大仁田が大花火シリーズを2015年から『超花火』シリーズとして開催すると発表!工藤めぐみさんがEPに就任

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

12月16日午後、都内のZERO1道場にて大仁田厚及び元FMWで1997年に引退した工藤めぐみさんが記者会見を行った。
現在、主にプロレスリングZERO1と共催で行っている「大花火」シリーズについて来年2015年より、ZERO1のシリーズとは切り離し「超花火」シリーズとして活動を行っていくことを発表。そして同シリーズのエグゼティブ・プロデューサーに工藤めぐみさんが就任することが併せて発表された。

大仁田厚 
「来年は記念すべき40周年ということで、ついにですね『なにわ超花火』(2015年1月23日、大阪ボディーメーカーコロシアム)ということで。爆破も大規模になります。40周年に向けて爆破をついに王座にしようじゃないかという話がもちあがりましてタイトル名がですね……爆破王。あと来年から工藤めぐみさんが超花火のプロデューサーということで就任しました。」

工藤めぐみ
「あらためまして工藤めぐみです。いままで『大花火』という大会を開催されていたのですが、何回か足を運ばせていただき新しい電流爆破を見せていただいてました。今回大仁田さんが40周年ということで、さらに電流爆破を確立させ来年から一新するということで、いままでの『大花火』大会を『超花火』という大会名に変えまして、来年の1月23日大阪大会から『なにわ超花火』として開催することになりました。
そちらの方で私は来年からエグゼクティブプロデューサー(EP)をさせていただきます。私も時代とともに新しい電流爆破が開催されているのを見て、プロレスファン以外にも、より幅広い世代の方に見てもらいたいと思いました。プロレスファンの枠を超えてお年寄りからお子さんまで、多くの方に素晴らしい体を張った電流爆破を一人でも多くに広めていきたいと思いまして。そのために私ができることを私なりやらせていただきたいと思いEPを受けさせていただきました。

いまの段階で決定していることは1月23日の『なにわ超花火』。そして3月21日の博多スターレーンおこなわれます超花火。そして大阪で初代爆破王決定戦を行いベルトを新設します。また来年から新しい動き、超花火ということでいろいろなことを開催していきたいと思います。
現在の予定では全国12試合を予定しています。ほかにも『超花火』ならではの企画も考えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。新設されるベルトは“御影石”という貴重な石を使ってデザインされています。そちらの方も注目していただけたらと思います。
あとは19日の水戸大会が年内最後の爆破になりますので、そこをいい形で締めて来年に向けて走っていきたいと思います。」

常陸乃国大花火 ZERO1タッグリーグ風林火山2014 スペシャル
日時:2014年12月19日(金)
会場:茨城・茨城県スポーツセンター

▼ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ 時間無制限1本勝負
大仁田厚/高山善廣
vs.
TARU/“brother”YASSHI

▼風林火山トーナメント2回戦② 30分1本勝負
田中将斗/杉浦貴
vs.
デーモン植田/KAMIKAZE

▼風林火山トーナメント2回戦① 30分1本勝負
曙/小幡優作
vs.
日高郁人/フジタ“Jr”ハヤト

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎/鈴木秀樹/横山佳和
vs.
崔領二/菅原拓也/拳剛

▼シングルマッチ
佐藤耕平
vs.
藤井健一

他1〜2試合

【記事提供/】

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×