【学生プロレスサミット2017直前インタビュー】“関東学プロ界唯一の専任レフェリー”センエン井上「スキンズ岡田先輩は完璧な方でした」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月22日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットだが、今年は記念すべき10回目となり後楽園ホールでの開催が決定!UWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)の関東圏の団体に、九州産業大学プロレス研究部(KWF)を加えた5団体にて開催される。

 団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

 四人目は日本大学プロレス研究会(NUWA)に所属し、関東学生プロレス界唯一の専任レフェリーであるセンエン井上レフェリー(千葉龍我=東洋大学3年)にインタビュー。レフェリーという視点から見た様々な団体の特色や、ダブルメインイベントの見どころなどを語ってもらった。

<センエン井上(NUWA3年)/東洋大学>
――学生プロレス界で専属レフェリーという方も少ないですが、なぜレフェリーになろうと思ったのでしょう
「元々僕は身体に異常があって、どうしても選手ができないと言われてしまっているんですね。その中で学生プロレスをやるならレフェリーしかないと思って志望しました」

――異常がある中で実際レフェリングをやるうえで難しいことは
「特にないですね。誤爆とか気をつければハンデみたいなものはないです」

――学生プロレスというジャンルはまた普通のプロレスとは違いますが、レフェリングをする上で特殊だなと思う部分はどこでしょう
「コミックマッチを裁くのは本当に大変ですね。僕お笑い番組とか見ないので、どうやってツッコめばいいのかな?って考えることが多いのでそこは大変です」

――様々な団体でレフェリングを行っていますが、各団体の特色はどのように見えていますか?
「NUWAは比較的自由な団体ですね。ヒールとかベビーとかの区別もないし、自分たちがやりたい事をやっていいといいう団体です。SWSはヒールとベビーの区別がしっかりついていて、その中で自由にはやっていますが守るべき所は守っていますね。UWFは技術もしっかりしているので純粋に楽しいプロレスが出来ていると思います。HWWAは…スタイルが全く違っていて難しかったです」

――レフェリーとして全体が見える立場にいるわけですが、今オススメの選手はどなたでしょう?
「パットイッテ・フェラ選手ですね。まだ2回ぐらいしか裁いたことないですけど、彼のファンになりました。一番のファンだと思ってるんで(笑)飛び技もスピードもすごいので、一番近くで見ることができてレフェリーやっていて良かったなと思います」

――パット選手の魅力を具体的に語るとしたらどこになりますか?
「飛び技もそうなんですけど、小柄なのに大きい選手を持ち上げられるパワーファイター的な部分もあり、小柄だからできるテクニックやスピードも持ち合わせている選手で、自分の強みを最大限活かせる選手というところですね」

――トンパチな選手としてオススメな選手はいますか?
「NUWAのシュイン・シスギ選手ですね。第2試合に出場しますが、柔道を何年間もやっていて受け身も上手いはずなのになぜかそれを出さない(笑)柔道経験者だとは思えない受け身や技のチョイスで面白いですね」

――NUWAは本当に自由なんですね
「自分のキャラや見た目から想像される技とかと全く関係ない事もするので、そういう意味でも面白い団体です」

――センエンさんは草プロレスも裁かれていますけど、学生プロレスと草プロレスの違いをどこに感じますか?
「草プロレスは、危険なんですよ(苦笑)学生プロレスは身内でやっているようなものなので、打撃も本気で打ち込んではいますが怪我しないようにと考えてはいると思うんです。草プロレスはその点エルボー一つとっても激しいです。ブレーンバスターも垂直落下式で落とした時はヒヤッとします」

――草プロレスで今オススメの選手は
「学プロOBですけど菊・門タロー選手の試合は面白いなと思います」

――今後大学卒業後も草プロレスなどを裁いていくお気持ちですか?
「僕自身学プロに入った時からプロレスをやるのは4年間限りと決めています。この4年間で悔いを残さないようにするのが一番の目標です」

――現時点では
「悔いは全くないですね。今回もダブルメインを裁かせてもらいますし、色んなデスマッチもやらせてもらって、レフェリーとしてやらせてもらうべき試合は一通りやってきたと思っています」

――後楽園ホールで裁くというのも一つの到達点ですよね
「後楽園ホールってやっぱりプロレスファンの憧れの地じゃないですか。その中でリングに立ってレフェリーができるというのはこれ以上無い誇りだし、自慢だと思っています」

■大学生にとってチケット代は高い

――プロレスを知ったキッカケはなんだったのでしょう?
「お父さんと叔父さんの影響もあり、幼稚園の年長ぐらいには現地観戦していました。初めて見たのはバトラーツですね」

――またすごい所から入りましたね
「バトラーツも僕が見始めた年に活動停止になってしまって、その時は小さかったんでどんな選手がいたかは覚えているんですけどどんな試合していたかまでは記憶にないんです。次に見たのは僕が仙台出身なんでみちのくプロレスを見ました。その時にサスケ選手や色んな選手が飛んで興奮しましたし、ファー・イースト・コネクションが悪そうだなと子供心に思っていてすごく楽しかったです。つぼ原人選手と北海珍念選手の抗争はゲラゲラ笑って観てましたし、ヨネ原人選手が新崎人生選手にZeppSendaiの2階から落とされた試合も現地観戦してました」

――今でもみちのくプロレスを中心に見ている形ですか?
「闘龍門Xの選手が来てからパッタリ見なくなってしまったんですよ。お父さんがみちのくプロレスの番組のビデオを撮っていたんで、過去のを色々見てましたね。大学生になってからはあまりプロレス会場に行くことはなくなってしまって…(苦笑)」

――学生プロレスに入ってからプロレス会場に行くことが無くなった?
「そうなんですよ。実家にいる時はチケットを親が買ってくれたりとか、高校生料金の安い席で見れたんですけど、大学生になるとチケット代が高くてなかなか行けなくなってしまったというのが現状です」

――バイトはされてる?
「子供を遊ばせる施設でバイトしてます。男女比率が1:9くらいの職場ですが、私自身に彼女がいるということもあってか、特に働きづらさとかもなく、むしろ皆さんによくしてもらえるのでもうすぐ働き始めて2年が経とうとしています。サミットも何人か来ていただけるのでいつもとは違う姿を見せたいです」

■レフェリーが語る学生プロレスサミットメインの見どころ解説

――ダブルメインに出ている全ての選手を知っている立場として見どころはどこになりますか?まずはダブルメイン第一試合に関して
「ダブルメイン第1試合はSWSジュニア王者パットイッテ・フェラ選手と挑戦者チンポール・ロンドン選手の同期対決でもあり、各団体のヘビー王者対決です。彼らは我々が2年生の時に開いた同期興行メインでもやりましたが、あの時とは比べ物にならないくらい化け物になってしまいました。パットイッテ・フェラ選手はジュニアながらUWFヘビー王者になっただけでなく、他団体のベルトであるSWSジュニアまで取ってしまいました。また、我々の同期である三村マザファッカズと組んでUWFタッグ王者にもなっているのでリアル三冠王です。
 対するロンドン選手は、先日タッグ王座をONAKIN選手とレ・オナルド・デカディルド選手に明け渡しましたが、一時期四冠王者として君臨してました。さらにロンドン・コーリングを習得して、学プロNo.1ハイフライヤーの座を不動のものにしました。
 二人とも普段の試合では飛び技やおしゃれな技を多用するので、後楽園ホールという大舞台ではそれらがさらに輝かしいものになると思います。学生プロレスサミットは初見の方が多いので、この二人の対決を見て一気にプロレスにハマっていって欲しいなと思います個人的にも全7試合のうちで一番楽しみな一戦なので、いつも以上に気合いを入れてレフェリーしたいと思います」

――続いてダブルメイン第二試合はいかがでしょう
「ダブルメイン第2試合は、4年vs2年という構図になりました。フェラナンテ・ドーデス選手は、2年からUWFのベルトを持っていた方で、硬派なプロレスをするUWFの中でもかなり寝技とか所作が際立っていて、現役学プロレスラーの中で一番プロレスが上手い選手です。ダイノベンヲ・モラス・ペイジ(以下DMP)選手は、小柄を生かしたスピード感溢れる技だけでなく、アメプロ好きということもあって学プロ未公開の技を次々と見つけてはハイレベルにこなしてしまうので、プロレス博士的な面のある選手です。初見の方もDMPさんの技の豊富さや技の受けっぷりに魅力を感じてくれると思います。
 対するニョー・ドーリング選手は、去年11月に馬並勃巳選手からNUWA三冠ヘビーを取って以来勢いを維持しているうちの団体の新しい顔です。彼はプロレスを全く知らない状態で入門しましたが、動画研究だけでなくバイト代をすべて食費に充てて体重増量に励むくらいストイックに取り組んで、今やチャンピオンになりました。クスリ松村選手は、1年時に大ケガを負ったらしいですが気持ちを切らさずリハビリに励んで、復帰後は2年生の中でもトップクラスの選手になりました。
 二人ともこれまでの「努力」が認められてのサミット初出場初メインだと思います。パットvsロンドンの後でプレッシャーがかなり大きいと思いますが、4選手とも自分の持てる実力を120%出して欲しいなと思います」

■スキンズ岡田レフェリーは完璧な方でした

――昨今リア充化が進む学プロ界をどう見ますか
「僕は彼女いるんですが、実は4年生はお酒の席とかで女性と話す機会も多いって聞いてたんですけど、僕の同期以下は正直言って…無いんですよね」

――古き良き学生プロレスに戻りつつあると
「そうですね。やっぱり学生プロレスってそういう高校時代にはあまり目立たなかったけどリングに立って目立ちたいっていう人が集まるところではあるので、そういう古き良き時代に戻るんじゃないかなと思います」

――ちなみにプロフィールに好きなAV女優の欄がありますがどなたを
「一番は三上悠亜です。二番目は初川みなみです。アイドルっぽい可愛い系の人が好きです。DMMで動画買ったりとかしてます」

――学プロではバイトやプロレスに勤しんで卒業が危ぶまれる方もいますが
「僕は三年の秋までには卒業単位は取れる予定です。四年生はまるまる就職活動に使えます」

――どのような将来をイメージしていますか?
「やっぱり有名な企業に行きたいですね(笑)不動産系や金融系を志望していてインターンにも行ったりしています。選考も始まっていて面接練習もやっています」

――DDTプロレスのスポンサーも今グッドコムアセットさんで不動産会社ですしね
「そうなんですか!?チェックしたいと思います」

――ここ数年面接で『学生プロレスやっていました』と言うと評価が高いと先輩たちからは聞いていますが、ご自身は面接ではそのあたりは
「そうですね、普通に学生プロレスやっていましたと言って、すごいと言われますね。普通の人って選手を想像するじゃないですか?でもレフェリーやってるって言うと『なんで!?』みたいにさらに驚かれて、しかも後楽園ホールのメインでこうして立たせてもらえるんで、就職活動が本格化していないんでまだそこまでは言えてないですけど今後は経験などもどんどん言えればいいなと思ってます」

――団体の先輩から就職活動について聞いたりとかは
「あまり聞かないですね。そういう話はあんまりしないです」

――みんな順調そうですよね
「同期に第三試合に出る亀田勃起が居るんですけど、学生プロレスとしては三年なんですけど入門したのが二年生なんで学年は四年生なんですね。なので、サミットの一週間後になる2月28日(火)18時15分から新木場1stRingで引退興行を開きます。そうすると同期が僕一人になってしまって、先輩のオナホ・ハズシタさんも同期が少なくて苦労したと言っていたので、そういう苦労話も聞いていきたいなと思っています」

――レフェリーの先輩として今プロレスリングBASARAに所属のスキンズ岡田レフェリーがいますが
「岡田さんは本当に尊敬していて、一年生の頃にうちの団体の興行を手伝ってもらった事があって、その時にレフェリングを教えてもらったんですね。その後『nkw出ないか?』というお話もいただいて、そこからnkwでレフェリーをさせてもらっているので感謝しています」

――岡田レフェリーは今や和田京平に教わり全日本プロレスでも裁いていますね
「あの時一緒にやっていた方がプロの第一線でやっていると思うと頭が上がらない思いです」

――岡田レフェリーから学んだ一番大事にすべきことはなんでしょう?
「学んだのは声出す事ですね。フォールのときとかも大きい声でお客さんにカウントを聞こえるように出す事です」

――人柄はいかがでした?
「完璧な方でした」

――ありがとうございました。改めて学生プロレスサミットへの意気込みをお願いします
「関東唯一の専門レフェリーとして誇りを持ってやります。九州から参加される清田課長レフェリーはいつもキャラがすごいので、興行終わった後Twitter見ても『課長すごかった』『課長さん面白い』って声はあるんですけど誰も『センエンすごい』とか良かったとかはないんですよ。なので、キャラでは負けてしまいますけど技術でしっかり課長さんに勝てるように頑張ります」

『学生プロレスサミット2017』
日程:2017年2月22日(水)
会場:後楽園ホール
開始:18:30

▼タッグマッチ
中田ビデ(UWF1年)/おジャマッチョどれみ(SWS1年)
vs
でんぢゃらすにーちゃん(UWF1年)/北尾光司きみまろ(NUWA1年)

▼8人タッグマッチ
ボジョレー・女房(UWF4年)/ランジェリーナ・ジョリー(SWS4年)/ONAKIN(SWS2年)/レオナルド・デカディルド(SWS2年)
vs
シコリェ(HWWA3年)/シュイン・シスギ(NUWA2年)/ミラ・ショジョビッチ(HWWA2年)/ガッツ人妻(UWF1年)

▼タッグマッチ
ホテルニューハーフオータニ(UWF4年)/ディック・ズレーター(NUWA2年)
vs
ダスティ・ソーローデス(SWS4年)/亀田勃起(NUWA3年)

▼前半メインイベント シングルマッチ
三村マザファッカズ(UWF3年)
vs
馬並勃巳(NUWA4年)

▼セミファイナル
とにかくヤりたい秋山(UWF2年)/カンニングばれ山(UWF2年)
vs
達八郎(KWF3年)/MASA-TAKA∞(KWF3年)
vs
徳川yeah!ass!(SWS4年)/お尻TAJIRI蟲(SWS4年)

▼ダブルメインイベント・1~SWS認定世界Jr.ヘビー級選手権試合~
【王者】パットイッテ・フェラ(UWF3年)
vs
【挑戦者】チンポール・ロンドン(SWS3年)

▼ダブルメインイベント・2
クスリ松村(UWF2年)/ニョー・ドーリング(NUWA2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF4年)/ダイノベンヲ・モラスペイジ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る