ターザン後藤の直系レスラーが新王者となり“鬼神”を宣言!

  • 0
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、『ガッツワールドvol.111 武骨大戦SPECIAL 2017』が新木場1stRingにて開催され、メインイベントではダイスケの持つGWC認定シングル王座にガッツ石島が挑戦。

 ガッツワールドは元FMWのミスター雁之助が所属し指導しており、同団体の代表であるガッツ石島は雁之助の師匠にあたるターザン後藤の技を継承。この日は後藤を彷彿とさせるワンショルダーのコスチュームを着用し、いつにもまして後藤ムーブを繰り出していく。これにダイスケは正統派な打撃戦を見せるが、ガッツはゴーストバスター(垂直落下式ブレーンバスター)やフェイスバスターと後藤の技を繰り出し、最後は旋回式フェイスバスターで3カウントを奪った。

 勝利したガッツは「チャンピオンになったんでね、次の9月20日ガッツワールド新木場大会、メインは俺が防衛戦やらしてもらいます。俺が前にベルト持ってた時にベルト取られた相手、そしてその男がチャンピオンに君臨してた時に俺はとれず2連敗してる男がいます。その男の名は新井健一郎!おいアラケン、その昔お前はFMWにいただろ?俺のこの格好にトラウマがあるんじゃないのか?」とDRAGON GATEに所属する新井健一郎を呼び出す。
 これに新井は「(トラウマは)大いにあるねぇ。遡るとこの俺がガッツワールド最大の観衆を集めた10周年のメインに立った男だぞ!俺はあの時の後楽園のメインのつもりで上がらせてもらいますよ」と王者からの指名を受ける。
 ガッツは「俺には鬼神が憑依してんだよ。9月20日までにさらに鬼神になってお前の前に立ってやる覚えとけ」とターザン後藤の代名詞である“鬼神”継承を宣言し、新王者としての道を歩みだした。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る