電流爆破マッチ受諾のボブ・サップに大仁田がコメント!「『爆破で!よかった』と思わせてやる!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 後楽園ホールで行われた「プロレスリングZERO1・天下一Jrリーグ戦・決勝戦」に大仁田厚が来場し、5月12日に欠場予定の曙選手の代わりに、ボブ・サップとの電流爆破マッチでの対戦を要求した。

 後楽園ホール20時過ぎ、突然会場にワイルド・シングが流れると、会場からは大仁田コールの嵐が巻き起こった。リングに上がった大仁田は、「ボブ・サップと俺の対戦は、いつかのTBSイノキボンバイエで決まっていたカード。そして誰とは言わないけれど、誰かのひと声で消滅した夢のカードだった。だからTARUさんよ、ボブ・サップに俺との対戦を受けるよう言ってくれ。」とあくまで紳士的にTARUに依頼。

 その後なぜか場外乱闘に発展するも、TARUはすぐにボブ・サップに連絡をとり、サップが正式に受諾した。
 これにより5月12日名古屋大会で、大仁田厚vsボブ・サップの電流爆破マッチが決定となった。

<大仁田厚コメント>
「曙選手には俺を復活させてくれた恩がある。俺で代わりになるのであればぜひ参戦したい。そしてボブ・サップ選手!よくぞ受けてくれた!ありがとうございます。俺の創り上げた電流爆破のリングは激しくそして綺麗なんだ。『爆破で!よかった』と思わせてやるよ。電流爆破のいい思い出を作ってやるよ。」

また、大仁田厚は自身のFacebook、Twitterで4月27日以下のようにコメントを発表している。

『「爆破で!よかった」いい思い出にしてやるよ…ボブサップ選手へ電流爆破は綺麗ですよはやくおいでよ名古屋へはやくおいでよボブサップ」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×