【試合結果】7・23 PURE-J板橋大会 中森華子&大畠美咲vsLeon&雫有希 KAZUKI&リッキー・フジvsコマンドボリショイ&MIKAMI

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ドリーム女子プロレス』
日時:7月23日(日)
開始:17:00
会場:東京・板橋グリーンホール
観衆:140人

▼ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い・30分1本勝負
○藤ヶ崎矢子
10分53秒 旋回式ダイビング・ボディープレス→片エビ固め
●テキーラ沙弥(アイスリボン)

▼ドリームシングルマッチ・15分1本勝負
△ライディーン鋼
時間切れ引き分け
△藤田あかね(アイスリボン)

▼ドリームシングルマッチ・15分1本勝負
○アレックス・リー(フリー)
10分17秒 ネックハンギングボム→エビ固め
●勝愛実

▼ミックスドタッグマッチ・30分1本勝負
○KAZUKI/リッキー・フジ(K-DOJO)
9分27秒 スク~ルおばさん
●コマンドボリショイ/MIKAMI(フリー)

▼ドリームスペシャルタッグマッチ・30分1本勝負
○中森華子/大畠美咲(WAVE)
19分27秒 鎮魂歌ドライバー→エビ固め
●Leon/雫有希(Marvelous)

中森がタッグ王者・LEonに勝利し新ベルト獲得に一歩前進!KAZUKIvsMIKAMIのラダーマッチが決定!

第1試合


 ドリーム女子プロレスの板橋大会。第1試合では“ビジュアルハンター”藤ヶ崎矢子がテキーラ沙弥を相手に顔面攻撃をくり返すと、ダブルリスト・アームサルトの連発から旋回式のボディープレスで快勝。
 マイクを持った矢子は「今日沙弥から勝ったので後楽園の対戦相手を言おうと思ったのですが…自分は気分屋なので、今日は言いません! 後楽園前に、にっくき安納サオリとのタイトルマッチが控えてるので、名古屋大会で自分の対戦相手Xを発表したいと思います」と宣言する。

第2試合


 ライディーン鋼と藤田あかねは真っ向勝負の末、15分で決着つかず、あかねが成長を証明する形に。

<試合後コメント>
テキーラ沙弥&藤田あかね
――ビジュアルハンターにハントされてしまったが。
沙弥「なんか“もっと早くご指名来るかな?”と思ってたんですけど…初対戦でも負けない自信しかなかったんですけど、思ったより重くて…あと近くに寄った時のインパクトがすごくてビックリしました。ババアとか言われましたけど、私はただの可愛いじゃなくて“オトナ可愛い”なんで。そのへんちょっと間違えないで頂きたいなと思います。私はデビューが30過ぎてからでしたけど“キレイ”じゃなくて“可愛い”でいたいなと」
あかね「前回、客席に向かって“この10代(矢子)とこの30代どっちがいい?”って聞いたら“30代!”ってみんな言ってたよ。“若いだけでなんだ!”って感じだよ」
沙弥「若いだけじゃなんの意味もないですよね」
あかね「あいつ設営の時にね、“その腹、デブなんじゃねぇの?”とか言ってくんの。“オマエだよ!”って!」
沙弥「試合中に“もっと体絞れよ”って言ってやりましたよ」
あかね「アイスリボンも全員ハントされてもいいぐらい可愛い子ばっかりだからね」
沙弥「可愛い子しかいないんで(笑)」

第3試合


 JWP無差別を継承する新王座に早くも名乗りを上げているアレックス・リーは、ハイキックからネックハンギングボムにつないで勝愛実を破り勢いを見せつけた。

第4試合


 ラダーマッチを巡る争いが続く中、MIKAMIが前月に続いて登場しコマンドボリショイとタッグを結成。KAZUKIはオープニングアクトを務めたリッキー・フジとのタッグで負けられない一戦に臨む。
 試合前にマイクを持ったKAZUKIから「今日は力を貸してください」と頼まれたリッキーは、「正々堂々とやって勝たなきゃ意味がないからな」とゲキを飛ばした。
 ボリショイ&MIKAMIの619の連続攻撃からスワントーンボムを放つMIKAMIだが、ピンチを凌いだKAZUKIはボリショイのピコニー・スマッシュをガードすると、MIKAMIのお株を奪うスク~ルボーイで3カウントを奪取。
 「勝ったぞ! これでラダーマッチ文句ねぇよな!?」と迫るKAZUKIに、MIKAMIは「業界の先輩だけどスク~ルボーイ? オマエのはスク~ルおばさんだよ。後楽園、何もったいつけて『X』にしてんだ?」とラダーマッチについて観客に判断をあおぐと歓声が沸き起こる。それでも渋るMIKAMIだったがリッキーが仲裁に入り、「ラダーマッチっていうのはオマエの専売特許だからな。誰が見てもオマエが勝つのはもう目に見えてる。お客さんも結果が見える試合なんかおもしろくもなんともねぇ。だからちょっとルールを変えようぜ。ラダールールになんか吊るそうぜ。それを取ったほうが勝ちってルールでどうだ? そうすればコイツ(KAZUKI)にも、ちょこ~っとチャンスがあるんだよ」。MIKAMIが「いいもの、ぶら下げといて」と承諾すると、KAZUKIは「オマエのぶら下がったもの、取ってやるからな!」と言い放った。

<試合後コメント>
KAZUKI
「リッキーさんのおかげもあって勝つことができました。そしてMIKAMIもやっとラダーマッチを認めたので言うことないです」

――天井から何かを吊るすルールになりそうだが?
「まぁどういう形式であれ私は負ける気はしないんですけど、リッキーさんの提案もあるので」

――MIKAMIとは2度目の対戦だったが?
「男子の中では小柄だと思うんですけど、それでもやっぱり身体能力はすごいものを持ってるので。女子と違うところだと思いますね」

――ラダーマッチへの自信の理由は?
「20年やってきている中でいろんなことを経験してきてるわけですよ。ラダーマッチをやったらすごいおもしろい試合になりそうだなと思ったので提案したまでです」

第5試合


 メインイベントでは中森華子と大畠美咲の同期タッグとLeon&雫有希の異色タッグが激突。
 スピアーを同時に放つなど好連係を見せるLeon&雫に対し、中森&大畠はツープラトンのフィッシャーマンバスターでLeonを叩きつける。中森とLeonに勝負が託されると、勢いよく走り込んできたLeonを抱えあげた中森が鎮魂歌ドライバーでLeonを沈めてみせた。
 マイクを持った中森は「私はJWP無差別のベルトを返上して3ヶ月が経ちましたが、今日Leonさんに勝ったことで中森華子の強さ、証明したと思っています。PURE-J旗揚げとともにシングルの新しいベルトも設立されることになりました。もちろん、初代のチャンピオンはこの中森華子だーっ!!」。するとLeonがマイクを奪い取り、「PURE-Jの中心に立ちたいのはオマエだけじゃねぇんだよ。初代チャンピオンはこのLeonがなる。その前に1週間後の名古屋、きっちり借りを返してやるから覚悟しとけよ」とリベンジを誓う。Leonが退場すると、中森は「この代がプロレス界をもっともっと熱くしていきたいと思っています」。大畠も「私も所属する団体は違うけど、ウチらの代が引っ張っていかなきゃいけないと思ってる。ああいう目立ちたがってるババア(Leon)をどんどん退けていきましょう!」と続いた。

<試合後コメント>
中森華子
「旗揚げまであと19日しかないんですけれども新しいベルトを作ることも発表になって、私は旗揚げに向けてではなく、旗揚げのもっと先を見てるので。今日は絶対Leonさんから勝たなければと思って挑んだ試合になりました。勝ち方は思う通りではないけど、現タッグチャンピオンのLeonさんから勝ったことは私の今の実力だと思っているので。シングルのベルトがなくなって3ヶ月経って…だけど強さはあの時のまま変わってないので、それを今日は見せつけたかったです」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る