【学生プロレスサミット2017直前インタビュー】世界Jr.ヘビー級挑戦者・チンポール・ロンドン「冨永真一郎選手に影響を受けました」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月22日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットだが、今年は記念すべき10回目となり後楽園ホールでの開催が決定!UWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)の関東圏の団体に、九州産業大学プロレス研究部(KWF)を加えた5団体にて開催される。

 団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

 ニ人目はSWSガクセイプロレス(帝京など東京都多摩地区の大学を中心)に所属し、他団体に流出中のSWS認定世界Jr.ヘビー級王者・パットイッテ・フェラ(UWF3年)に挑むチンポール・ロンドン(入交真大=帝京大学3年)選手に意気込みを聞いた。

<チンポール・ロンドン(SWS3年/帝京大学)>
――後楽園ホールでタイトルマッチを行いますが、今の気持ちを
「今までも学祭シーズンでは学校でやっていたんですけど、会場が会場なだけにちょっと…緊張感がヤバいです。とりあえず楽しもうと思います」

――後楽園ホールで試合をされたことは
「二年前の一年生の時に出させていただいて、第一試合だったんですけどその時もパットくんとタッグマッチで当たって試合しました」

――学生プロレスサミットで二年越しの前哨戦を終えてのタイトルマッチということですね。実際どのような印象を相手選手に持ってらっしゃいますか?
「初めて当たったのがニ年前なんですけど、そこから二年生の時にも一度シングルで、同期だけ集めた二年生興行という所でメインで闘ったんですが、その時はただ単に同期の中の一人と対戦したというだけでした。今はうちの団体のベルトを持っていて、防衛もしていて、大きな存在になっていますね」

――他団体にベルトが流出しているということはSWSの選手としてどういう思いなのでしょうか
「前王者のお尻TAJIRI蟲さんから獲った新木場での試合を間近で見ていたんですが、その時になんていうか…そんな馬鹿なみたいな…なんていうか、さすがに流出っていうことが今まで無かったし、それだけの選手に彼がなっているということがショックで。しかも前王者がその実力を認めると言っていたんで…そこ(実力)は僕も認めていますけど、UWFのリングですごい試合をしていると聞いていますし、流出は本来あっちゃいけない事だとは思うんですけど彼ならいいのかなって思える選手だと思っています」

――そんな選手に挑むわけですが、やはりSWSの中で獲り返すなら自分だという自負はありますか?
「そうですね。一つ前の興行で今二年生のチョコット・シタイナーが挑戦していたんですけど、そこでもパットが勝っていて、他にもうちはジュニアはいるんですけどやはり同期である自分が獲り返したいという思いは強いです」

――このベルトに対する印象は
「以前僕も、当時二年の時大山町興行で二年上のショーモ・ナイケルズ選手に挑戦したことがあって、自身初のJr.ベルト挑戦でそこで負けてしまいまして、その時は正直悔し涙が出て…それぐらい、SWSにしかないジュニアベルトで、自分のファイトスタイルもジュニアを意識してやっているので、なんとしても獲りたいなという気持ちはあります」

――SWSは他団体よりもスピーディーな印象がありますが、ご自身の中でSWSの印象は
「結構長い歴史があり、実際先輩たちの話を聞くと歴代のベルトを巻いた選手もすごい飛び技したりというのがあるので、そこを超えていけるように、並んでも誇れるように意識して試合はしてますね」

――実際に影響を受けた先輩は
「OBのエロワード・ネゲロ(冨永真一郎)選手で、なんでもできる選手で、入団した時からOBの人たちからすごいと話は聞いてて、表立ってそういう発言はしてなかったんですけどやっぱり冨永さんに影響を受けたのはあります」

――今は冨永選手はガンバレ☆プロレスなどでプロとして頑張ってますが、ご自身もプロへの思いはありますか?
「そうですね、一応なれたらなという段階ではあるんですけど、プロも考えてはいます」

■好きなAVは『井上亘が出ているAV』

――プロという話もありましたが、今三年生ですが就職活動は
「就職活動はまだまだですね(苦笑)全然なところです」

――大丈夫ですか?
「いや、そこはちょっとハッキリ言えないですけど…合宿で同期と話したら『もう就活やってるよ』と言われて(苦笑)『単位全部取れそうだよ』という話とか聞いてちょっとヤバいと焦りは感じてます」

――学プロ界、リア充化と非リア充で格差社会になっているとサミット代表はおっしゃってましたが、リア充で単位を落としそうな感じですか?
「一応リア充側ではあるんですけど、リア充というよりはバイトのしすぎでそこに持って行かれた感はありますね(苦笑)」

――昨年当たりから学生プロレスをやっていたことが就活にプラスに働くという言葉を数多く聞いていますが、自分の中で学生プロレスをやっていることを面接などで打ち出していきたいですか?
「僕もできたら、おそらく出して行くと思います」

――ちなみに彼女とはプロレス繋がりでしょうか?
「どうなんでしょうね、一応プロレスの試合を観てもらってですね。学校は違うんですけど、声をかけてもらって」

――ファンに手を出したと
「ファンなのかはわからないですけど、そんな感じですね(苦笑)」

――ちなみに今回好きなAV女優の欄もありますが
「例年プロフィールであるんですけど、好きな選手が井上亘選手なんですけど、その次ぐらいに好きなAV女優の欄があって特に好きなジャンルもなく好きな女優もなく『井上亘が出てるAV』と書いて出しています」
20170207gakupro_sws2
■初見の人に飛び技を見て欲しい

――話を聞いていると真面目なイメージですが、試合はロジカルな試合を好んでいる感じですか?
「真面目とか大人しそうとか言われるんですけど、実際そんなまともな人間じゃないんで(苦笑)なんていうか、試合展開も思いついた技をパッと出すみたいな感じなので、特にテーマ決めて腕攻めていこうとかあんまり考えたことはないですね」

――ファイトスタイルを参考にしている選手はいますか?
「影響を受けた人は、前DRAGON GATEに居たリコシェ選手ですね。入団してからちょっとして知ったんですけど、それまで見ていたジュニア選手よりもとんでもない飛び方するんで、これはすごいなと。技とかも参考にして使ったりしてますね」

――ダブルローテーション・ムーンサルトを
「二回転はできないですよあんなの!あれは絶対できないですね」

――はじめにプロレスに触れられた機会は
「僕が中学二年生の時なんですけど、僕の姉が居まして、家に帰った時にパソコンの画面でプロレス見てたんですね。今まで全く知らなかったんですけどすごいのやってるなと。そこから知る切っ掛けになりました」

――その時は何の試合を
「新日本プロレスを見ていて、テレビでもワールドプロレスリングを夜遅くまで起きて見ていました。はじめは新日本だけずっと見ていて、今はDRAGON GATEを見るようになって、ファイトスタイルも飛ぶ選手や試合展開を参考にしてます」

――学生プロレスサミットで初めてプロレスを見る人にここを見てほしいという場所はどこでしょう?
「やっぱり他の人にはない持ち味だと思っているんで、初見の人が見ても飛んだなってわかりやすいと思うんで、やっぱり飛び技を。一つだけじゃなくて持ち技もいくつかあるんで見て欲しいです」

――SWSとしてはどこを見てほしいですか?
「結構他の団体と違って、皆真面目な試合でも結構真面目じゃない試合でも全力で行ってるんで、自分も今回全力で行きますし、一生懸命な所を見てもらえたらなと思います」

■これがプロレスなのかと再認識しました・・・

――SWSは無邪気な選手が多いイメージですが先輩とかどうでした
「そうですね、他にない要素としてデスマッチとハードコアに長けてるところがあるんですけど、僕が見てコレはマジかって思った事があって、今年もでるダスティ・ソーローデス選手が、OBのアレスルト・デル・リオ選手の前歯をゴルフクラブで叩き折るっていう試合があって、それを一年生の初めてセコンドでついた試合でやられまして『コレが学生プロレスなのか!』とビックリしましたね」

――それは一体…
「試合の中でのアクシデントだったんですけど、カツンといい音が響きまして、前歯が、差し歯だったんで血とかは出なかったんですけどコロコロ転がっていくのを見て、これがプロレスなのかと再認識しましたね…ビックリしました」

――それを見てデスマッチはやらないと
「こっちの路線はさすがに進めないなと思って、その後も蛍光灯マッチをダスティさんやってるんですけど、どの試合を見ても尊敬しかないですね」

――やってみたいと思った時はなかったですか?
「デスマッチは…ハードコアは忘年会マッチで参加しましたけど、デスマッチは違ってきますね。あれは気の狂った方々にまかせて、僕は普通のプロレスをやろうと思います」

――ありがとうございました。最後に学生プロレスサミットへの意気込みをお願いします
「今回ダブルメインイベントの一番目という事で、後楽園ホールでメインを任せてもらえたんで、どの試合より良かったねと言われるような、お客さんが一番盛り上がれる試合をしてライバルのパットからベルトを獲りたいなと思います」

『学生プロレスサミット2017』
日程:2017年2月22日(水)
会場:後楽園ホール
開始:18:30

▼タッグマッチ
中田ビデ(UWF1年)/おジャマッチョどれみ(SWS1年)
vs
でんぢゃらすにーちゃん(UWF1年)/北尾光司きみまろ(NUWA1年)

▼8人タッグマッチ
ボジョレー・女房(UWF4年)/ランジェリーナ・ジョリー(SWS4年)/ONAKIN(SWS2年)/レオナルド・デカディルド(SWS2年)
vs
シコリェ(HWWA3年)/シュイン・シスギ(NUWA2年)/ミラ・ショジョビッチ(HWWA2年)/ガッツ人妻(UWF1年)

▼タッグマッチ
ホテルニューハーフオータニ(UWF4年)/ディック・ズレーター(NUWA2年)
vs
ダスティ・ソーローデス(SWS4年)/亀田勃起(NUWA3年)

▼前半メインイベント シングルマッチ
三村マザファッカズ(UWF3年)
vs
馬並勃巳(NUWA4年)

▼セミファイナル
とにかくヤりたい秋山(UWF2年)/カンニングばれ山(UWF2年)
vs
達八郎(KWF3年)/MASA-TAKA∞(KWF3年)
vs
徳川yeah!ass!(SWS4年)/お尻TAJIRI蟲(SWS4年)

▼ダブルメインイベント・1~SWS認定世界Jr.ヘビー級選手権試合~
【王者】パットイッテ・フェラ(UWF3年)
vs
【挑戦者】チンポール・ロンドン(SWS3年)

▼ダブルメインイベント・2
クスリ松村(UWF2年)/ニョー・ドーリング(NUWA2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF4年)/ダイノベンヲ・モラスペイジ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る