【インタビュー】怒りの会見を開いたグレート小鹿に武藤が返答!MASTERSに小鹿軍が参戦?!「小鹿さんが燃えるシチュエーションを用意させて頂きますよ」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6月11日、大日本プロレス札幌大会前にグレート小鹿選手がプロレスリング・マスターズ、そして大会プロデューサーでもある武藤敬司に対して「武藤、お前は何を考えているんだ!」と怒りの会見を開いた。
 そして、その模様を伝え聞いた武藤敬司がインタビューに応えた。
 武藤は「知らないよ!」と困惑の表情を見せながらも小鹿選手の要求する「小鹿&X&X」組による6人タッグマッチ開催の要求を受ける意向を見せたが、「負けたら小鹿さんが連れてくるパートナーはノーギャラ」と武藤節を炸裂させた。

――大日本プロレス札幌大会前にグレート小鹿選手が会見を開き「武藤、お前は何を考えているんだ!」と大変お怒りになっていましたが?
「えっ!?そうなの?何をそんなに怒っているんだろ?この歳になったらあんまり怒られたくないよ。」

――お怒りの原因は「マスターズに全日本系のレジェンドが少なく控え室で一人ぼっちになってしまう」「20年ほど前に小鹿選手がマスターズの企画を提唱した際に誰も賛同してくれなかったのに武藤の時はなんでこんなに盛り上がるんだ!」といった感じです。
「知らないよ(笑)!でもさ、育ちが違うからカラーはどうしても偏るよね。正直、全日本系のレジェンドってのも構想の中にはあるんだけどさ、タイミングとか色々あるんだよ。そんなに言うならレジェンド選手を紹介して欲しいよ!(笑)」

――「20年ほど前に小鹿選手がマスターズの企画を提唱した際に誰も賛同してくれなかったのに武藤の時はなんでこんなに盛り上がるんだ!」ともお怒りですが。
「それも知らないよ(笑)。20年前の記憶、良くあるな。その話、全く知らなかったけど先見の目はあったんだね。でも、それって単なるジェラシーじゃん(笑)。」

――そして「2人のパートナーを用意したから6人タッグマッチを組め!」とも要求しています。
「小鹿さん、元気だな!良いよ、小鹿さんが燃えるシュチュエーションを用意させて頂きますよ。その代わり、負けたら小鹿さんが連れてくるパートナーはノーギャラだからね(笑)。小鹿さんに自腹で支払って貰うよ(笑)。今、ピンと来たマッチメークがあるから早速交渉に入らせてもらうよ。まとまり次第、正式に発表させて頂くよ。」

――ちなみにピンときたマッチメークのヒントは?
「言えるわけないじゃん!交渉前だよ!(笑)でも、小鹿さんに縁があり一筋縄ではいかない相手じゃないかな。小鹿さんにはまだまだ、元気な姿をみんなに見せて頂きたいからね。」

『PRO-WRESTLING MASTERS』
日時:2017年7月26日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼メインイベント プロレスリング・マスターズ集結!“魔界の達人”見参! スペシャル6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
藤波辰爾(ドラディション)/長州力(リキプロ)/X
Vs
グレート・ムタ/ザ・グレート・カブキ(フリー)/TNT

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る