、中に入っていた水を征矢にぶちまけたのだ! 
 「何すんだよ! なんでこんなことするんだよ! 俺のことなんだよ! 野上さんのことでも岩石のことでもないだろう!」とびしょ濡れになって怒る征矢。そんな征矢に対してAKIRAは、「寂しいこと言うなよ! 俺たちワイルドでやって来ただろう! 俺たちは仲間だろう! お前に立ち直ってほしいんだよ! 2月14日はタッグ決まってんだから、ビシっとやってくれよ」と熱い口調で諭し始めたのだ。
これを聞いた征矢は何かを感じたらしく、「わかったよ! やってやるよ!」とようやく前向きなコメント。まだまだ完全にAKIRAの思いが通じたようには見えないものの、2月14日の後楽園ホール大会に向けて、一歩を踏み出した。

 かつてW-1のリングで猛威を奮った征矢&AKIRAのnew Wild order。征矢復活の狼煙となるのか? 要注目だ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×