【会見】前WRESTLE-1タッグ王座のカズ&鼓太郎と対戦するACEの立花&頓所が下克上を狙う!「おっさんたちから取って僕の格を上げる」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 プロレスリングACEの立花誠吾と頓所隼が会見に登場。今回の曙欠場を受けてのカード変更により、なんと前W-1タッグ王者のカズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎とのタッグマッチに挑むことになった。大ベテラン2人に対し、どのような意気込みでACEの2人は挑むのか?

立花「明日はWRESTLE-1が新体制になってから一発目の後楽園ということで、新社長のカズ・ハヤシ選手が僕らとの対戦カードを組んでくれたってのは凄くうれしいっていうか、今の僕たちの実力を図るって言ってたんですけど、二周り違ってだいたい年齢が。まあ、上から言うのが当たり前なのかもしれないですけど、そんなおっさんを食ってやろうと思います」
頓所「プロレスリングACEの頓所隼です。明日の対戦相手のカズ・ハヤシさん、鈴木鼓太郎さん、めちゃくちゃ強いのは当たり前でベテランで、年齢的にもさっき言いましたけど全然違くておっさんなんで、若さで勝ちたいと思います」

──相手チームにハヤシ社長がいらっしゃいますけど、存在感を見せるにはチャンスだと思うんですけど、どう捉えていますか?
立花「ここでもし僕が取ったら、もう大躍進っていうわけじゃないですけど、一気に実力が上がったっていうか、格が上がるんじゃないかって。たくさんベルトを巻いている人で、そんな人がから直接取ったら、僕の格が上がると思っているので、僕が取っていきます、おっさんから」
頓所「この試合、取ったらめちゃくちゃチャンスなんで、この試合は俺が取りたいと思います」

──5月の新木場大会でシングルマッチが組まれていますが、お互いに意識することはありますか?
立花「頓所とは1年半以上前の出会いで、プロレスっていう世界に足を踏み入れてからずっとこいつとは一緒にいて、学院時代も他の人たちは休んでたことが多かったんですけど、僕と頓所は毎回授業受けて、そのあとの練習も結局男子は2人しか卒業できなくて、2人と教えてくれる講師の方々と3人で練習してきて、試合もほぼこいつと一緒で。手の内はほぼわかっているし、どういうふうに闘いに挑むのかという覚悟もわかっているので絶対に新木場では負けないです」
頓所「こないだのACEで自分のプロレスを否定されたんですけど、自分は立花にああだこうだって言われましたけど、自分のプロレスを変えるつもりはないんで、自分のプロレスで勝ちます」

 5.1新木場大会に弾みをつけるためにも、大ベテラン相手に是が非でも存在感を見せたい立花と頓所。また、同大会での一騎打ちを控えていることもあり、そのライバル意識が今回のタッグ結成にいい影響が出れば、カズ&鼓太郎を一泡吹かせることもあるかもしれない。無限の可能性を秘めた若き2人のタッグに注目だ!

『WRESTLE-1 TOUR 2017 CHERRY BLOSSOM』
日時:2017年4月19日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール大会

▼第1試合 6人タッグマッチ
藤村康平/進祐哉(FREEDOMS)/三富政行(愛媛プロレス)
vs
進藤翔(ACE)/タナカ岩石(ACE)/一(ACE)

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
木村花(ACE)/才木玲佳(フリー)
vs
安納サオリ(Beginning)/万喜なつみ(Beginning)

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
立花誠吾(ACE)/頓所隼(ACE)

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
征矢学/葛西純(FREEDOMS)
vs
NOSAWA論外/MAZADA

▼第5試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】吉岡世起
vs
【挑戦者】アンディ・ウー
※第7代王者初の防衛戦

▼第6試合 WRESTLE-1 vs Pro-Wrestling ACEシングルマッチ 30分1本勝負
河野真幸
vs
伊藤貴則(ACE)

▼第7試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】土肥孝司/熊ゴロー
vs
【挑戦者組】稲葉大樹/児玉裕輔
※第8代王者組初の防衛戦

▼メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】芦野祥太郎
vs
【挑戦者】近藤修司
※第11代王者初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る