【インタビュー】現在10連勝の不可思が水落との”倒し屋対戦”への思いを語る。「実力差を見せつけて3R以内に倒す」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4.1「KNOCK OUT vol.2」で水落洋祐とのKO必至の倒し屋対戦が決定し、現在10連勝と絶好調の不可思のインタビューが公開された。

――2.12「KNOCK OUT vol.1」での、山口裕人との試合は見事なKO勝利となりました。
「ありがとうございます。自分的には良い試合とは言えなかったんですけど、お客さんに盛り上がって貰えたのなら良かったです。」

――反省点も多かった試合だったということでしょうか?
「そうですね。意識的には普段通りだったんですけど、倒そうってことを考えすぎてしまって。派手な試合を見せてやろうって色気を出してしまったので。悪いほうに出ちゃいました。」

――気持ちが先走りすぎて熱くなりすぎた感じですね。
「普段も気持ちは倒しにいこうとしてて、でも身体は力が抜けてて倒しにはいかず淡々と戦うって感じで、結果として倒してるんですよ。倒しにいくけど、倒そうとしない戦い方。今回は力が入りすぎてて、1Rは特に動きが良くなかった。」

――ですが、1Rに山口選手のフックにストレートを合わせてダウンも奪っています。
「結果としてダウンは取りましたが、があああって無理やりなダウンで、綺麗な展開ではなかったです。山口選手はフック系のパンチが多いので、ストレートは狙っていて、それが入った形なんですけど自分的にはあんまり。トレーナーは誰も褒めてくれなかったですし 。(笑)」

――試合後にパンチを貰ってしまったのが反省点とコメントしていましたが、強打者として知られる山口選手のパンチ力は?
「パンチのタイミングとかが見えていたのでダメージはなかったです。見えてるパンチは効かないので。ただ足を止めて打ち合ってしまい、相手のペースに合わせてしまってるなって試合中に考えてました。ちょっとタイミングがずれたら、自分の方が倒れちゃうなって。でも打ち合っちゃうんですけど(笑)。結局そういう打ち合いが好きなんで。」

――3Rはパンチの打ち合いからハイキックでダウンを奪いました。あれは狙っていたんでしょうか?
「そうですね。試合の前からパンチからのハイキックは山口選手に入るだろうなって狙ってました。」

――それでも山口選手は笑顔で立ち上がり、直ぐに打ち合いにきましたが、不気味さは感じた?
「結構冷静でしたね。そこで力が入っちゃうと動きが悪くなっちゃうので。まあ、それが1Rのダウン後の自分なんですけど(笑)。あと倒れた直後の相手の攻撃って怖いんですよ。頭がボーっとしてて、相手を見ないで変なタイミングで攻撃してくるので。そこで倒した選手が熱くなって大振りになったりしてると、攻撃が入りやすくてよく逆転が起こるじゃないですか。だからちょっと左手で山口選手を触って、丁寧に右で倒しました。」

――試合翌日の一夜明け会見では、イベントのメインイベントを自分にやらせて欲しいとコメントしていました。
「KNOCK OUTは第1試合は前座とかじゃないから全然いいんですけど、やっぱりメインイベントをやりたいです。メインはKOじゃないと。今回のイベントも締まってなかったじゃないですか。自分なら絶対KOで締めますよ。メインをいつ任されてもいいように準備はばっちりなので。」

――KNOCK OUTの次戦は4.1に水落洋祐との対戦が決定しました。試合感覚は1か月半と短いですが問題は?
「これくらいの試合感覚のほうが気持ちも続いて、練習のペースも作りやすいので自分は嬉しいです。それにお客さんにも2か月に1回くらいのペースのほうがストーリーが続くというか。今回で不可思の試合が面白かったって思って貰えても、次は8か月後ですってなっちゃうと、試合の感動だとかがもう消えてるじゃないですか。それがこのくらいのペースで試合が出来れば逆に膨らんでいくと思うので。」

――なるほど。対戦相手の水落の印象は?
「気持ちが強くて、がんがん前にくる選手。今回の試合も打ち合いになるのは間違いないですね。でも全く問題ないですね。警戒してるポイントとかもないです。」

――かなり強気なコメント。水落選手選手は先日の会見で、「不可思選手の弱点は既に見つけているので、そこをついていきたい」とコメントしていましたが。
「なんか考えてくるとは思うんですけど、それは自分とリングの上で戦うってなったら出来ないと思いますよ。水落選手が考えてる作戦だったりは。山口選手もなんとなく感じてたとは思うんですけど、やりたい戦いは自分を相手には出来ないんですよ。」

――不可思選手のスタイルには何か事前準備を無効にする何かがあるんでしょうか。因みにこの試合も打ち合いになるとのことですが、やはりKO決着?
「実力差を見せつけて、全然自分の相手ではなかったなって試合をして、3R以内には倒しますよ。前回の試合は力が入っちゃったけど、2回目なので前よりはいい動きが出来ると思いますし。」

――因みに前回の試合は奥さんと子供は観戦に来て来られてたんですか?
不可思「そうですね。嫁は久しぶりに観戦に来て、子供は今回が初めてでした。まだ1歳ちょっとで、パパがなにしてるかもまったくわかってない年齢なんですけど。」

――いずれは勝利後のリングに子供と立ちたいという思いも?
「それはまったくないですよ。僕はむしろリングサイドに来たら怒るくらいなんで(笑)。」

――厳しいですね。子供に戦っている姿を見せたいという思いは?
「それもないです。自分が好きでやってることなんで。あまり家族がどうこうってのはないです。」

――最後にKNOCK OUTを観戦に来るファンにメッセージをお願いします。
「4月も前回と同じく、打ち合いで盛り上がる試合をして、最後はKOで決めるので、僕の試合を期待しておいてください。」

不可思プロフィール

不可思


クロスポイント吉祥寺所属 39戦29勝(12KO)8敗2分
RISEライト級王者 1991年6月17日生

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る